煮る焼く茹でる炊く。一台四役の頼れる土鍋studio m’の「ナヴァラン 6号浅鍋」【今週のイッピン#3】

生活

煮る焼く茹でる炊く。一台四役の頼れる土鍋studio m’の「ナヴァラン 6号浅鍋」【今週のイッピン#3】

生活

寒さは体だけではなく、心にもこたえるものです。私の場合は体が冷えているとついついネガティブになりがち。そんな時は、早く帰ってあたたかいものを食べたい!と切実に思います。

「冬」「あたたかいもの」と言えば鍋料理が頭に浮かびますが、ひとり分の土鍋を持っていないのでいつも片手鍋で調理し食卓に出すという味気なさ……。

今冬こそひとり分の土鍋を買おう。そう思っていたところ、ネットでstudio m’の「ナヴァラン6号浅鍋」と出会いました。

studio m’の「ナヴァラン」ってどんな鍋?

studio m’の「ナヴァラン」は「浅鍋」と「深鍋」の二種類があり、それぞれ大きさと容量が違います。

今回はひとり分にちょうどいい「ナヴァラン 6号浅鍋」、カラーは黒を選びました。

「ナヴァラン 6号浅鍋」は鍋料理だけではなく、煮込み、炊飯、オーブンやレンジでも使用できます。(IHコンロは使用不可)

今回の紹介アイテムデータ

ブランドstudio m’
商品名ナヴァラン 6号浅鍋
サイズ

W236/D187/H119(69)/960cc

※( )内は蓋を含まないサイズです
※多少の誤差が生じます。

素材

白 耐熱陶器(耐熱白土)/耐熱白釉/酸化
黒 耐熱陶器(耐熱白土)/耐熱黒釉/酸化

「ナヴァラン 6号浅鍋」実物レビュー

ぽってりとしたシルエットと表面のざらりとした質感が素朴で可愛らしいです。
食卓に置くと意外とどっしりとして見えますね。

蓋も重すぎず、それでいてしっかりとした安定感があります。

実際に手にとってみると、想像よりも軽く取り回しが良いと感じました。

使用前の重要ポイント「目止め」とは?

「ナヴァラン 6号浅鍋」は最初の使用時に「目止め」をすることをおすすめします。
「目止め」とは土鍋の水漏れやにおい移り、ひび割れを防ぐために行う処理のこと。

公式サイトに手順が載っているので、こちらを参考にしてやってみましょう。

「ナヴァラン 6号浅鍋」で煮物と炊飯にチャレンジ!

煮物を作る

大根、さつま揚げ、油揚げと材料たっぷり。これを煮ます。
沸騰したら火を止めて、蓋をして15分ほど置く。

保温性が高いからか、余熱でしっかりと大根に火が通り美味しく仕上がりました。

ごはんを炊く

「ナヴァラン 6号浅鍋」では最大2合分のごはんが炊けます。
そんなわけで、今回は炊飯にもチャレンジしてみました。

米を研ぎ、30分程度浸水させたらスタート!最初は強火で、沸騰したら弱火に落として15分。火を止めて10分蒸らしたら完成です。

土鍋でごはんを炊くのは初めてでしたが、思ったよりも簡単に美味しくできて感動しました。

「ナヴァラン6号浅鍋」のおすすめポイント

素朴で可愛らしい見た目

「ナヴァラン 6号浅鍋」は白と黒の二種類の色がありますが、どちらとも栗のような塗り分けがされています。丸みのあるフォルムも含め、見た目がとても可愛らしくお洒落で使うのが楽しくなります。

色々な料理に使える!

煮物や炊飯、鍋料理だけではなく、オーブンやレンジにも使用できる優れもの。
ひとり鍋はもちろん、チーズフォンデュの鍋としてもちょうど良いサイズですね。

お手入れも簡単

最初の使用時に「目止め」という処理は必要ですが、思ったよりも面倒な手入れの必要がないことも嬉しいポイント。

使用後は鍋が冷えてから水で洗いましょう。洗剤は染み込んだりにおいが移ることがあるので少量でさっと洗い、しっかりと風通しの良い場所で乾燥します。

これさえあれば、という心強さをくれる鍋

今まで鍋はただの調理器具だし、味気ない見た目でも仕方がないと思っていました。

安価なものを買い、雑に扱い、ボロボロになったらまた新しいものに買い換える……そんな使い方しかしていませんでした。

だから今回「ナヴァラン 6号浅鍋」を使用し、その意識が変わったことに自分自身でも驚きました。幅広い使い方ができて便利、見た目が可愛い、というだけではなく、まるで料理における「頼れる相棒」ができたような気持ちになったのです。

以前より料理をするのが楽しくなって、手入れもきちんとするようになりました。

ぜひみなさんも「ナヴァラン 6号浅鍋」で食卓をより豊かにしてみませんか?

「ナヴァラン 6号浅鍋」お取り扱い先のご紹介

企業名株式会社マルミツポテリ
商品名「ナヴァラン 6号浅鍋」
価格¥ 5,500 (税込)
購入先https://www.marumitsu.jp/webstore/products/detail/2611

 

買うために貯金する!

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える