良い習慣をつけると人生が変わる!おすすめの習慣6選と続け方

学び

良い習慣をつけると人生が変わる!おすすめの習慣6選と続け方

学び

もし今あなたが何かの目的を達成したいと思っているのであれば、そのための行動を習慣化することをおすすめします。

行動の習慣化は、目的達成への一番の近道であり、人生が変わる体験への第一歩です。

本記事では「人生が変わるおすすめの習慣」と「新しい習慣をつけるためのおすすめの方法や注意点」などをご紹介します。

いつもは三日坊主になってしまうという方でも続けられる方法をご紹介していますので、ぜひ身近なことから始めてみてください。

新しい習慣をつけるのはなかなか大変

イギリスのロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士が発表した「How are habits formed: Modelling habit formation in the real world」という論文では、習慣化するまでの日数は人によって18日から254日かかり、平均すると約66日もの日数が必要になると述べています。

66日といえば約二ヶ月なので、途方もない数字だと感じてしまった方も多いのではないでしょうか。

このように新しい習慣を身につけるまでは長い期間が必要となるため、習慣化する前に挫折しすることを繰り返すと、新しい習慣を身につける気持ちさえ湧き上がらないという負のスパイラルに陥ってしまいます。

しかし良い行動が一度習慣化すれば、特に意識をしたり努力をしたりしなくても、無意識にその行動ができるようになります。

習慣を身につけるまでの道のりは確かに大変ですが、一度習慣化してしまえばそのあとは目的達成にぐっと近づくのです。

良い習慣をつけると人生が良い方向へ変わる

良い習慣を身につけることで得られる人生のメリットとして、次の3つが考えられます。

無意識に行動できるので、心身へのストレスが減る

前述したように一度その行動が身につけば無意識に行動できるようになるため、労力だと感じなくなります。

良い習慣をつけると、毎日その行動が労力と感じないため心にも体にも負担がかからなくなり、人生が変わるでしょう。

継続による実際的な効果が期待できる

運動でも勉強でも、継続して行うことは実際の成果を上げることにつながります。

例えば筋力をつけたいと思って、毎日こつこつと腹筋を続けていればやった分だけ筋肉がついていきます。

やった分だけ筋肉が衰えていくことは絶対にないのですから、人生にとって筋力がつくというプラスの方向へ変わるというわけです。

自分に自身がつく

自分で決めた行動を長期間継続させられれば、それは自分への自信につながります。

そのことにより自己肯定感が増せば、さらに次の新しいことに挑戦する気持ちも湧いて、ポジティブな循環が生み出されます。

挫折したことで負のスパイラルに陥るか、良い習慣をつけることでポジティブな循環を生み出すか、ここがまさに人生が変わる分岐点であると言えるでしょう。

人生が変わるおすすめの習慣6つ

人生が変わる習慣は、年齢や性別、今置かれている状況や悩みなど、その人によってさまざまです。

ここでは多くの方に共通する、おすすめの習慣を6つ紹介します。

それぞれの習慣を身につけると人生がどのように変わるかも紹介しますので、まずは1つでもご自身に合いそうな習慣を探してみてくださいね。

運動をする

人生が変わるおすすめの習慣1つ目は「運動をする」です。

ジムに行ったり、毎朝ランニングをしたりすることを考えれば、お金や時間がネックになるかもしれません。

しかし、Youtubeやアプリを見てみれば、1日3分から自宅で簡単に始められる運動のコンテンツが豊富にあります。

また毎日の通学や通勤で1つ先の駅から乗る、自転車通勤に切り替えるだけで、運動の習慣をつけることができます。

運動をすることで、生活習慣病を始めとするさまざまな疾病を予防できたり、死亡リスクを減らしたりできるので、長期的に見ても運動習慣をつけることは人生が変わることにつながります。

読書をする

人生が変わるおすすめの習慣2つ目は「読書をする」です。

読書をすることで自分の悩みが解消できたり、知識がついたり、新しい視点を持ったりすることができます。

通勤の電車の中で1日15分読書の習慣をつけると、1年間で60時間も読書したことになります。

この中で人生が変わるような言葉との出会い、転機やきっかけがいくつも訪れるはずです。

食生活を改める

人生が変わるおすすめの習慣3つ目は「食生活を改める」です。

“You are what you eat”とはよく聞く決まり文句ですが、まさに人間は食べるものによって体が作られます。

つまり今の自分、これから先の人生を変えたいと思っているならば、食生活を改めることで自分を変えることができます。

例えば1日1食は野菜中心の食事にする、週末は甘いものを摂らないなど、食生活が健康的なものに変わると、体も変わるのです。

その積み重ねによって自分に自信がつけば、考え方もポジティブになり、人生が変わるきっかけとなるでしょう。

貯金をする

人生が変わるおすすめの習慣4つ目は「貯金をする」です。

生活していくためにはお金が必要ですが、計画的に貯金をしておかないと必要のないものにまでお金をつかってしまい、気づいたときには手遅れというリスクもあります。

貯金の習慣をつけることは、人生の後半戦の老後や病気など予期せぬ事態のリスクに備えられるので、まさに人生が変わるかどうかの分岐点になります。

日記をつける

人生が変わるおすすめの習慣5つ目は「日記をつける」です。

人間がストレスに対応するときに大事なのは、その問題を客観視することだと言われています。

1日1分、日記にストレス要因を書き出して言語化するだけで、その悩みを客観的にとらえられるようになります。

そのことで問題解決に向けて気持ちを整理できたり、いつまでも考え続けることがなくなったりします。

また逆に感謝の気持ちやポジティブなことを書くことで、自己信頼感を高める効果もあります。

1日たった1分日記の習慣をつけるだけで、人生がポジティブに変わることも期待できるのです。

睡眠の質を上げる

人生が変わるおすすめの習慣6つ目は「睡眠の質を上げる」です。

睡眠には心と体の疲労を回復させる効果があります。

睡眠の質が悪いと疲労回復させるホルモンがうまく分泌されず、疲れがとれない、鬱症状が出る、肌荒れが起きるなどの悪影響が出てきます。

質の良い睡眠のための習慣は、前述した「運動する習慣」や「食生活を改める」もかかわってくるので、ご自分には何が必要なのか見直せるといいですね。

「人生の三分の一は眠っている」とはよく聞く言葉ですが、この人生の三分の一の睡眠時間の質を上げることで、残りの三分の二の時間も効率よく充実するので、人生が変わるのです。

新しい習慣をつけるおすすめの方法

人生が変わる習慣を6つご紹介しましたが、やってみたいと思われる習慣はあったでしょうか。

次に三日坊主にならず、新しい習慣をつけるためにおすすめの方法を3つご紹介します。

習慣をつける目的を明確にする

まずは、習慣をつける目的、すなわち「どんな自分でありたいか」という理想像を明確に設定するようにしましょう。

目的があるとつい「3ヵ月で5㎏痩せる」「TOEICで850点取る」のような数字目標を決めてしまいがちです。

しかし数字目標が達成できないと気持ちが萎えてしまい、早々に挫折してしまいます。

数字ではなく「あのワンピースを着こなしている自分」「外国人の同僚と仕事の話をしている自分」などの理想像があることで、挫折しそうな気持ちを奮い立たせられるでしょう。

まずはつけたい習慣に挑戦してみる

「習慣をつける」と思い立ったら、先延ばしにせずまずは挑戦してみましょう。

時間をおいてしまうとできない理由ややらない理由を考えてしまいがちなので、まずは実践してみることが大切です。

行動するタイミングを固定化する

行動する時間やタイミングを固定化するのも手です。

あらかじめ行動する時間を決めておいたり、朝起きてすぐ、寝る前など生活の中に習慣をつけたい行動を組み込むことで、自然と習慣をつけることができます。

やろうかどうか迷ったり、判断したりする時間を排除し、「ただその時間になったから行動するだけ」の状態を目指しましょう。

習慣をつけるときに注意したいポイント

習慣をつけるときには、注意したいポイントもあります。

変化は少しずつ

習慣をつけるときには、ベビーステップ、すなわち「変化を少しずつにすること」を意識しましょう。

大きな変化を伴う行動を生活に取り入れるのは、どうしてもハードルが高くなってしまいます。

最初に「1日15分読書する」と決めて習慣をつけることができれば、読書の面白さや有用さにはまり、やがて「1日30分、週末は2時間…」のように自然とステップアップしてゆけるものです。

障害をあらかじめ取り除く

習慣をつけるとき、最初はやる気があってもだんだんと誘惑に負けたり、やらない理由をつけたりして挫折してしまうことが多々あります。

そこで習慣をつけるときの障害をあらかじめ取り除いておくとよいでしょう。

例えば英語の勉強をせずスマホに逃げてしまう可能性があるなら、勉強のときだけは30分間必ずスマホの電源を切っておくなどです。

行動内容をアレンジしてマンネリを防ぐ

習慣をつけると聞くと、毎日ひたすら同じことを続けるイメージがありますが、それではマンネリ化して続きません。

例えば勉強であれば、場所を自宅だけでなくたまにはカフェでやってみる、歩きながら音読する勉強も取り入れるなど、行動内容をアレンジして、マンネリ化を防ぐ工夫をしましょう。

完璧にできなくてもいいのでとにかく続ける

習慣をつける大敵は、完璧主義です。

100点を毎日続けようとするとつらくなりますが、たとえ30点でもいいからとにかく続ける、と決めてしまいましょう。

完璧主義を捨て、最善を尽くせばよいという考え方に切り替えることは、習慣をつけるだけでなく人生を変えるきっかけそのものにもなります。

習慣化を手助けするアプリも便利

習慣をつけるおすすめの方法と注意点をご紹介しましたが、実際に始めるときにはアプリの活用も便利です。

今や肌身離さず持っているスマートフォンに習慣をつけるためのアプリを入れておけば、決まった時間にアラートしてくれたり、挫折しないように記録が途絶えるとメッセージが送られてきたりします。

このような習慣付けに役立つアプリの中には、次にご紹介するような「貯金」を絡めたユニークなものもあります。

貯金の習慣化をサポートする「finbee(フィンビー)」

運動や勉強、睡眠や食生活の改善などの習慣をつけるためのアプリはたくさんありますが、ここでは一例として貯金の習慣をつけるアプリ「finbee(フィンビー)」をご紹介します。

finbee(フィンビー)はこれまで貯金の習慣をつけることができなかった方でも、習慣をつけて貯金を継続できるようになる工夫がたくさんあります。

「新しい習慣をつけるおすすめの方法」の3つにどのように対応しているのか見てみましょう。

1つ目の「習慣をつける目的を明確にする」では、単に貯金額や期間を設定するだけでなく、「欲しいもの」や「やりたいこと」をアプリで一括管理できます。

さまざまなサイトのお気に入りリストやウィッシュリストを見に行かなくても、finbee(フィンビー)で一覧表示できるので、貯金の習慣をつけることで実現できる「なりたい理想像」を見失わずに続けられます。

2つ目の「まずはつけたい習慣に挑戦してみる」は、finbee(フィンビー)のアプリをダウンロードし、初期設定を入力していくだけで叶います。

初期設定も簡単なので、すぐに使い始めることができるでしょう。

3つ目の「行動するタイミングを固定化する」では、「最寄り駅にチェックインしたら200円貯金」「ウォーキング1,000歩で500円の健康貯金」のようにライフスタイルに合わせた貯金のタイミングを設定することで、アプリを通して自動貯金が可能です。

習慣が定着するまでには長い日数が必要ですが、finbee(フィンビー)では貯金額に対して0.1%のポイントがつくので、長く続ければ続けるほど嬉しいご褒美があり、習慣をつけるモチベーションになります。

このようにfinbee(フィンビー)を使うことで、今までは個人の意志にのみ依存していた貯金も、アプリに設定さえすればあとは自動的に貯金の習慣をつけることができるのです。

楽しみながら貯金する

まとめ

習慣をつけることで人生が変わることがお分かりいただけましたか。

本記事にあげたもの以外にも、ご自分の目的を達成するための習慣があれば、ぜひ毎日スモールステップでアプリなどを使いながら少しずつ続けてみましょう。

身近なことから始めることで、変わっていく自分、変わる人生を楽しめるといいですね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える