【一人暮らし向け】おしゃれ家具・インテリア10選まとめ

学び

【一人暮らし向け】おしゃれ家具・インテリア10選まとめ

学び

一人暮らしを始めるときは、家具やインテリアなど揃えなければならないものがいろいろとありますよね。新生活がスタートする春は一人暮らしを始める人も多く、映画やドラマに出てくるようなおしゃれな部屋を想像し、イメージを膨らませることもあるかもしれません。

しかし、よく考えずに家具やインテリアを揃えてしまうと、「おしゃれな部屋を夢見ていたのに、気づいたら理想とはかけ離れてしまっていた」と、あとになって後悔することになりかねません。

とくに大きな家具などは気軽に買い替えることが難しく、あとで後悔しないために下調べはしっかりとしておきたいものです。

そこで今回は、一人暮らしにおすすめのおしゃれアイテムやおしゃれな部屋づくりのポイントについてご紹介したいと思います。

おしゃれな部屋で一人暮らしをスタートしたい!

一人暮らしを考えたとき、誰でもおしゃれな部屋にあこがれるものですよね。

友達や彼氏、彼女に褒められるようなセンスある部屋にするには、どのような家具やインテリアを揃えればいいのでしょうか。

おすすめのおしゃれな家具・インテリアについてみていきたいと思います。

一人暮らしにおすすめのおしゃれ家具・インテリア10選

一人暮らしを始めるときに必要になる家具・インテリアは、大きなものから小さなものまでいくつか考えられます。

まずは、一人暮らしにおすすめのおしゃれな家具を、10点ピックアップしてご紹介したいと思います。

MODERN DECO「引き出し収納付きベッド AUBE」

ベッドは部屋全体の印象を左右する重要なアイテムといっても過言ではありません。

「今まで使っていたものはサイズやデザインが合わない」「新しい家具で心機一転一人暮らしをスタートさせたい」と考えている場合は、はずせない家具といえます。

MODERN DECOの「引き出し収納付きベッド AUBE」は、シンプルなデザインでありながら引き出し収納もついており、収納が少ないワンルームの一人暮らしには最適です。

ヘッドボードには宮棚が付いているので、スマートフォンや本などのちょっとしたものを置くのにも便利で、さらにコンセントとUSBポートも装備されています。寝ている間の充電や寝ながら音楽を聞くのにもおすすめです。

美しい木目調のデザインなうえ、カラーバリエーションが豊富なので、ほかの家具とイメージを合わせて選べます。おしゃれなだけではなく、機能面でも満足できるものではないでしょうか。

Amzdeal「パソコンデスク」

テレワークの機会が多くなってきている昨今では、一人暮らしでもパソコンデスクは大切な家具といえるでしょう。

スペースに余裕がないワンルームの場合はシンプルなデザインのものがおすすめですが、かといって事務的になりすぎずにほかの家具とも調和するデザインを選びたいところです。

Amzdeal「パソコンデスク」はシンプルなデザインで、組み立ても簡単です。

K字型の足部分のデザインは、見た目がおしゃれなだけではなく、作業中に足がぶつかりにくいなど、ストレス軽減も期待できます。ウッド調のデスクトップ面は、おしゃれなうえに傷つきにくく、防水設計なので耐久性もばっちりですよ。

事務的なイメージにならず、部屋に自然となじむおしゃれなパソコンデスクを探されている方におすすめです。

Tama living「ブロンコ デスクチェア」

パソコンデスクを決めたら、それに合うデスクチェアがほしくなりますよね。

テレワークの機会が多くなると長時間のデスクワークが考えられるので、一人暮らしの部屋用であっても、機能性とデザイン性に優れたデスクチェアを選びたいところです。

Tama living「ブロンコ デスクチェア」は、背面に木目の美しいフレームが使用されており、高級感が感じられるデスクチェアです。

また、ひじ掛け部分はブラックスチールに木の組み合わせで落ち着きがあり、背もたれには飾りボタンが施されています。

4色のカラーバリエーションがあるため、好みやほかのインテリアに合わせて選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

YAMAZEN「ディスプレイラック」

広さに余裕がない一人暮らしの部屋をおしゃれに見せるなら、収納は欠かせません。知らず知らずに増えてしまう本や雑誌は、部屋が散らかる要因になるからです。

YAMAZEN「ディスプレイラック」は、扉前面にお気に入りの本や雑誌をディスプレイすることができる収納ラックです。棚の中板は調整可能なので、収納したいもののサイズに合わせて自由に変えられ、天板の上もディスプレイスペースとして使うことができます。

見せる収納と隠す収納をうまく組み合わせて、おしゃれな一人暮らしを目指しましょう。

AYAアヤ「サイドテーブル」

サイドテーブルはサイズ的に一人暮らしにちょうどよく、素敵な部屋づくりに便利なアイテムです。

デザイン性の高いものを選べば、ワンポイントアクセントとして個性的な雰囲気を演出することもできます。

AYAアヤ「サイドテーブル」は、置く角度によっていろいろなイメージに変わる、直線美を活かしたスタイリッシュなデザインが特徴的です。スチール製なので耐久性もあり、個性的でありながら主張しすぎることはなく、ほかの家具に馴染みやすい優等生な一品です。

HERMOSA「TURKU FLOOR LAMP S」

おしゃれな部屋づくりに欠かせないアイテムといえば「間接照明」ですよね。

照明ひとつで部屋の雰囲気をガラッと変えることができる便利な家具です。

HERMOSA「TURKU FLOOR LAMP S」のシンプルで飽きのこないデザインは、どのような部屋にも合わせやすく、デスク上のインテリアとしても一役買ってくれることでしょう。

手元を照らすだけではなく、自由に動くアームで好みの照明効果を生み出すことができます。

LARIUS「ウェーブミラー」

部屋用の鏡というと、長方形の姿見を連想する人が多いかもしれません。

実用性だけを考えるのであれば、長方形の姿見でいいかもしれませんが、センスある一人暮らしを目指すなら、やはり少しデザイン性をプラスしたいところです。 

LARIUS「ウェーブミラー」は、優しいカーブでデザインされたユニークな形のミラーです。ベッドルームだけではなく、玄関やトイレなど、好きな場所に置くことでさりげないおしゃれを演出できるでしょう。

ミラーをうまく使うと奥行き感を持たせることができ、実際の部屋より少し広く感じさせる効果があります。とくにワンルームの一人暮らしには上手に取り入れたい家具ですね。

umbra「ウォールクロック」

ウォールロックは実用的な時計としてだけではなく、インテリアとしてデザイン性の高いものも多くみられ、一人暮らしでのセンスの見せ所ともいえるかもしれません。

umbra「ウォールクロック」はシンプルながらインパクトがあり、おしゃれな部屋づくりにおすすめです。壁を時計にしてしまうようなイメージで、文字盤などを直接貼って使います。

デザインがシンプルなのでくどくなりすぎることはなく、さらにスペースをとることもないので、すっきりとした部屋を目指したい方にもおすすめです。

ヤマト工芸「BAG dust」

ダストボックスなど生活に必要な家具に限って、生活感が出てしまうのは悩みどころです。

ヤマト工芸「BAG dust」は木製で、紙袋をイメージしたデザインがとてもユニークなダストボックスです。金属の物が多くなりがちなデスク周りに、優しい木のぬくもりであたたかみをプラスすることができます。

「ごみ箱」という印象を与えず、まるでオブジェのような存在感が、小さなものにこだわるセンスを感じさせてくれるのではないでしょうか。

KINTO「SACCO ベース 磁器 03」

ワンランク上のおしゃれな一人暮らしを目指すなら、お花やグリーンなどさりげないアイテムにまでこだわりたいですよね。

お花を飾るためのフラワーベースにも、センスは現れます。

KINTO「SACCO ベース 磁器 03」は、お花を生けていないときでもオブジェのように飾っておける素敵なフラワーベースです。ひとつでも存在感がありますが、形違いや色違いなどでいくつか並べるのも素敵です。

おしゃれな部屋づくりのポイント

部屋全体をセンス良く演出するにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

一人暮らしの部屋をおしゃれにまとめるためのポイントを5点お伝えします。

家具は低めがおすすめ

一人暮らし用の部屋の家具を選ぶときは、低めのものでバランスを揃えるとよいでしょう。

背の高い家具は空間を窮屈に感じさせてしまいますが、低めの家具であれば圧迫感がなく、部屋を広く見せる効果があります。すっきりとした印象の部屋は、それだけでもおしゃれに感じられます。

配色バランスを意識する

素敵な一人暮らしの部屋を目指すなら、部屋に取り入れる色の配色バランスにも気をつけましょう。

配色バランスでは、ベースカラー(基調色)を75%、アソートカラー(従属色)を20%、アクセントカラー(強調色)を5%として考えるのがよいといわれています。

まず、ベースカラーとアソートカラーを決めてから、最後にアクセントカラーを考えるとバランスのいい部屋をつくることができます。

観葉植物を取り入れる

雑誌などで紹介されているおしゃれな部屋には、必ずといっていいほど、グリーンが配置されています。観葉植物がひとつあるだけでぐっと雰囲気が良くなり、余裕とセンスが感じられます。

ワンルームでも育てやすい観葉植物もあるので、小さなものでもグリーンを取り入れることで、理想的な一人暮らしに一歩近づけるのではないでしょうか。

間接照明を取り入れる

おしゃれ部屋に欠かせないアイテムである、間接照明。ムードがでるだけではなく、やわらかい光は癒しにもなります。

蛍光灯の白い光はデスクワークのときにはいいですが、リラックスしたいときはオレンジ色のやさしい光を上手に使うのがおすすめです。

生活感を出さない

一人暮らしの部屋をおしゃれな部屋にするためには、生活感を極力出さないようにするのも大切なポイントです。

たとえば、調味料やシャンプーなどをシンプルな容器に入れ替えて並べれば、印象がまったく異なってきます。

また、生活に必要なこまごましたものをそのままにしておくと、ごちゃごちゃとして雑多な印象になってしまいますが、蓋つきのおしゃれなボックスなどにまとめて収納すれば、すっきりとした印象にできるでしょう。

日用品などはついそのまま使ったり、出しっぱなしにしてしまいがちですが、少しの工夫で生活感を抑えることができます。

おしゃれな部屋づくりにはお金も必要

おしゃれな一人暮らしのためにさまざまな家具やアイテムを紹介してきましたが、お気に入りものを揃えるには、ある程度のお金が必要になります。

特に家具は、安いからと妥協して買うのではなく、高くても気に入ったものを買ったほうが、失敗や後悔も少ないでしょう。

素敵な家具やインテリアに囲まれた一人暮らしを目指すなら、計画的に貯金をする必要が出てくるかもしれません。そんなときは finbee(フィンビー)がおすすめです。

finbee(フィンビー)はやりたい事やほしいものなどの目標に向けて、楽しく簡単にお金をためていくための自動貯金アプリです。

最初にルールを決めて、あとは日々の生活の中でゲーム感覚で楽しみながら貯金をしていくことができます。finbee(フィンビー)は、貯金が苦手な人には特におすすめです。

おしゃれな一人暮らしの実現に向けて、一度試してみてはいかがでしょうか。

家具購入のため貯金する

まとめ

一人暮らしのおしゃれな部屋づくりについて、家具やインテリアを中心にご紹介しました。ぜひ、部屋づくりの参考にして、センスあふれる素敵な一人暮らしをスタートさせてくださいね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える