お金が貯まらない大学生の共通点とは?貯金を成功させるコツを紹介

学び

お金が貯まらない大学生の共通点とは?貯金を成功させるコツを紹介

学び

大学生のみなさんは、貯金をしているでしょうか。

大学生は自由度が高いため、バイトをして収入を得ている人も多いでしょう。

一方で、サークルや旅行、趣味、友人たちと遊ぶお金など、出費もかさみます。

そのため、「貯金をする余裕はない」「バイト代が少なく、お金が貯まらない」という大学生が多いかもしれません。

しかし、そうしたお金が貯まらないと嘆いている大学生でも、コツをつかめば効率的に無理なく毎月貯金できるのです。

今回は、お金が貯まらない大学生の共通点や貯金を成功させるコツなどを紹介していきます。

「貯金の効率的な方法を知りたい」という前向きな大学生はもちろん、なかなかお金が貯まらない大学生も、ぜひお読みください。

大学生の平均貯金額はどのくらい?

2020年に大学生協がおこなった生活実態調査によると、自宅から通学している大学生(自宅生)の貯金額の平均は月に約20,000円、寮などに下宿している大学生(下宿生)の貯金額の平均は月に約13,000円でした。

そして、新型コロナウイルスの影響によって、大学生の経済状況は「収入」「支出」とも大きく減少しました。

「収入」ではバイト収入の減少が目立つこと、コロナ禍での行動制約による「支出」の減少が報告されています。

自宅生の平均貯金額は前年から2,730円増加していますが、下宿性は貯金だけでなく、生活費のすべての項目が前年より減少傾向です。

まとめると、自宅生は1年間に24万円ほど、下宿生は1年間に15万円ほど貯金している計算になります。

大学生は貯金すべき?大学生の貯金の主な目的とは

そもそも、大学生に貯金は本当に必要なのでしょうか。

社会人に比べて収入が大きくない大学生ですが、お金を使う機会は意外と多く、お金が貯まらないことが多いかもしれません。

いつもお金が十分にある、という経済状況の大学生は貯金がなくても対応できるかもしれませんが「お金を貯めて買いたいもの・やりたいことがある」場合は、やりたいことを実現させるための貯金は必要になります。

では、買いたいもの・やりたいことの一例をくわしく見ていきましょう。

欲しいものを購入する

大学生の貯金の目的としてポピュラーな理由に「自分が欲しいものを買うため」が挙げられます。

「目標の貯金額=欲しいものの価格」のため、ゴールが明確になって「がんばって貯金しよう」というモチベーションにつながります。

「貯金できたら欲しいものが買える」という楽しみや達成感もあるため「なんとなくお金が貯まらない」という状況になりづらいのも特徴です。

また、「いま欲しいものは無いけれど、欲しいものができたときに使う」というパターンで貯金している大学生もいます。

趣味や旅行、サークル活動などで使う

大学生は同じ学部を希望する生徒たちが集まる場のため、これまでの友人に加えて趣味の合う仲間や友人と出会ったり、サークル活動に参加して親睦を深めたりする場面も多くなります。

しかし、出費を気にせず交流しているとお金が貯まらない原因にもなってしまうでしょう。

そんな時に備えて毎月の出費とは別枠で趣味やサークル活動用の貯金をしておけば、心配をせずに、気の合う友人達との時間を楽しめます。

また、サークル活動での旅行や、卒業旅行を計画している大学生も多いため、貯金をしておけば余裕を持って旅行を満喫できるでしょう。

急な出費や緊急時の備えとして

すぐに使うあてはないけど、急な出費や緊急時の備えとして貯金しておこうと考える大学生もいます。

冠婚葬祭などの急な出費だけでなく、パソコンやスマートフォンが壊れてしまう、怪我や病気、地震・豪雨・台風等の自然災害など、突然の災難の際に、貯蓄の備えがあると万が一の時にも安心ですね。

また、就職活動に備えて、早くから計画的にお金を貯めている大学生もいるようです。

こだわりのスーツや靴などの購入を考えている、目標とする会社がすでに決まっている、など先の見通しを立てている大学生には特に貯金はおすすめです。

お金が貯まらない!という大学生の共通点5つ

「そうは言ってもお金が貯まらない!」という大学生は、そもそもお金に余裕がない場合や、出費がかさんでいるケースなどの共通点があります。

ここでは、お金が貯まらない具体例を見ていきましょう。

そもそも収入が少ない

大学生は高校生までの学生時代と比べてバイトできる仕事の幅が広がり、ある程度の収入は確保できますが、大学生の本業は勉強です。

「勉強が忙しくてバイトできない=お金が貯まらない」という大学生も案外多いのではないでしょうか。

また、友人との交流やサークル活動などでバイトの時間がなくなってしまい、貯まらないというケースもあります。

お金が貯まらない大学生は、収入を確保することができず、結果として貯金ができないというのがあります。

飲み会・イベントごとが多く出費がかさむ

大学生になれば、交友関係が広がり、必然的に飲み会に誘われる機会も増えるため支出が増えてしまいます。

イベントごとに出かけたり、友人と集まったりすると、娯楽費として出費が多くなりお金が貯まらない一因となります。

ある程度収入がある状態でもお金が貯まらないという人は、飲み会やイベントごとの出費が多いのが原因かもしれません。

食事にお金がかかる

日々の生活に欠かせない食事は、お金がかかりやすい項目でもあります。

大学生になってから一人暮らしをはじめた場合、やりくりに慣れておらず、自炊しても割高になってしまうケースや、そもそも自炊をせずに外食ばかりしてしまうといったケースもあるでしょう。

いつもコンビニや飲食店などの外食で済ませていると、かなり出費がかさみ、お金が貯まらない原因につながります。

例えば、ランチタイムや比較的安価なお惣菜を活用して1食500円程度に抑えたとしても、1日3食で1,500円、月々の食費は約45,000円です。

1食500円でも月額で考えると意外と高いな、と感じた方もいるのではないでしょうか。

贅沢なランチや、夕飯とともにお酒を飲んでいると、さらにお金が貯まらない状態になります。

日頃から無駄遣いが多い

お金が貯まらない大学生の中には、収入以上にお金を使いすぎている、高額すぎるものを購入しているためにお金が貯まらないという方もいるのではないでしょうか。

大学生になって多様な人・物・価値観などに触れることで、さまざまなものが欲しくなって購入してしまい、お金が貯まらないというケースです。

自分の生活や知識を充実させたり、新しいことにチャレンジしたりする経験はとても大事ですが、現在の収入に見合った範囲でお金を使うようにしましょう。

また、電気代やガス代などの光熱費も、知らないうちに無駄遣いをしていると、お金が貯まらない原因になりがちです。

実家で暮らしていた時はあまり意識してこなかった部分の出費のため、実家と同じ感覚でいるとつい使いすぎてしまい、お金が貯まらない傾向にあります。

貯金に目標や計画がない

お金が貯まらないケースには、「貯金額の目標を決めていない」「貯金をどう貯めていくのかの計画がない」という場合もあります。

ただ漠然と「余ったお金を貯金しておこう」というなんとなくの目標では、貯金するモチベーションも上がらず、まとまった額になりづらいため、お金が貯まらないという結果に陥るでしょう。

大学生にオススメの貯金方法とは?

ここまで大学生の浪費傾向やお金が貯まらない理由についてご紹介しましたが、コツをつかめば効率的に無理なく毎月お金を貯めることが可能です。

次からは大学生が「お金が貯まらない」状態から抜け出せるかもしれない、オススメの貯金方法をご紹介していきます。

貯金の目標と計画を立てる

お金が貯まらない大学生は、貯金をはじめる前に、まずは「お金を貯めたら、この目標のために使う」というビジョンをできるだけ明確に考えておきましょう。

購入したいものがあればその価格を、将来の備えであれば「仮に1ヵ月の収入が0円だった場合、いくらあれば安心して生活できるか」などを試算して、貯金の目標と計画を立てておくのがポイントです。

お金が貯まらない人は、貯金の最終目標の金額を明確にすると「これを1年後に買うために、月々5,000円貯金しよう」など、毎月の貯金額や今後の細かい計画も立てやすくなります。

収支を把握する

大学生がお金を貯める額を決めるときは、自分の収入と支出の現状を正しく把握することが大切です。

節約すれば貯金ができるはず、となんとなく考えていたら、意外と減らせる支出が無かった、収支がギリギリもしくは赤字という場合もあります。

特に、仕送りや奨学金とともにバイトで生計を立てている大学生は、時間割の組み方や課題提出前などで収入額が変動するため、バイトの収入が多い月を基準に貯金の計画を立てると、のちに破綻してお金が貯まらない要因になるようです。

月々の収入と支出をきちんと見直した上で、まずは収入の1割までを月々の貯金額の上限の目安にしておくと、無理なく継続しやすくなります。

浪費を減らす

大学生が月々の収支を把握したうえで、お金が貯まらない原因をなくすためにすぐに実践できるのが「浪費を減らす」ことです。

たとえば食費は、朝・晩は自炊することで外食費を抑えたり、実家や寮などでご飯が出る場合はその恩恵を活用したりなど、外食の頻度を減らすように心がけると出費を削ることができます。

自炊は、最初のうちは調理道具や材料費などで節約になりづらいかもしれませんが、最近では簡単で安くておいしいレシピがYouTubeやレシピサイトなどで豊富に掲載されています。

レンジで加熱するだけ、味付けが焼肉のタレやめんつゆだけなど、初心者でも失敗しない工夫がたくさんあるレシピも多く、自炊を面倒に感じている大学生も「意外と料理って簡単かも」と思えるかもしれません。

食費以外の出費では、欲しいものを購入する時は衝動買いせずにいったん今月の収支を考えてみたり、あらかじめ各出費の毎月の上限額を設けたりしておくと、浪費を防ぐことができます。

また、あえて授業など予定を入れることでそれ以外の遊びに充てる時間を減らし、浪費をおさえるという方法もあるでしょう。

光熱費を使いすぎていると感じる人は、省エネ家電や節約のコツなどを調べてみると、出費を減らせるかもしれません。

どの部分なら無理なく節約できるか、節約してお金を貯められるかは人それぞれです。

自分が快適に生活を送れる範囲で浪費を減らし、お金を貯めていきましょう。

バイトを増やす・空き時間に副業に挑戦してみる

お金が貯まらない大学生で「時間や体力に余裕がある」「もっと働ける」という人もいるでしょう。

その場合、バイトを増やしたり、クラウドソーシングなどの副業に挑戦したりして収入を増やすのもおすすめです。

ただし、バイトを増やしすぎて睡眠時間が確保できなくなるなどの支障をきたしてしまうと、お金が貯まらないだけでなく健康的な大学生活を送れなくなるので気を付けましょう。

オンライン授業の普及などでおうち時間が増えたので、クラウドソーシングで副業をしたいという大学生もいるかと思いますが、こちらもバイトと同じく無理をしすぎないことが大事です。

貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を活用する

大学生活でお金が貯まらずに悩んでいて、「いろいろ読んできたけど、もっと楽しくかんたんに貯金できたらいいな」と思っている人におすすめなのが、自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」です。

自動貯金アプリfinbee(フィンビー)は、「やりたいこと」「ほしいもの」をアプリに設定してルールを決めるだけで、いつもの生活の中で自動的にお金が貯まっていきます。

大学生が自分で貯金を管理すると「貯金するのを忘れてしまった」「気がついたら使ってしまって貯まらない」など、自分の意志やモチベーションに依存してしまうため、うまく続かないことも多いようです。

しかし、finbee(フィンビー)は「1,000歩ウォーキングしたら500円を貯金する」「毎日100円ずつお金を貯める」「大学の最寄り駅にチェックインしたら200円」などのルールを設定しておけば、アプリが自動で貯金をしてくれるため、大学生でも継続しやすいのがポイントです。

さらに、finbee(フィンビー)では、finbeeの貯金額に対して0.1%のポイントが貯まります。

貯まったポイントはAmazonギフト券に交換可能なので、Amazonを利用している人は特にうれしい特典ですし、あまり利用しない人は友達や家族にプレゼントするのもいいですね。

finbee(フィンビー)は、個人での貯金だけでなく、仲間同士やカップルで一緒に貯金ができる「シェア貯金」という機能があるのもポイントです。

オンライン授業や外出自粛などで友人やサークルの仲間となかなか会えないときも、finbee(フィンビー)の「シェア貯金」で一緒に旅行のお金を貯金したり、飲み会のために貯金したりすると、楽しみな気持ちがいっそう高まるとともに、絆も深まるのではないでしょうか。

お互いの貯金額をアプリ上で確認できるので、励ましあって目標達成を目指すことができるでしょう。

また、なかなかお金が貯まらない仲間がいたら「どうしたの?最近忙しい?」と連絡するきっかけになるかもしれませんよ。

目標を決めて貯金する

まとめ

大学生のお金が貯まらない理由や、オススメの貯金の方法を紹介してきましたが、自分にあてはまる理由や「これならできそう」と思う貯金はあったでしょうか。

大学生は遊びも勉強も充実すればするだけ、なにかとお金がかかる時期ともいえます。

しかし、大学生の時期に収支の考え方や貯金を成功させるコツを身につければ、お金が貯まらないと悩んでいる人も自分できちんとお金の管理ができる大人になることも可能です。

お金が貯まらない大学生は、貯金を成功させるコツを身につけて、お金と上手につきあっていくコツもつかんでみてはいかがでしょうか。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える