【はじめてのファスティング】食べないことが身体にもたらす変化とは?ファスティングの魅力を紹介 【はじめてをはじめる#20】

生活

【はじめてのファスティング】食べないことが身体にもたらす変化とは?ファスティングの魅力を紹介 【はじめてをはじめる#20】

生活

やってみたいけれど一歩踏み出せない、新しい趣味を見つけたい。そんな人の背中をそっと押す企画「はじめてをはじめる」。

今回のテーマは、「ファスティング」です。

朝、目覚めた瞬間から疲れていて、なんとなくいつもダルい。年々胃がもたれやすくなっているし、散歩を習慣にしても体脂肪がなかなか落ちない。日々付きまとう体調不良、思うようにならない体をどうにかしたいなぁ……と思っていました。

そんなとき、風のウワサで「ファスティングがすごく体にいいらしい」と聞いたのです。そこで手にしたのが、一級断食指導者である田中裕規さんの著書『週末断食でからだスッキリ!』。断食ってツラそうだけれど、週末だけならば、乗り越えられるかもしれない。そこで、田中さんにファスティングのやり方や、メリットなどについて話を聞いてきました。

取り替えられない自分の体を、いかにメンテナンスするか?

佐藤

ここ数年、メディアで「ファスティング」の文字をよく目にするようになりました。ファスティングとは、何のことなのでしょうか?

田中

日本語で言うと「断食」です。断食と言うと、飲まず食わずのイメージがあると思いますが、「食べない」ことであって、「飲まない」は含みません。

佐藤

ファスティングは、どのくらいの歴史があるものなんですか?

田中

ものすごく歴史は古いですよ。それこそ、紀元前くらいから。

佐藤

え、そんなに長いんですね!

田中

断食は、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、仏教など宗教的に行われていたものでもあります。また、病気を治す、体を整えるものとして、医療の分野でも取り入れられてきました。

佐藤

医療の分野でも行われているんですか。

田中

「断食で治らない病気は医者でも治せない」という言葉があるくらいです。日本にも断食を取り入れた医療施設がありますし、ロシアには断食専門病院があります。そこでは保険診療で断食によって病気を治すんですよ。

佐藤

そうなんですね!

田中

断食というと、ダイエットのイメージが強いと思いますが、本来は体を整える、自分が持っている体の力を引き出すためのものなんです。

佐藤

近年、ブームになっているのは、なぜなのでしょうか?

田中

ひと昔前まで欧米では肥満や成人病が多かったのですが、それが食生活が原因だと気づき、今やヘルシー志向の人が増えています。オーガニックは当たり前、加工食品もほとんど食べない。

佐藤

欧米人がハンバーガーやステーキばかり食べているイメージは、過去のものなんですね。

田中

「食べるものが体をつくる」ということを強く意識する人が、欧米で増えてきました。そこからさらに飛躍して「食べない」というアプローチをするファスティングに注目が集まっているんです。

佐藤

体に良いものを食べるという段階を超えて、「食べない」というところまでいっているんですね。

田中

日本では、数十年前と比べて、メタボリック症候群の人、成人病にかかる人が増えていますよね。昔と何が変わったかと言ったら、食生活なんですよ。

佐藤

そうですよね……。

田中

コンビニ、ファストフードなどがすぐ近くにあって、便利にはなったけれど、それだけ体にとって良くない食生活に陥りがちということ。しっかり体をメンテナンスしないと、今後もどんどん病気になる人が増えていくはずです。

佐藤

わかってはいましたが、食べるものが体に与える影響は大きいですよね。

田中

多くの人は、体に不調を感じたら、マッサージや針治療、サウナなど外的なアプローチでメンテナンスをしがちですが、いくらそういうことをしても、食べるものが良くなかったら、意味がないんです。

佐藤

体のメンテナンスといったら、運動もあると思いますが、運動をしていれば健康を保てるかと言ったら、そんなこともないんですね。

田中

そうです。むしろ食べ物による負担と、運動による負担を体に与えてしまうことになりかねません。

佐藤

内側からのメンテナンスが、とても大切なのですね。

田中

人生は一度きり。そして、自分の体は取り替えることができません。食べることに気を配るだけで病気にならないとわかっているのに、やらない理由がないと思いませんか?

佐藤

おっしゃる通りです。欲に身を任せず「食べる」という行為をコントロールするだけで健康を保てるなら、こんなにいいことはないなと思います。

田中

その「食べることのコントロール」の上をいくものが、ファスティングなんですよ。

健康になれるのは、汚れた血液を浄化できるから

佐藤

ファスティングは、なぜそんなに体に良いのでしょうか?

田中

ファスティングの根本は、血液の浄化です。血液がないと人は生きられないですよね。健康診断には必ず血液検査があるように、血液の健康は、体の健康に大きくかかわります。

佐藤

血液の健康ですか。ドロドロ血とか、サラサラ血という言葉をよく耳にしますね。

田中

食べ物に含まれる添加物や農薬などによって、血液は汚れていくのですが、私たちの体は、肝臓と腎臓によって、血液をろ過して日々きれいにしています。

佐藤

はい。

田中

でも食べ過ぎたり、添加物や農薬が多く含まれたものを食べたりしていると、浄化が間に合いません。例えば、ほうれん草は栄養分が多い食べ物ではありますが、一方でシュウ酸という成分が含まれていて、体の負担にもなるんです。

佐藤

野菜を食べていれば大丈夫というわけではないのですね。

田中

野菜には農薬の問題もありますし、どんなものにも、多少の差はありますが、体の負担になり得る成分が含まれています。

佐藤

うーん、そうなんですね。

田中

「食べて汚れる」→「ろ過してキレイにする」という血液循環が体内で行われています。そのなかで、「食べて汚れる」というステップをいったんストップすることで、血液をきれいするというのが、ファスティングの基本的な考え方です。

佐藤

なるほど。ファスティングは、カロリーを体に入れないからダイエットに良いのだというイメージでしたが、違うんですね。

田中

もちろん、ダイエットにも良いですが、それだけではないんです。だいたい、血液が大まかにはきれいになるには2、3日かかります。完全にきれいにするには、1週間くらいかかるので、ファスティングは1週間程度やるのが、一番おすすめです。

佐藤

ほかにはどんな効果がありますか?

田中

自律神経を整える、リラックスできるなどの効果もありますよ。

佐藤

自律神経!それはぜひとも整えたいです……!

田中

ファスティングをすると、体内の体脂肪がエネルギー源として活用され、そのときに「ケトン体」という代謝物が生成されます。この「ケトン体」が脳に影響してα波が高まり、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンをたくさん分泌するんです。

佐藤

それでリラックスできるんですね。

田中

はい。それによって、副交感神経が優位になりますから、交感神経優位によって起きている不眠、冷え、歯ぎしり、甘いものへの渇望など、さまざまな自律神経失調症状が改善していきます。

佐藤

なるほどー!

田中

睡眠の質が悪い人でもファスティングをすると、すごくよく寝れるようになります。

佐藤

私、いくら寝てもいつも疲れていて……。食べないだけでぐっすり眠れるだなんて、やる価値ありですね。

田中

ほかにも、「若返りホルモン」の分泌が増えて肌がきれいになったり、腸内環境が良くなって免疫力が上がったり、アレルギー症状が改善したりと、さまざまな効果が実証されています。

佐藤

いいことづくしですね!

初心者におすすめ!3日間の週末断食はどうやるの?

佐藤

いきなり1週間のファスティングはハードルが高いなと思いますが、田中さんが本に書いている「週末断食」ならできそうかなと。週末だけでも効果はありますか?

田中

そうですね。私も最初は、3日間から始めたんですよ。それでも3日目に体調がものすごく良くなった経験がありますので、まずは3日間からやってみましょう。

佐藤

はい!ファスティングに向いていない人、やらない方がいい人はいますか?

田中

健康な人であれば性別や年齢に関係なくやっていただけます。ただし、貧血の人、低血糖症のある人はやらない方が良いでしょう。女性は、生理中を避けて、生理が終わって1週間後くらいから始めるのがおすすめです。

佐藤

どんな準備をすればいいですか?

田中

ファスティングを始める1週間前から、カフェイン、小麦、乳製品はとらないようにしてください。特にカフェインはファスティング中に離脱症状が出やすいので、しっかりと抜いておくようにしましょう。

佐藤

コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶などにもカフェインは入っていますから、気を付けないといけないですね。

田中

そして、ファスティング2日前から、体を慣らすために「準備食」を食べるようにします。肉、魚、卵を抜いた食事にしてください。特に量を減らす必要はありません。

佐藤

お米は大丈夫ですか?

田中

はい、大丈夫です。野菜やお米などは食べても構いません。

佐藤

ファスティング中は、口にするのは水のみですか?

田中

いえいえ。水だけの断食はすごく辛くて、ただの修行です(笑)。おすすめなのは、酵素ドリンク、水、塩、梅干しの組み合わせです。

佐藤

酵素ドリンクって何なのでしょうか?

田中

野菜や果物などを、素材や菌が持つ酵素と微生物自体の働きによって発酵させた飲み物のことです。粗悪なものも売られていますから、しっかりとミネラルなどの栄養を補えるもの、添加物などが入っていないものを選んでください。

佐藤

それらを食事代わりにとるのですか?

田中

食事の時間にとるというよりは、こまめに摂取するのがポイントです。酵素ドリンクには必要な栄養が含まれていますから、そこまで空腹で辛いという感覚はないと思いますよ。

佐藤

そうなんですね。水はミネラルウォーターで良いですか?

田中

はい。浄水された水、ミネラルウォーターを1日2リットルを目安に飲んでください。ファスティング中は、食べ物から水分をとらない分、どうしても水分不足になりがりなので、こまめに飲みましょう。

佐藤

塩や梅干しはどんな役割ですか?

田中

ミネラルの補給と抗酸化の役割ですね。塩と梅干しも添加物のないものを選んでください。

佐藤

3日間のファスティングが終わったら、すぐに物を食べてはいけないんですよね?

田中

そうですね。ファスティング後、2日間は「回復食」を食べましょう。ファスティング前の「準備食」と同じく、肉、魚、卵なしの食事にしてください。

佐藤

ファスティング後の食事は、きっとすごく美味しいんでしょうね!

田中

おもしろいのが、1日目、2日目あたりは焼肉やラーメンを食べたいと言っていた人が、3日目を超えたあたりから、味噌汁が飲みたい、ぬか漬け食べたいと変わっていくんです。

佐藤

刺激があるものを求めなくなるんですね。

田中

出汁など旨味のあるものや、素材本来の味を求めるようになるんです。ファスティング後、「コンビニ弁当が食べられなくなった」とか、「人工甘味料の味を感じて、今まで飲んでいたプロテインを受けつけなくなった」とか、そういう事例はたくさんあります。

佐藤

舌が敏感になるんですね。

田中

体がきれいになっているので、そこへ負担になる食べ物を入れると、ダメージを感じやすくなるんですよ。普段食べているものが、どれだけ体に良くないかがよくわかりますよね。

佐藤

確かに……。怖いですね。

栄養のことをもっと知れば、メンテナンスしやすくなる

佐藤

ファスティング中に気を付けることはありますか?

田中

運動をちゃんとすること、冷やさないこと、ゆっくり寝ることです。

佐藤

え、ファスティング中ってフラフラしちゃって運動はできなさそうなイメージでした。

田中

いえいえ。酵素ドリンクで栄養は十分とれているので、大丈夫です。皆さん、ジョギングしたり、ジムに行ったりしていますよ。

佐藤

そうなんですね!ウォーキング程度でも良いですか?

田中

もちろん。

佐藤

冷えにも注意とのことですが、ファスティング中は冷えやすいのでしょうか?

田中

低血糖で冷えの症状が出る人もいますが、そういう人も酵素ドリンクをちゃんと飲みながらやれば大丈夫です。

佐藤

辛さは感じないものなのでしょうか?

田中

普段からものすごく甘いものを食べている人は、離脱症状が強く出て辛い可能性もあります。体調が悪くなったら、無理せずにやめること。一人でやるのが心配な人は、最初は専門家に指導を受けるのが良いかもしれません。

佐藤

そうですね。専門家についてもらうと安心ですね。1回のファスティングで効果は感じられるのでしょうか?

田中

すぐに効果が出ない人は、基礎栄養が整っていない人です。体のベースがボロボロの状態ならば、何度かやらないと効果を感じにくいと思います。比較的ベースが整っている人であれば、1回でも効果を感じられますよ。

佐藤

どのくらいのペースでやるのがいいんでしょうか?

田中

年に2~4回のペースで行う人が多いですね。私自身は、約1週間のファスティングを月に1回やっています。

佐藤

ファスティングを定期的に続けるコツはありますか?

田中

メンタルを安定させることです。何をするにしてもメンタルは大事ですよね。

佐藤

メンタル……。どうしたら安定させられるでしょうか?

田中

メンタルの安定には、実は、栄養がものすごく大切。栄養は脳の神経伝達物質に大きく影響しています。やる気を出す、我慢するなど、脳の機能をうまく働かせるには、栄養素のなかでも、ミネラルが非常に重要なんです。

佐藤

ミネラルですか! 

田中

食品と暮らしの安全基金が書いている『食べなきゃ危険!』という本にもあるのですが、ミネラルは発達障害やうつ病などの症状を改善することも検証されているほど、脳と心に大事な栄養素なんです。

佐藤

知りませんでした……。

田中

日本は、栄養に関する教育がとても遅れていると思います。家庭科で習うとしても三大栄養素と五大栄養素くらい。

佐藤

そうですね。ミネラルと言われても、正直ピンときませんでした。

田中

栄養についてよく知っていれば、体や心を上手にメンテナンスできるんですよ。特に、子どもを育てている親御さんには、何を子どもに食べさせればいいのかについて、知識を持っていてもらいたいです。

佐藤

ファスティングには、デメリットはあるんでしょうか?

田中

食事をしない期間は、家族団らんや友人との時間が減りますので、それがデメリットかもしれません。食事にはエンターテインメントの要素が多いですから、それが減るというのはあります。

佐藤

でも、それはファスティングの期間だけ我慢すればいいことですもんね。

田中

一方で、食事の時間や手間が節約できるので、時間を有効に使えます。何を食べるか考えなくて済みますし。

佐藤

それはありますね。食事には準備の時間も含まれますから、それがなくなったらだいぶ時間が生まれそう。

田中

あとは、体に良くないものを受け付けなくなって、食べるものにこだわらざるを得なくなるのも、デメリットと言えばそうなのかも。

佐藤

こだわって食材を選ぶと、月々の食費がちょっと上がるかもしれませんね。

田中

とは言え、将来病気になって医療費をたくさん払うことを考えたら、食費ぐらいは安いものだとは思います。

佐藤

確かに。長い目で見たら、そうかもしれないですね。

人生を変えたファスティング。天職に出合うために過去があった

佐藤

田中さんは現在、ファスティングの指導をするお仕事をされていますが、ファスティングに出合ったのはいつなのでしょうか?

田中

約10年前、31歳のときに知人が断食道場に行った話を聞いたんです。「ものすごく体がスッキリした!本当に良かったから、来年の分も予約してきた。田中さんも一緒に行こうよ!」と、ものすごく薦められて。

佐藤

それで一緒に行ったのですか?

田中

いえ、そのときは、じゃあ自分も行こうという気持ちにはならなかったんです。でも、私は子どもの頃からずっと太っていたんですね。それで、ファスティングってやっぱり良いのかなぁと、本を買ってみたんです。

佐藤

知人のおすすめが、心の中に残っていたんですね。

田中

それでインターネットでも調べてみて、そこに書かれていた、スムージーを飲みながらやるファスティングを試しに3日間やってみました。

佐藤

どうだったんですか?

田中

それが、本当にびっくりするくらい効果を感じたんですよ。長年、手術をしなくちゃいけないくらいひどい鼻炎に悩まされていたんですが、それがスッキリなくなって。

佐藤

それはすごい!

田中

それだけじゃなく、肌荒れや、靴ひも結ぶのも辛いくらいひどかった腰痛が、3日目の朝起きたら、嘘のように消えていて。これはすごいと思いました。

佐藤

腰痛までなくなったんですか!

田中

それまで、マットレスや枕を変えたり、ありとあらゆる「神の手」と呼ばれる人に治療を受けたりしても改善せず、悩みの種だった腰痛がピタッとおさまったんです。

佐藤

ご自身で、ファスティングによる劇的な体の変化を感じたのですね。

田中

それから2週間後に、こんどは1週間のファスティングをやってみました。そうしたら、体の不調がさらになくなっただけでなく、怒りっぽかった性格が、菩薩のように穏やかになって。

佐藤

菩薩……!メンタルへの影響も実感されたのですね。

田中

太っていて、不調だらけで、怒りっぽかったこの自分が嘘みたいに変わった。これは人の役に立てるのではないかと、そのときに思いました。

佐藤

それでこれをお仕事にしようと考えたのですね。

田中

それまでIT系の会社を経営していたのですが、それを人に譲って、ファスティングのやり方を教える会社をスタートすることに決めました。

佐藤

ファスティングで人生がガラっと変わりましたね。

田中

その頃、ファスティング自体がポピュラーではなかったので需要はあまりなく、「断食=宗教的なもの」と怪しまれたりもしたのですが、しだいに認知されるようになって、会社を立ち上げて9年目になります。

佐藤

どんなことがやりがいですか?

田中

自分自身もそうですが、ファスティングによって人生が変わったと言ってくれる人がいること。体の変化を感じた人は、食べるものに気を使い、自分の体と向き合えるようになって、どんどん健康になっていきます。

佐藤

田中さんも、だいぶ健康になったのでは?

田中

10年前より、今の方が全然元気です。

佐藤

歳を重ねているにもかかわらず、元気になっていっているって、奇跡的ですよね。

田中

昔から私を知っている人には、変化をびっくりされますね。これまで、料理人、IT系の仕事をしてきたこと、体が常に不調だったこと、どれもがこの仕事に就くための必然だったんだろうなと思います。

佐藤

それほどまでに愛せる仕事に出合えて幸せですね。

田中

はい。本当に天職だなと思っています。

佐藤

今後の展望はありますか?

田中

私はあまり、目標をもたないタイプで。先を見るよりも、今にしっかり向き合うことを大切にしたい。「未知を求めず既知を深める」というのをモットーにしています。そうすることで、専門性高まりますし、信頼も得られるかなと。

佐藤

なるほど。これから、ファスティングをやってみようという人に、メッセージをいただけますか?

田中

最初の一歩を踏み出すのは勇気がいりますが、いざ踏み出せば、新しい世界が待っています。それは、知らない世界かもしれないですが、絶対に自分にとってのプラスになる世界だと思いますよ。

佐藤

ありがとうございます!ファスティングの効果がよくわかったので、まずは3日間から、私もチャレンジしてみます!

ファスティングをはじめる費用

酵素ドリンク、水、梅干し、塩を購入する費用がかかる。田中さんの会社・ナチュラルラボ株式会社で扱っている酵素ドリンクは、3日間用が19224円、5日間用が28836円。

ファスティングのために貯金する

「はじめてのファスティング」先生の紹介

本日の講師田中裕規
HPナチュラルラボ株式会社|ファスティング、断食、ラクトクレンズ (n-lab.co.jp)
YouTube断食メガネ田中のファスティングTV - YouTube
Twitterhttps://twitter.com/fasting_tanaka

プロフェッショナル・ファスティング・マイスター(1級断食指導者)。ファスティングマイスター学院・上級講師。臨床分子栄養医学研究会・指導認定カウンセラー。ファスティングサポート実績12,000人以上。ファスティングと分子栄養学のスペシャリストとしてさまざまなメディアで活躍中。ナチュラルラボ株式会社 代表取締役社長。

はじめてのファスティングにおすすめの本

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える