もう挫折しない!手軽にできる新しい貯金アイデア5選

学び

もう挫折しない!手軽にできる新しい貯金アイデア5選

学び

「貯金ができない」という方は意外と多いようです。

金融広報中央委員会(知るぽると)が2020年に行った「家計の金融行動に関する世論調査」によると、「貯金ゼロ」の割合は「2人以上の世帯」が16.1%、「単身の世帯」が36.2%でした。

2017年は「2人以上の世帯」が31.2%、「単身の世帯」が46.4%だったことを考えると、貯蓄を意識する人がここ数年で増えていることが分かります。

一方で、お金を貯められない人が一定数いることも、このデータから明らかになりました。

お金を貯められない人の中には、貯めたくてもなかなかできない、続かないと悩んでいる人がいるかもしれません。

そこで今回は、お金を貯められない人でも楽しく続けられる、現代版の新しい貯蓄方法をお伝えします。

新しい貯金方法を取り入れて貯金を楽しくしよう!

貯金の方法は、貯金用の口座を作ったり、余った生活費を貯金箱に入れたりするといった昔ながらの方法だけではありません。

さまざまなアイデアの誕生や技術の進歩などとともに、続々と新しい貯金方法が生まれています。

新しい貯金方法をご紹介する前に、まずは新しい貯金方法を取り入れるメリットについてご紹介します。

新しい貯金方法のメリット

貯金というと、我慢や無理をするイメージを持つ人がいるかもしれません。

やりたいことや欲しいものを我慢してお金を貯めるやり方では、お金を貯めること自体に楽しさを感じることが難しく、挫折や三日坊主で終わることもあるでしょう。

今回ご紹介する新しい貯金方法は、自分のライフスタイルに合った方法で、無理なく楽しく続けることに重点を置いています。

貯蓄は、長期間続けることで貯められる金額も大きくなります。

新しい方法では月々に貯める金額を決めて頑張って貯めるよりも、継続することをポイントとしています。

楽しみながら続けられることが、新しい方法を取り入れるメリットです。

【新しい貯金方法1】キャッシュレス貯金

クレジットカードや電子マネーが使える場所が増え、さまざまな場所でキャッシュレス化が進んでいます。

キャッシュレス支払いやアプリを利用した、新しい貯蓄方法について見ていきましょう。

キャッシュレス貯金とは?

キャッシュレス貯金とは、積極的にキャッシュレス決済を活用し、支出を見える化しやすくすることで節約意識を高めつつ、お金を貯めていく方法です。

キャッシュレス貯金は明細書を使って、何にどのくらいお金を使っているのかを把握できます。

支出を管理し節約ポイントを見つけやすいキャッシュレス貯金は、昔ながらの貯蓄方法にはない新しい方法といえるでしょう。

さらに、クレジットカードや電子マネーを利用すると、ポイントが加算されたり支払った金額の一部が還元されたりすることがあります。

このポイントを活用してお買い物をすれば、さらに節約につながります。

キャッシュレス貯金の方法

キャッシュレス貯金の方法はとてもシンプルです。

必要なのは、日常のお買い物をできるだけ電子マネーやクレジットカードで支払うこと、そして定期的に使用履歴をチェックすることです。

電子マネーやクレジットカードでの支払いは、使用した履歴がアプリやWebサイトで簡単に確認でき、使用した店舗などの情報もわかります。

1ヶ月の目標金額を設定しておき、定期的に履歴をチェックすれば、目標に対してどれくらい節約できているかがひと目で分かります。

レシートをもとに家計簿をつける手間がかからないため、効率的に支出の管理ができるのです。

毎月予算をチャージし残額を確認しながら買い物するといった方法も良いでしょう。

また、電子マネーやクレジットカードは、「還元ポイント増額」キャンペーンを実施していたり、特定のお店で使うと割引が得られたりと、うまく使い分けることができればより多くのポイント獲得ができるでしょう。

さて、上記の方法以外にもキャッシュレスでの貯金、つまり現金を扱わない貯金方法があります。

それは、自動貯金アプリの「finbee(フィンビー)」を利用した方法です。

この方法では、貯金用口座を新たに開設せずにお金を貯めることができます。

給料用の口座から貯金用の口座にお金を移している人の中には、振込手数料を節約するために、現金を引き出している人もいるのではないでしょうか。

現金の出入金は本人の意志に依存してしまう方法なため、お金が貯められない人もいると思います。

新しい貯蓄方法を提案するfinbeeは、アプリをダウンロードして自分に合ったルールを設定するだけで、登録した銀行口座から自動的にお金を引き出して貯金してくれる自動貯金アプリです。

ルールの例としては、毎月定期的に◯◯◯円を貯金といった汎用的なものから、お弁当を作ったら◯◯◯円貯金など独自のルールも設定が可能です。

「達成できた/できなかった」を選択するだけで、銀行口座から自動でお金が移動されます。

現金を引き出す手間がなく、手数料や利用料が一切かからない、ランニングコストなしのアプリなので、誰でも簡単に始められる新しい方法です。

新しい貯金を始める!

キャッシュレス貯金の注意点

新しい貯蓄方法であるキャッシュレス貯金の注意点は、こまめに明細をチェックすることと、過剰に多くのキャッシュレス決済を併用しようとしないことです。

現金と異なり、お金の動きが物理的に見えにくいため、利用明細をこまめにチェックして使いすぎに注意しましょう。

また、あまりにも多くのキャッシュレス決済を併用してしまうと、管理が煩雑になってしまいます。

利用するクレジットカードや電子マネーサービスは数件に絞り、必要なものだけに限定するようにしましょう。

【新しい貯金方法2】365日貯金

貯金はしたいけど大きな金額を先取りするのは嫌で、毎日少しずつ貯金したいと思う方もいるでしょう。

そんな方には、365日楽しくお金を貯めることができる「365日貯金」がおすすめです。

365日貯金とは?

「365日貯金」とは、ゲームのように楽しくできる新しい貯金方法です。

1から365までの数字の中で好きな数字を選び、その数字の金額を毎日貯金箱に入れます。

同じ数字を選べないルールになっているため、最初に小さな数字を選び続けると、後半は残る数字が大きくなってしまいます。

365日貯金の方法

365日貯金に必要なものは、お金を入れるための「貯金箱」と入れた金額をメモするための「365日貯金シート」です。

1から365までの数字が書かれたシートを用意し、選んだ数字に色を塗ります。

すべての数字に色を塗るまで続けると6万6,795円にもなり、いつの間にかお金が貯まります。

365日貯金を楽しく続けるポイント

この新しい貯金方法はゲーム感覚で楽しみながら続けられる反面、毎日続けなければならない点が大変かもしれません。

貯蓄を継続するためには、モチベーションを維持したり、お金が貯まっていることを実感したりするような工夫が大切です。

気持ちが維持できるようなデザインや、中身が見えるタイプの新しい容器を新調すると、モチベーションアップにつながるでしょう。

また、365日貯金シートのデザインを自分好みの新しいものにするのも大切です。

シートは、書かれている1から365の数字を塗りつぶすことができれば、何を使っても問題ありませんが、モチベーションが維持できるような新しいシートを選ぶことで続けやすくなります。

365日貯金を始めてみようと思った方は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。365日貯金の具体的な始め方や継続のコツをご紹介しています。

手軽で楽しいと話題の「365日貯金シート」の始め方・コツを解説!

365日貯金用のシートならこちらがおすすめです。

https://finbee.jp/wp-content/uploads/2021/03/365days_savings.png

【新しい貯金方法3】つもり貯金

つもり貯金とは、買い物の際、買わなかったものを「買ったつもり」で貯める新しい方法です。

つもり貯金のポイントを見ていきましょう。

つもり貯金とは?

つもり貯金は、買いたい物を我慢して浮いたお金を貯蓄する方法と、セールなどで普段よりも安く買えた時の差額を貯蓄する方法があります。

節約など長期的な我慢が必要な方法は苦痛になりやすく、続けられなくなる可能性もありますが、つもり貯金は、我慢し過ぎない程度に行うことで長く続けられるのがポイントです。

つもり貯金の方法

お昼のお弁当をコンビニで購入する時、300円くらいのスイーツを買いたくなることはありませんか。

この時、購入自体を我慢して300円貯めてみましょう。これがつもり貯金です。

あるいは200円のお菓子に妥協して、100円を貯めるというのも良い方法です。

ほかにも、待ち合わせの時間までコーヒーショップで過ごす代わりにウインドーショッピングをしてコーヒー代を節約したり、最寄り駅の手前の駅から歩いて交通費を浮かせたりするのもおすすめです。

つもり貯金の方法はさまざまなので、無理のない範囲で自分に合ったルールを決めましょう。

つもり貯金の注意点と続けるためのコツ

つもり貯金は、セール品の差額や購入を我慢することで貯蓄する方法なので、1回に貯められる金額がそれほど大きくありません。

そのため目標額が大きいと達成に時間がかかり、モチベーションを維持するのが難しくなる可能性があります。

また、自炊中心の生活をしている場合、そもそも食事をコンビニやスーパーのお弁当やお惣菜で済ませたり、外食をすることが少ないと思います。

もともと無駄遣いをすることが少ない場合や外食頻度が低い場合、貯蓄チャンスが少なく、目標額まで届きにくくなります。

以上のことから、つもり貯金は日頃からつい色々とものを買ってしまいがちな人にこそおすすめの貯蓄方法といえるでしょう。

そして、日頃の支出と照らし合わせながら、達成可能性の高い目標金額を決めるようにしましょう。

【新しい貯金方法4】ハッピー貯金

ハッピー貯金という方法を聞いたことはあるでしょうか。

貯金をしながら、前向きに幸せな気持ちになれるハッピー貯金についてご紹介します。

ハッピー貯金とは?

ハッピー貯金とは、日々の暮らしであった「よかったこと」「頑張ったこと」を紙に書いてお金と一緒に貯める新しい方法です。

1日の終わりに今日の出来事を振り返り良いことを思い出すという作業がとても素敵だと、SNSを中心に話題になりました。

貯蓄は苦痛を伴うイメージが少なからずあるかもしれません。

しかし、ハッピー貯金は良かったことや頑張ったことを思い出し、さらに書き出すことで、幸せな気持ちになります。

このハッピーな気持ちと一緒に財布に残った小銭を包むことから「ハッピー貯金」といわれるようになったようです。

ハッピー貯金の方法

ハッピー貯金に必要なものは、貯金用の容器と折り紙などの小さな紙です。

楽しく続けられるように容器は透明なもの、紙はカラフルな紙を使用するのがいいかもしれません。

まずは、一日の終わりに、今日起きたハッピーな出来事を紙に書きましょう。どんな些細なことでも構いません。

次に、財布の中に残っている小銭をいくらか取り出し、さきほどの紙で包みましょう。

金額は自由に決めて良いですが、良い出来事があったときは金額を大きくするなど、出来事がどれくらいハッピーだったかを金額に換算してみても面白いでしょう。

包み終わったら、保管用の容器に入れます。

だんだんとカラフルな紙が溜まっていき見た目も華やかになるので、さらに楽しく意欲的に続けられるでしょう。

容器や折り紙を工夫してさらにモチベーションアップ!

ハッピー貯金は、お金を貯めると同時にその工程も楽しむ新しい方法です。

千代紙などいろいろな絵柄の折り紙を使ったり、紙風船にして中に小銭を仕込んだりと、楽しみ方はいろいろあります。

また、和柄やドット模様など折り紙の種類が豊富で、オシャレな瓶もたくさん売られているので、好きなデザインの折り紙や新しい容器を新調することで、さらにモチベーションが高まるでしょう。

ハッピー貯金についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

ハッピー貯金の基本から、おすすめの入れ物・折り紙の折り方まで詳しく解説しています。

Twitterで話題「ハッピー貯金」とは?幸せもお金も貯まる方法

【新しい貯金方法5】無買デー

無買デーは、簡単なのに確実に成果が出る貯金方法です。

買い物をする日としない日をつくる、無買デーのポイントを見ていきましょう。

無買デーとは?

無買デーとは、あえて買い物をしない日をつくる新しい節約方法です。

スーパーやコンビニなどに行かない日を決めるだけなので、準備に必要な道具などがない分、チャレンジしやすい方法といえるでしょう。

誘惑に負けてお菓子を買ってしまったり、使用頻度の低いお買得品を購入してしまったりすることがありますが、無買デーを決めると、そういった無駄買いが減り、節約につながりやすくなります。

無買デーの方法

割引セールやポイントアップを行うスーパーやドラックストアを利用する場合は、その日にまとめ買いをするようにしましょう。

週末にまとめ買いして、平日のうち1日や2日を無買デーにするといったルールを決めることもおすすめです。

食材についても無買デーは新たに購入せず、事前に買いだめしておいたものを使うこととなります。

残った食材で作れる料理を考えるのも、だんだんとゲーム感覚で楽しめるようになるかもしれません。

しかし、無買デーと決めた日に、どうしても買い物が必要になる場合があるかもしれません。

そのようなときは、500~1,000円以内なら使用OK にするなど、自身の生活に合わせて無理のないルールにしましょう。

無買デーを継続させるコツ

無買デーを継続させるコツは、失敗を気にしすぎないことです。

生活していれば、急に必要になるものが出てきたり、予定していたより早く食材や日用品を消費してしまったりすることがあります。

失敗した場合は、在庫管理の徹底や買い物リスト作成などの対策を考えたり、新しいルールに変更したりすることが大切です。

加えて、無買デーが成功した日はカレンダーに大きく花丸をつけるなど、結果を記録することでモチベーションが高まりやすくなります。

無買デーは継続することが大切なので、無理なく続けられるルールを自分なりに決めるのが継続させるコツです。

まとめ

さまざまな方法をご紹介していきましたが、いかがでしょうか。

なかなか貯金ができないと悩んでいるのであれば、「finbee(フィンビー)」など自動で貯蓄ができるアプリを利用したり、今回ご紹介した新しい貯金方法を試してみたりしましょう。

なるべく長く楽しんで貯蓄ができるように、いろいろな方法を試して自分に合ったやり方を探してみてはいかがでしょうか。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える