【はじめての推し】”好き”で共感しあえる素晴らしさ。イケメン俳優オタク・横川良明さんに聞く「推し活」の楽しみ方【はじめてをはじめる#31】

生活

【はじめての推し】”好き”で共感しあえる素晴らしさ。イケメン俳優オタク・横川良明さんに聞く「推し活」の楽しみ方【はじめてをはじめる#31】

生活

やってみたいけれど一歩踏み出せない、新しい趣味を見つけたい。そんな人の背中をそっと押す企画「はじめてをはじめる」。

今回のテーマは「推し」です。

皆さんには「推し」と呼べる存在がいますか?

ぼくは正直、自分に推しがいるかどうかうまく答えられません。好きな芸能人やミュージシャンはいるんですが、ぼくの”好き”が推しと呼べるほどなのか、わからないんです。「自分の”好き度合い”は周りに比べて浅いんじゃないか」とも思ってしまい……。

でも、自分の好きなものを推しと呼んで楽しんでいる人たちを見て、「自分も同じように楽しみたい!」という想いがふつふつと湧いてきます。

そこで、そもそも推しとは何なのかを調べてみました。

推しについて調べてみた

「推し」という言葉は、「アイドルグループ内の自分のイチオシメンバー」を「推しメン」と呼ぶようになったことが由来と言われています。

そして、AKB48グループが”総選挙”によってメンバーの人気投票を行った2010年頃から、推しという言葉が市民権を得るようになりました。

推しという言葉については理解しましたが、これだけでは推しの実態や推しがいることの楽しさがわからない。そこで、イケメン俳優オタクでライターの横川良明さんに取材を依頼し、お話を伺いました。

好きな期間は関係ない!いまこの瞬間に好きであればそれが「推し」

ライターでイケメン俳優オタクの横川良明さん(写真は本人提供、以下同)

新妻

最近は「推し」という言葉が急速に広まっています。

横川さん

これまで「好きな芸能人」や「好きなもの」という回りくどい言い方でしか表現できなかったものが、「推し」という言葉によってひと言で表せるようになりました。その使いやすさから、爆発的に広まったんだと思います。

新妻

世間では「ファン」や「オタク」という言葉も使われますよね。推しとは意味が違うんですか?

横川さん

推しは「応援される側」、ファン・オタクは「応援する側」を指す言葉です。混同されがちなんですけど、本当は全然違う意味なんですよね。もちろん、人それぞれの解釈があるという前提ですが。

新妻

好きな芸能人や好きなものを推しと呼ぶ際に、”好きの期間”は関係ありますか?好きになったばかりだと、推しと呼んでいいのかわからなくて。

横川さん

それに関しては、ぼくの推しドラマ『おっさんずラブ』の名言、「大事なのは長さより深さ」をそのまま引用させてください。

好きという気持ちに、期間なんて関係ないんです。好きの深さも人と比較するものではないですし。いまこの瞬間に推しを好きであれば、堂々と「好き!」って口にしていいと思います。

新妻

名言ありがとうございます!でも推しがすでに有名になっている場合、”ミーハー”と呼ばれないか不安です……。

横川さん

メジャーになってから応援することも、マイナーのころから応援していることも、どちらも尊いことですよ。

それに、推しに出会うタイミングは人によって違うじゃないですか。ぼくは「出会ったときがその人にとってのベストタイミング」だと思っています。

グッズを揃えるのは”排泄行為”!?あり余る情熱を吐き出すための課金

横川さんの推しのひとり、フィギュアスケート・宇野昌磨選手のグッズ

新妻

推しの流行によって、「推し活」という言葉もよく耳にするようになりました。

横川さん

そうですね。推し活は、課金などの主体的な行為によって”推しを推す活動”だとぼくは判断しています。

推すというのは、応援することにプラスして、推しが世間に広まったり、活動が盛んになったりするための積極的な行動です。

新妻

推し活といえばライブやイベント参戦というイメージですが、実際に参戦するときは誰かを誘ったほうがいいんですか?

横川さん

それは人それぞれですね。ぼくは自由なスタイルで楽しみたいので、ひとりで行くタイプです。

ひとりで出かけるのが苦手な人は、SNSで知り合ったオタクの先輩に連れて行ってもらったり、友だちを誘ったりしてもいいと思います。


新妻

最近はオンラインイベントも増えていますよね。オンラインイベントなら、ひとりで出かけるのが苦手な人も楽しめそうです。

横川さん

ぼくも最近は「インスタライブっていいもんだな」としみじみ思っています。インスタライブの画面だと推しの顔をずっと見てられるし、自分と通話している感じもするんですよね。

新妻

グッズを買うことも”ザ・推し活”だと思うんですが、横川さんはグッズを揃えたりしていますか?

横川さん

ぼくの場合は、ライブを楽しむためにサイリウムとペンライト、マフラータオルを買うくらいですね。あまり物を増やしたくないので。

とか言いながら、推しがドラマや雑誌で着ていた服とかをよく買ってしまうんですけど……。最近だと、フィギュアスケートの宇野昌磨選手が愛用しているネックレスを買ってしまいました(※)。

※取材中に着用されていて、実際に見せていただきました。

新妻

きれいなネックレス!服や装飾品のグッズを買うのも楽しみ方のひとつですね。


横川さん

グッズを買うことは、”排泄行為”に近いと思っています。あり余る情熱をどこかに吐き出したいんだけど、どこにもぶつけられなくて。だからとりあえずお金を出している感じです。

新妻

グッズ購入という排泄行為をするためには、お金を貯めなければ……!!


横川さん

ぼくは推し活を働くモチベーションのひとつにして、お金を稼いでいますよ。火力を上げる分、エンジンを増やすみたいなイメージで。

もちろんそれぞれの懐事情があると思うので、「無理のない範囲で楽しんでください」とは伝えたいです。

推し活はストレス発散にも。”好き”をオープンにすれば人生が100倍楽しい!

横川さんが持っている推しの写真集

新妻

横川さんは推し活の魅力をどのように考えていますか?


横川さん

いまは”日々を楽しくしてくれるもの”と考えています。「推しがこれを好きだから自分もやってみよう」という感じで、日々の楽しみ方を増やせるんです。

それに推しができたことで、自分にとってのプライオリティが明確になりました。それによって、寂しさを埋めるための不要な人付き合いがなくなり、ストレスもなくなりましたね。

新妻

推しがいることで、毎日を楽しく生きられるんですね。


横川さん

みなさん、普段は真面目に生きているじゃないですか。でもずっと正気を保って「人生100年時代」を生き続けるのは難しいと思うんですよ。

だからぼくは、ガス抜きのためにも人は適度に気が狂うべきだと思っていて。推し活で正気を失うほど楽しめば、そのガス抜きができるんですよね。


新妻

推し活によってストレスを発散できる、と。


横川さん

そうなんです。自分の心を健やかに保つ方法として、推し活はめちゃくちゃ有効なんじゃないかなと。

みんなが推しに熱狂しているのは、メンタルヘルスの一環というのもあると思います。

新妻

しかし一方で、推しがいることに恥ずかしさを感じて、モヤモヤしてしまう場合もありますよね。周りの目を気にしてしまうというか。


横川さん

その気持ちはわかります。ぼくもかつて、男性が男性を推すことに気恥ずかしさがあったので。でもその恥ずかしさは最初だけ。それを取っ払ったときに、人生が100倍楽しくなると断言できます。

それにいまは、自分の”好き”をなるべくオープンにしようという機運が高まっていますよね。だから恥ずかしがる必要はないです。

新妻

それでも周りが気になってしまう場合は?


横川さん

もし周りの目が気になるのであれば、気にならない場所に行くのがいいと思います。たとえば、推しがいる友だちと一緒にいれば、恥ずかしがらずに済みますよね。

まずはオンライン上でもいいので、推し活の仲間ができるとめちゃくちゃ面白いですよ。

推しに見返りは求めない。あくまで”赤の他人”という意識が大事

「推しはあくまで赤の他人」と話してくれた横川さん

新妻

推し活で注意することはありますか?


横川さん

推しに見返りを求めないことですね。知り合いに対しては、「何でこうしてくれないの?」みたいな見返りを求めちゃうこともあるじゃないですか。

でも推しは赤の他人だし、自分の声すら届かない。見返りを求めて勝手に怒ったり悲しんだりしても、そんな不毛なことはないですよ。


新妻

推しはあくまでも他人と思うことが大事なんですね。


横川さん

そうです。もちろん課金とかで推しの支援はするんですが、一方では、赤の他人である自分が推しの力にならないこともわかっていて。

それでもぼくがネガティブな感情にならないのは、推し活の目的が”自分の人生を楽しむため”という前提を理解してるからなんです。


新妻

そういう意識でいると、推しに依存しなくて済みそうですね。


横川さん

ぼく自身、プライベートでは人に執着しやすいので、自戒の念もあるんですけどね。

それに、そもそも我々はただのオタク。誰ひとりとして推しの彼氏でもなければ彼女でもないので。


新妻

もしネガティブな感情に苛まれてしまったら、どうすればいいでしょう。


横川さん

SNSではネガティブな感情を出さないほうがいいと思います。SNSで自分がつぶやいたとき、それを見てる人たちのメンタル面って保証できないじゃないですか。

相手に対して何も同意を得ていない状態で、自分のネガティブな感情を出すのはよくないかなと。受け取る側も「ごめん、同意を得ていないんだ」と思ってしまうので。


新妻

そのとおりですね。SNSを使っていると人との距離が近いように感じますが、実際は相手がいま何を思っていて、どんな状況にいるのかわからない。


横川さん

そうなんです。だからネガティブな感情は、SNSじゃなくてリアルの誰かと分け合うのがいいと思います。

たとえば、リアルの友達なら「いまから愚痴を言っていい?」「きょう愚痴大会をしたいんだけど!」と伝えることで、同意を得られますよね。

誰かを好きになる気持ちが、共感しあえるものだと気付いた

横川さんは、松田凌さんの舞台がきっかけでイケメン俳優オタクに

新妻

横川さんがイケメン俳優オタクになったきっかけは?


横川さん

俳優の松田凌さんの舞台を観て、「最高!」と思ったことがきっかけですね。松田凌さんが、自分の魂みたいなものをブワーって放出するようなお芝居をされていて。

それを観たときに、自分も人を突き動かすくらい熱く生きてみたいと思いました。


新妻

それまで松田凌さんのことはご存知なかったんですか?


横川さん

いや、もともと知っていましたよ。でも推しになったのは、舞台から見える生きざまや熱さにエネルギーをもらったからですね。

ぼくはいまも「もっと熱くなりたい!」と思って生きているんですが、それは推しからいただいた哲学のようなものです。


新妻

先ほど、「男性が男性を推すことに気恥ずかしさがあった」とおっしゃっていましたよね。横川さんはどうやって推しをオープンにしていったんでしょうか。


横川さん

ぼくが書いた『おっさんずラブ』のnoteや2.5次元舞台のレポートが、どう考えてもオタクとわかる内容だったので、意図せずオープンになりました。

でもそれによって、男性が男性を推すことに「いいじゃん!」って言ってくれる人が多いことに気付きました。世の中には優しい人や理解の深い人がいっぱいいるんですね。


新妻

予想以上に反響が大きかったんですね。


横川さん

誰かを好きになる気持ちって、共感しあえることの方が圧倒的に多いんだなと。

ときにはよくない言葉も投げつけられますが、全員が自分に向けて石を持っているわけではないので。それまで”見えない敵”と戦っていたことにも気付けましたね。


新妻

共感しあえることがわかったから、いまはご自身の好きという気持ちをストレートに表現できているんですね。今後、推し活でやってみたいことはあります?


横川さん

”推しと一緒に年を重ねてきた感”を味わってみたいですね。だから、ミュージシャンのオタクってめっちゃいいなと思っています。

たとえばライブに行ったとき、ボーカルの人が「俺たちと一緒に歳を重ねていこうぜ!」みたいに煽るじゃないですか。あんなこと言われたら「きゃー!」ってなりますよね。俳優オタクにはそういう瞬間があまりなくて。


新妻

では、ほかのジャンルで推し活をしてみる気持ちが?


横川さん

いや、そこまでではないんです。自分のなかに新しいジャンルの推しをつくるキャパシティがないので。時間的な余裕もないですし。

推し活するときのキャパシティをクラウドサービス化できたら、最高なんですけどね(笑)。

指針となる人が見つかれば、自分の”好き”を増やしていける

横川さんは最近、推しのひとりである赤楚衛二さんがモデルを務めた『 PEANUTS × GELATO PIQUE 』のルームウェアを購入した

新妻

横川さんのいまの推し活事情を教えてください。


横川さん

いまは『おかえりモネ』で坂口健太郎さんが演じている、菅波(光太朗)先生が推しです!

ほかにもずっと推している人たちがいて、チケットを取って現場(※)に行く推しは10人くらいですね。

※現場:舞台やライブ、イベントなどのこと。

新妻

横川さんの執筆記事やツイッターのつぶやきでは、『おかえりモネ』に対する熱量の高さが伺えます。


横川さん

ありがとうございます。清原果耶さん演じる百音と菅波先生の想いが通じ合った日は、最近で一番テンションが上がりました。思わずくす玉を買ってきて、家で割ってしまいました(笑)。

新妻

横川さんのように熱量を持って推し活を楽しみたいです!まだ推しがいない場合は、どのように推しをつくったらいいですか?


横川さん

まずはリアルでもオンライン上でもいいので、「この人の感性って面白いな」という人を見つける。そしてその人が楽しんでいるものを追いかけてみるといいと思います。


新妻

好きなものが似ている人を見つける、と。


横川さん

そうです。好きなものがわからない人って、おそらく自分の傾向がよくわかっていないと思うんです。だから自分の傾向を知るためにも、指針になる人を見つけたほうがいいですね。

そしてその人がすすめるものをチェックしていくと、好きなもが増えていくんじゃないかと思います。


新妻

自分の傾向がわかれば、数珠つなぎで推しが増えていくんですね。


横川さん

あとは、自分の好きなものをどんどん発信してみてください。そうすると周りも、「この人はこういうのが好きだな」というのがわかってくるので、集まってくる情報の精度が高くなります。そうすれば、推し活の質が上がりますよ。

推し活をはじめる費用

タオルマフラー2000~3000円程度
サイリウム25本入りで2500円程度
ペンライト3000円前後
ブロマイド写真2枚で1000円程度
アクリルキーホルダー1000円程度

※上記はあくまで参考です。

貯金をして推し活する!

「はじめての推し」先生の紹介

本日の講師横川良明
ツイッターhttps://twitter.com/fudge_2002

ライター、イケメン俳優オタク。

1983年生まれ。大阪府出身。テレビドラマや映画、演劇などのエンタメに関するインタビュー、コラムを中心に執筆。2021年1月に自身初のコラム本『人類にとって「推し」とは何なのか、イケメン俳優オタクの僕が本気出して考えてみた』(サンマーク出版)を上梓した。

推し活におすすめの書籍

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える