【はじめての刺しゅう】大切なのは自由な発想。難しいルールのない刺しゅうを楽しもう!【はじめてをはじめる #32】

生活

【はじめての刺しゅう】大切なのは自由な発想。難しいルールのない刺しゅうを楽しもう!【はじめてをはじめる #32】

生活

やってみたいけれど一歩踏み出せない、新しい趣味を見つけたい。そんな人の背中をそっと押す企画「はじめてをはじめる」。

今回のテーマは「刺しゅう」です。

数年前、刺しゅうをやってみたいと思い、道具一式を買い揃えたことがあります。

その時読んでいた教則本は初心者向けの内容だったのですが、ステッチの種類、系のとり方、糸の始末の仕方など、とにかく最初に覚えておくべきことが山のように書かれていて、綺麗に仕上げるための細かな手順も沢山。

自他ともに認める不器用・大雑把な私は早々に挫折してしまいました。

それでもやっぱり諦めきれずに、時々刺しゅうの図案をながめては憧れを募らせる日々。

不器用で大雑把な自分でもどうにかして刺しゅうを楽しめる方法はないのだろうか。

刺しゅうについてもっと基礎から知っていけば、自分でもできるのではないだろうか。

そう考え、まずは刺しゅうについて調べてみることにしました。

刺しゅうについて調べてみた

刺しゅうとは針と刺しゅう糸を使って布に装飾する技術のこと。手芸が好きな人もそうでない人も、刺しゅうを施されたものを目にする機会は多いと思います。

刺しゅうにはフランス刺しゅう、リボン刺しゅう、ビーズ刺しゅう、刺し子など様々な種類があり、そこから更にランニングステッチやクロスステッチ、チェーンステッチなど、刺しゅうの刺し方も細分化していきます。

とにかく種類がありすぎて、何からはじめればいいのか、どんなものが必要なのか、刺しゅう初心者には難しく感じてしまいます。

種類も多く、何を選べばいいのかわからない。

それでも、初心者が決まった図案ではなく自由に刺しゅうをすることができるのか。

そういった自由な刺しゅうの方法を探るため、刺しゅうの書籍『ひまつぶ刺しゅう』の著者、刺しゅう作家であり吉本芸人の上田歩武さんにお話を伺いました。

刺しゅうを始めるにあたって

望月

刺しゅうには色々なやり方と道具があると思うのですが、まず最初に必要な道具について教えてください。

上田

刺しゅう針、刺しゅう糸、糸通し、糸切りバサミ、刺しゅうを施す布を張るための刺しゅう枠、チャコペン、針さし。これさえあれば大丈夫です。

望月

初心者が使う場合、刺しゅう枠はどのくらいの大きさのものがいいのでしょうか?

上田

手軽にやるなら10〜15cmくらいの刺しゅう枠がいいと思います。

望月

刺しゅうの道具選びのポイントはありますか?

上田

刺しゅうの道具は専門店に行かなくても100円ショップやネットで揃うものもあるので、色々探してみてください。ただ、100円ショップの刺しゅう糸は切れやすいので、刺しゅう糸だけは専門店のものを使うことをおすすめしています。ちなみに僕は「コスモ25番刺しゅう糸」という刺しゅう糸を使っています。

望月

最初に揃える刺しゅう糸はどのくらいの色数がいいでしょうか?

上田

刺しゅうしたいモチーフを決めて、最初はそれに必要な色の刺しゅう糸だけ揃えて始めるというのが気楽でいいと思います。とにかくハードルは低めに設定しましょう!

基本的な刺しゅうのやり方

ワークショップでの作業風景

望月

ステッチの種類などとにかくやり方が沢山あって混乱してしまうのですが、初心者でもできる刺しゅうの基本的なやり方を教えてください!

上田

そんなに構えなくても大丈夫ですよ。まず最初は刺しゅう枠に布を張るところから始めましょう。縫いたい箇所を刺しゅう枠ではさんでネジをしめていくのですが、布がたるまないように気をつけてください。

望月

薄めの布だとやりやすいですね。

上田

そうですね、僕は帽子に刺しゅうしたりしているのですが、帽子は硬い素材が多いので初心者の方は薄手の素材でやることをおすすめしています。特にトートバッグとかハンカチは枠に張るのも簡単ですし、針も通りやすいです。布を張ったら刺しゅうするモチーフの下絵をチャコペンで描いていきます。

望月

下絵は細かく描いたほうがいいですか?

上田

そこまで隅々まで描く必要はないですが、自分がこれなら刺しゅうできそうだとイメージできるといいと思います。ちなみに僕はモチーフのアウトラインだけ描いて刺しゅうを刺し始めてしまうこともありますよ。気負わないのが重要です。

望月

刺しゅう糸はどのようにとればいいのでしょうか。

上田

刺しゅう糸は6本の細い糸の集まりなので、指で押さえながら1本ずつ抜いていって、3本抜いたらそれを1本にして針に通していきましょう。針に糸を通したら、玉結びをして縫っていきます。

望月

縫い方に決まりはありますか?

上田

よく「縫う方向がわからない」と聞かれることがあるのですが、あまり気にせず塗り絵感覚で自由に縫っていくのがコツです。縫う方向を揃えたほうがきれいに仕上がるのですが、ここもあまり神経質にならずに。僕は動物をモチーフにする時とかはあえてギザギザに縫ったりして質感を出しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

上田歩武 グッドウォーキン(@uedaayumu)がシェアした投稿

望月

本当に自由に縫っていいんですね……!

上田

僕は刺しゅうに正解はないと思っているんです。どうやって縫ったらいいかわからなくても、縫ってみると面白いものができたりしますよ!とにかく最初は慣れることですね。数をこなしていくとより楽しくなってきます。

望月

刺しゅうの最後は玉結びをして終わると思うのですが、私はこれが苦手で。きれいに玉結びをして刺しゅうを終えるにはどうすればいいでしょうか?

上田

僕のオリジナルなやり方なんですが、最後に裏側にある糸の2、3本の下に針を通して一周させ、さらにもう一周同じように針を通して小さく輪っかを作ります。できた輪っかに針を通して引っ張れば結構しっかり系のしまつができますよ。まあ玉留めがきれいにできなくても意外とほどけないので、そこもおおらかにやって大丈夫です。

上田さんの刺しゅう作品

刺しゅうを楽しむためのワンポイントアドバイス

望月

モチーフ選びが難しいと思うのですが、上田さんはどのようにモチーフを決めていますか?

上田

そうですね、目にとまったもので「いいな」と思ったらなんでもモチーフにしてしまいます。はじめて刺しゅうをされる方はシンプルなモチーフで、1色か2色の刺しゅう糸でできる小さいものがおすすめです。目標は低く設定するほうが長続きするので。

望月

あと、以前刺しゅうをしている最中に糸がからまってしまったことがあったのですが、なにか解決法はありますか?

上田

多分、最初に作る糸が長いんだと思います。目安としては肩幅くらいの長さで糸を作るのがいいですよ。

望月

なるほど!確かに「糸が足らなかったら嫌だな」と思ってかなり長めの糸を作って始めていました……!

上田

意外と短くて大丈夫なんですよ。あと、刺しゅう糸は色ごとにジップロックにまとめると使いやすいのでおすすめです。

望月

途中で失敗したなと思ったらどうすればいいですか?

上田

失敗したかなと思っても、とりあえず最後まで縫ってみてください。意外とどうにかなるし、「失敗したかも」と思ったところがいい味になっていることも多いので、とにかく最後まで諦めないことですね。

きっかけは失恋?上田さんが刺しゅう作家になったきっかけ

望月

上田さんが刺しゅうを始めたきっかけはどんなものだったのでしょうか?

上田

僕は刺しゅうを始めて4年くらいになるんですが、始めたきっかけは当時付き合ってた女性が趣味で刺しゅうをしていて、「今度教えてよ」と言ってたんですけどそのまま別れてしまったことでしたね。年初めとかなにか新しいことをしたくなるじゃないですか。それで一人で刺しゅうをやってみようかなと思って始めました。そしたらどんどん楽しくなっていって、いつのまにか仕事になっていましたね。

望月

刺しゅう作家になって変わったことはありますか?

上田

芸人と並行してやっていたアルバイトをようやく辞められたことと、あとは刺しゅうのワークショップを開催して誰かに伝えていく機会ができたことですね。一人でやってたことが、ここまで大きく広がっていくとは思っていませんでした。本当にありがたいことです。

望月

ワークショップなどもそうですが、今後ご自身の活動でやってみたいことや目標などはありますか?

上田

そうですね、本の第二弾も作ってみたいし、大きい刺しゅう作品もどんどん作っていきたいです。あと、ワークショップの生徒さんが自分の作品を販売する場を設けたいです。自分の刺しゅう作品に値段をつけて、スペースを区切ってフリーマーケットみたいに販売してみましょう、ということもできたらいいな、面白いなと思っています。

望月

最後に、これから刺しゅうをはじめる人へ一言お願いします!

上田

刺しゅうは正解がないもの、自由なものだと僕は思っています。とにかく楽しんで、気楽にちくちくしてください。あと、僕より上手くならないでください(笑)

不器用でも大丈夫?ライター望月が刺しゅうに挑戦

上田さんにお話を伺ってから、刺しゅうに対して勝手に抱いていた「難しそう」「器用な人がやるもの」「やり方が沢山あってよくわからない」というイメージが少しずつ薄れてきたのを感じていました。

今ならできそうな気がして、とりあえず道具を揃えることに。

100円ショップに行ってみると刺しゅうで使うほとんどの道具が手に入りました。ついでに近くの手芸店で刺しゅう糸も購入。

早速この無地のタオルハンカチに、ワンポイントで刺しゅうをいれたいと思います!

100円ショップにあったシリコンタイプの刺しゅう枠。

木素材のねじ式刺しゅう枠ではないのですが、シリコンなので軽く、手軽にできそうなところが良いかもしれないと思い購入しました。

タオルハンカチをたるまないように刺しゅう枠に張り、ざっくり下絵を描いて縫っていきます。

ハードルを下げるため、今回は1cm×1cmくらいの大きさのモチーフを刺しゅうにすることに。

もくもくと手を動かしていくと……

一時間ほどであっという間に完成!

小さなモチーフにしたので、思ったよりもすいすい針が進みました。

このハンカチは雨の日に使うことが多いので、傘マークを刺しゅうのモチーフに。

やや不恰好な仕上がりではあるのですが、自分で刺しゅうしたものだと思うとただの素っ気ない無地のハンカチにも愛着が湧いてきますね。

今度はトートバッグにワンポイントで何か可愛らしいモチーフを刺しゅうしたい!

シャツの襟に模様を刺しゅうしたらどうだろう?

普段使っている生地の薄いサコッシュにも刺しゅうできるかな?

小さなものでも完成までちゃんと刺しゅうできると大きな自信になり、「次は何を刺しゅうしよう?」というワクワクした気持ちになれました。

不器用でも大雑把でも、刺しゅうを楽しむことはできる。

 

この記事を読んで少しでも興味を持ったら、ぜひ刺しゅうをはじめてみませんか?

刺しゅうをはじめる費用

1000円〜
刺しゅうに必要な道具は100円ショップでも揃えることができますが、刺しゅう糸だけは強度の問題があるので専用のものを使用するのをおすすめします。

刺しゅうのために貯金する

「はじめての刺しゅう」先生の紹介

本日の講師グッドウォーキン 上田歩武
Instagramhttps://www.instagram.com/uedaayumu/
Twitterhttps://twitter.com/goodwalkinueda?s=20
You Tubehttps://www.youtube.com/channel/UC7Dd1PvDdYJdnrGvaiT2ROA

1980年滋賀県生まれの吉本芸人・刺繍作家。大阪NSCに入学し、コンビ・ピン芸人を経て上京。2015年に同期である良平とグッドウォーキンを結成。

失恋をきっかけに刺繍に没頭するようになり、現在まで多くの作品をSNSで発信している。自由でキャッチーな刺繍作品が注目を集め、展示や企業とのコラボレーション、ワークショップの開催など、芸人と並行しつつ刺繍作家としての活動も行っている。

はじめての刺しゅうにおすすめの本

 

【上田歩武さんの刺しゅうワークショップ情報】

グッドウォーキン上田歩武さんによるpopup&刺繍ワークショップが11月23日(火)-28日(日)まで大阪の BARゆとりちゃん にて開催。

 

同店内で間借り形態にて営業をする、カレーとコンセプトグッズのお店 THE MOTiVATiON SHOP の営業時間より、BAR営業のクローズ時間まで一日中じっくり楽しめるイベントです。popupは新作の刺繍作品の販売はもちろん、好きなモチーフでの個人オーダーも受け付け可能です。

27,28日の土日には刺繍のワークショップをpopupと同時開催。二部制の開催で完全予約制となります。

 

・会場 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目8−1 BARゆとりちゃん

THE MOTiVATiON SHOP 形態での営業時間 11:00-16:30(L.O.16:00)
BARゆとりちゃん 形態での営業時間 17:00~23:00(L.O.22:30)

 

27,28日のワークショップは完全予約制になります。(popupコーナーは当日もどなたでもご覧頂けます。)刺繍キット(トートバッグ、刺繍セット)お一人様、3,300円税込 を当日会場にてご購入頂きます。(当日は手ぶらでお越し頂けます。)小学生以下のお子様は、大人の方とご一緒でご参加可能です。

両日とも一時間半の二部制開催となります。

①14:00〜    ②16:30〜  

※ワークショップご参加の方はお食事のオーダーもお願いしております。

ワークショップの御参加申し込み、イベントのお問い合わせは BARゆとりちゃんのinstagram @yutori_llc にdmにてご連絡をお願い致します。

※ワークショップに関しましてはお席に限りがありますので、ご予約は是非お早めにお申し込みください。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える