「欲しいものが買えない!」浪費家さんに送るお金を貯めるヒント

学び

「欲しいものが買えない!」浪費家さんに送るお金を貯めるヒント

学び

「欲しいものがあるのにお金がなくて買えない」「無駄遣いしている意識はないのに、欲しいものがたくさんあって常に金欠だ」このような状態では貯金どころではありませんよね。

しかし、お金を貯めないと欲しいものは買えないうえ、やりたいことも制限されてしまうでしょう。

まとまったお金を貯めた経験がない方は貯金に苦手意識を感じてしまい、またお金が貯まらない……という負のループに陥りがちです。

この記事では、欲しいものがあるとすぐにお金を使ってしまう浪費家さんも気軽に挑戦できる、おすすめの貯金方法をご紹介します。

欲しいものが買えない

欲しいものが買えない原因はどこにあるのでしょうか。

「収入が少ないから」と思われるかもしれませんが、どんなにたくさんお金を持っていても、浪費をしすぎればお金はすぐになくなってしまいます。

もしあなたが浪費をしている自覚がなくても、「いつの間にかお金がなくなって欲しいものが買えない」ということは、不要なものにお金を使いすぎているということです。

まずは、「お金がなくて欲しいものが買えないのは、自分の行動に原因がある」と認識することが、お金を貯めて欲しいものを買うための第一歩でしょう。

では、具体的にどのような行動に問題があるのか、次章でご紹介していきます。

浪費してしまう人の特徴

欲しいものが買えなくてお悩みの方は、ご自身の行動に当てはまるものがないか、チェックしてみましょう。

自分の収支額を把握していない

収入より支出が多ければお金がなくなり、欲しいものを買えません。これは当然のことですが、収支額の把握ができていない方は意外と多いようです。

自分が使えるお金・使ったお金がどれくらいなのかを明確にしなければ、欲しいものを買うために貯金することもできません。家計簿をいつも几帳面につけなければいけないわけではありませんが、自分の使うお金を可視化できていないことは問題です。

住宅費・水道光熱費・通信費などの生活に絶対に必要なものや社会保険料・税金などは、毎月およそ一定額かかってくるものなので、あらかじめ把握しておきましょう。

金額が決まっていないものについては、どんなものにどれくらいお金を使っているのかを、一度データをとって見直してみると、欲しいものが買えない理由が判明するかもしれません。

衝動買いが多い

浪費しやすい人は「お金を使う予定ではなかったのに、その場の感情に任せて買い物をしてしまう」ということが度々あります。

世の中には消費者にお金を使ってもらうための工夫がたくさんされているので、いつも衝動的に欲しいものを買ってしまうと当然お金はすぐに尽きてしまうでしょう。

仕事や学校の移動中に、美味しそうなものや一目惚れしたアイテムを買うことが当たり前になっている方は注意が必要です。一時的な欲求で散財していると、本当に欲しいものが買えない事態になってしまいます。

少額の買い物が多い

「節約のため高い物は買わないようにしているのに、お金がなくなってしまう」という方は、少額の買い物の回数が多くないか確認しましょう。

高額なものは「今すぐには買えない」と慎重になっても、少額ならば気軽に買ってしまい、気付かないうちにお金をたくさん使っていることがあります。

たとえば、毎日500円を無駄に使っていたとしても、一ヶ月で1万5,000円、一年で18万円を浪費することになるのです。

そこまで欲しいものでもないものに少しずつ支払ったお金で、買えないと思っていた欲しいものが手に入ったかもしれません。

少額でも積み重なれば、まとまったお金になることを忘れないようにしましょう。

コンビニに行く回数が多い

毎日、しかも一日に複数回コンビニを利用するという方もいらっしゃるでしょう。特に欲しいものがあるわけでもいのに、なんとなくコンビニに寄ることが習慣のようになってはいないでしょうか。

コンビニは文字通り便利なものですが、基本的に割高な価格設定です。コンビニで買うものは単価の安いものが多いので、浪費をしている感覚がないかもしれませんが、いつもコンビニで調達するのは贅沢だという意識は持ちましょう。

基本的にコンビニでしか買えないものはなく、準備をしていれば寄る必要はありません。

現金を使わない

キャッシュレス決済も多様化し、スマートフォンなどで手軽にお金を使うことができるようになりました。電子マネーやクレジットカードを使えば、実際の口座残高がわずかでも、欲しいものをその場で買うことができます。

いくら使ったか実感がないまま欲しいものを買っていたら、請求時の支払い額が予想を上回って焦ってしまった経験はないでしょうか。

キャッシュレス決済自体は、お金のやりとりを効率化してくれる便利なサービスですが、お金を払う感覚が薄れてしまうことには注意が必要です。

特にお金の管理ができていない人にとっては、現金以上にお金を使いすぎる危険があります。たくさんのサービスを併用していると把握が難しくなることも念頭に置きましょう。

飽きっぽい

欲しいものが手に入ると、また別のものが欲しくなってしまうことも浪費しやすい人の特徴です。

コツコツ貯金をしようとしても、お金が貯まる前に欲しいものが出てきて買ってしまうため、貯金が続きません。

最近買ったものを思い出して、買う前と買った後の気持ちにどんな変化があったか感じてみてください。

買えないときはすごく欲しいものだと思えるかもしれませんが、実際に使うと飽きてくるものは本当に欲しいものではないかもしれませんね。

計画性がない

計画するということは、予測を立てて準備することです。

今現在のことだけを考えていれば一時的には楽しくても、未来のあなたが欲しいもの・必要なものを買えないために苦労するかもしれません。
現在より未来に起きることを優先して考えるのは、なかなか難しいことです。

明日、一週間後、一ヶ月後、一年後、十年後、どんなことにお金が必要で、どんなことにお金を使いたいか定期的に書き出してみましょう。
もちろん、予測が不可能なこともありますが、準備できることもたくさんあります。

将来欲しいものが買えないという残念な結果にならないよう、限りあるお金を計画的に使う必要があるのです。

浪費しすぎると……?

お金を使いすぎて貯金ができないままだと、どんな問題が起こるのでしょうか。

「欲しいものが買えない」「したいことができない」のはもちろんですが、あなたがそのまま高齢になったときに、日々の生活に困ってしまうかもしれません。

日本はすでに健康寿命が世界一の長寿社会を迎えており、将来的に100才以上まで生きることも珍しくなくなると予想されています。長寿は喜ばしいことの反面、「長生きリスク」と呼ばれる老後のお金の不安は世間でも度々話題にのぼっており、この言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

生命保険文化センターが行なった「生活保障に関する調査」によると、老後の1ヶ月あたりの最低限の生活費は平均22.1万円、ゆとりある生活費は平均36.1万円というアンケート結果が出ています。

一方で、国内の60歳以上の世帯の年間平均所得は318.6万円(およそ月26万円)で、ゆとりのある生活費の平均には及びません。

収入源は平均で、公的年金・恩給が63.6%、稼働所得が23%という結果ですが、加齢や病気により働けなくなることも考えられます。老後の生活が仮に40年あったとして、貯蓄をするなどの準備をしなければ、最低限の生活費を確保するのもやっとで、欲しいものも買えないでしょう。

受給できる年金の額や生活水準は人によって異なるうえ、老後が何年あるかは誰にもわかりません。「老後資金は〇〇円貯めましょう」と一概には言えませんが、長い期間をかけてまとまった資金を準備しておく必要があることは確かです。

若いうちに欲しいものばかり買って貯金をしないでいると、年々切り詰めた生活を送らなくてはならなくなりますよ。

<浪費家さんにおすすめ>お金が貯まる貯金術

「浪費はすべきではない」「お金は貯めたほうがいい」と頭ではわかっていても、いきなりお金の管理が上手になれるわけではありませんよね。

何から手をつけたらよいかわからないという方のために、ここからは簡単にお金を貯める具体的な方法をいくつか紹介していきます。

財形貯蓄を活用

財形貯蓄とは、勤務先で給与から貯蓄額をあらかじめ天引きしてもらってお金を貯める制度のことで、正式には「勤労者財産形成貯蓄」といいます。

財形貯蓄の種類は下記の3種類です。

・目的を問わない一般財形貯蓄
・年金として受け取るための財形年金貯蓄
・住宅購入を目的とした財形住宅貯蓄

欲しいものを買いたくなってお金を使ってしまう前に確実に貯金ができるので、浪費しがちな方でも簡単に財産をつくれます。貯金用の口座に毎回お金を移動させる手間が省けるのもメリットですね。

ただし、下記のような年齢制限、最低積立期間などの要件があるので注意しましょう。

一般財形貯蓄

年齢制限:なし
積立期間:3年以上
契約数:複数契約できる
払出し:制限なし

財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄

年齢制限:55歳未満
積立期間:5年以上
契約数:一人一契約
払出し:目的外は課税される

※財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄は合計で元利550万円から利子に対する非課税措置があります。

勤務先で財形貯蓄制度が導入されていることが条件で、アルバイト・パートタイムでも積立期間の要件を守れば財形貯蓄契約をすることができます。

毎月の給与からの天引きだけではなく、ボーナスからの天引きも利用可能です。

ほったらかしでもお金が貯まるので、ぜひ勤務先に相談して財形貯蓄制度を活用してみましょう。

予算を設定する

自分のお金をどんなことにどれくらい使うのか、あらかじめ予算を設定しているでしょうか。

お金を貯めたいと思いながら欲しいものがあるとすぐに買ってしまう方は、そもそもどこまでが必要な買い物(消費)で、どこからが浪費なのかを把握していないかもしれません。

そのため、お金を貯めようとすると、とにかく欲しいものを我慢することで出費を抑えてしまいます。

この方法だといつも欲しいものを買えないストレスを感じながら生活をすることになるので、反動でまた欲しいものを買ってしまううえ、必要なものまで我慢することになるでしょう。

予算にしたがって生活すれば、欲しいものを買いたくなったときに現実的な判断基準ですぐ諦められるようになるため、「欲しいものが買えない」という感覚が減ります。

貯金ルールを決める

「毎日300円貯金する」「お釣りは全て貯金する」など、生活の中で無理なくできそうなマイルールにそって貯金する方法もあります。

少ない金額でも生活にとりいれることで、自然とお金が増える仕組みがつくれるのが魅力です。貯金が習慣になると、衝動的に欲しいものを買いそうになっても「この買い物をするくらいなら貯金をして本当に欲しいものを買おう」と自制心が働きやすくなります。

楽しく続けられるルールを考えてみましょう。

浪費家さんでもお金が貯まる!「finbee(フィンビー)」

前章で紹介したルールを決めて行う貯金は、現金で管理すると手間がかかってしまいます。

「手元にぴったりの金額がない」「小銭をたくさん貯めておくのも大変」など、面倒になると貯金を続けられません。

そこでおすすめなのが、自動貯金アプリの活用です。

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」は、スマートフォンのアプリ上で簡単に、自分の設定したルールで貯金をすることができます。

毎日・毎週・毎月など好きなタイミングで定期的につみたて貯金を行なったり、クイズに答えてゲーム感覚で貯金する「クエスト貯金」や、移動の歩数に応じて貯金する「歩数貯金」など、豊富な貯金ルールが選べるので楽しく続けられるでしょう。

「欲しいカメラを買うために5万円貯める」「友達と旅行に行くために10万円貯める」といった目標も設定でき、進捗状況をアプリ上でいつでも確認できます。

欲しいもの・したいことに向かって貯金を気軽に始めることがきるので、貯金が苦手という方にこそおすすめです。

将来のために貯金する

まとめ

今回は「ついつい浪費してお金が貯まらず欲しいものを買えない」という方に向けて、お金を無理なく貯める方法をお伝えしました。

欲しいものを買うことをひたすら我慢するのではなく、貯蓄制度や貯金アプリも活用しながら賢く楽しくお金を貯めるのがポイントです。今すぐは欲しいものが買えない状態でも、少しずつお金を貯まる感覚を味わえば、貯金をする自信がついてきますよ。

買えないと思っていた欲しいものを買えるように、気軽に実践してみてください。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える