【狭い部屋を広くみせる工夫】コンパクト家電・家具・グッズをご紹介!

学び

【狭い部屋を広くみせる工夫】コンパクト家電・家具・グッズをご紹介!

学び

あなたは毎日生活している自分の部屋に満足していますか?

雑誌や映画に出てくるような部屋に憧れてはいるけれど、現実とは大きくかけ離れているという方も多いことでしょう。狭い部屋から広い部屋に住み替えたいと思っても、家賃をたくさん払わなければならないので、限界がありますよね。

実は、狭い部屋でも、少しの工夫で広くみせることができるテクニックがあることをご存じでしょうか。この記事では狭い部屋を広くみせる工夫やテクニックをご紹介します。

狭い部屋でも諦めないで!

狭い部屋でも広くみせる工夫をすれば、予想以上に広くみせられるものです。広くみせる工夫とは、選ぶ家具・家電を工夫することに他なりません。

狭い部屋でも家具・家電を工夫すれば、来客に広さを感じてもらうだけではなく、自分も快適に過ごすことができますよ。

狭い部屋を広くみせる工夫

それでは、具体的に狭い部屋を広くみせるための工夫をご紹介します。簡単にできることから取り入れてみましょう。

明るい色で統一する

狭い部屋を広くみせる工夫として、まず挙げられるのは家具などを明るい色で統一することです。カーテンやベッドカバー、ラグなどの面積が大きいものを変えると、ぐっと明るく感じます。

実は、この色の明暗で得られる効果は、ファッションと同じです。暗い色は引き締まって見えるので収縮色と呼び、痩せて見られたい時に利用する方もいることでしょう。逆に、白やパステルカラーなどの明るい色は、大きく膨らんで見えるので、膨張色と呼びます。黒いコートと白いコートを着たら、どちらが着やせして見えるか、逆にふっくらして見えるのか、感覚的に分かる人も多いのではないでしょうか。

同じことがインテリアでもいえます。狭い部屋に膨張色である明るい色を用いれば、大きく広く感じさせることが可能です。部屋の多くの面積を占める壁の色が暗い場合には、明るい色に壁を塗り替えるだけで雰囲気がガラッと変わり、広く感じます。

賃貸などで塗り替えられないという方は、貼って剥がせる壁紙などで工夫してみましょう。狭い部屋であれば、壁紙を購入する分量も少なくて済むので、少ない費用でがらっと変えることができます。そして、壁以外にも、家具を同じ色でそろえるように工夫するとオシャレに見えて、ごちゃつき感がなく、スッキリした印象になり、狭い部屋が広くみえるようになります。

背の低い家具を置く

背の低い家具を置くことも、狭い部屋を広くみせる工夫の1つです。この方法は、部屋を広くみせる工夫として、インテリア雑誌などに取り上げられていることも多いほど、効果を期待できます。なぜなら、背の低い家具を置くと、視界に家具が入ってこないため、広く見えるのです。

また、家具は背が低く、さらに「小さい」ものを選ぶように工夫すると、狭い部屋がより広く見えます。この理由は、小さい家具は大きい家具に比べて圧迫感を感じにくいからです。

実は、マンションのモデルルームなどは、背が低くて小さい家具を置く工夫をしています。インテリアデザイナーが部屋を広くみせる工夫を巧みに施しているので、多くの見学者は実際よりも「広い部屋だ」と認識するのです。

このようにインテリアのプロも採用する工夫を採用して、狭い部屋を広くみせてみましょう。

隙間スペースを活用する

隙間のスペースの活用を工夫すれば、収納家具を置くスペースが少なくて済み、狭い部屋を広くみせることができます。

まずはインテリア通販のカタログやウェブサイトを見てみてください。隙間スペースを活用した収納グッズや、収納する機能を持った家具などがたくさん掲載されています。さらに、長押を利用した棚やつり下げフック、長短さまざまな突っ張り棒など、隙間スペースを活用するグッズも豊富にあるため、お部屋に合わせてさまざまな工夫が可能です。

また、家具と家具の隙間に入るような幅の狭いラックなど、狭い部屋にぴったりの家具も多彩にそろえられています。そのうえ、大きなスペースを占めるソファやベッドなどを、収納機能を備えたタイプのものに変えれば、かなりの収納力を備えることが可能です。

こうした収納について工夫された家具を選べば、収納家具自体の数を減らすことができます。

間接照明をうまく活用する

間接照明をうまく活用することも、狭い部屋を広くみせるためにできる工夫です。間接照明を使えば、部屋の中に陰影ができるため、奥行きがあるように感じます。ポイントは、間接照明を部屋の奥で照らすことです。

なぜなら、視線が部屋の奥に向けられるため、より奥行きを感じやすくなるからです。間接照明を1つ導入するだけの工夫で、狭い部屋を広くみせることができるので、手軽に実践できるでしょう。

また、間接照明を利用すれば、狭い部屋を広くみせるだけではなく、ムーディーな空間を演出できます。そのうえ、部屋のおしゃれ感をぐっと増すことができるでしょう。

無理に家具・家電は置かない

狭い部屋を広くみせる工夫として、究極的なのは無理に家具・家電を置かないことです。物を極力減らして生活しているミニマリストの部屋は、何にも置いていなくて、がらんとしていて広く感じますね。ミニマリストと同じように物を減らすのは難しいかもしれませんが、「ベッドがないと眠れない」「ソファがないとくつろげない」などという考えを少し見直してみるのも良いでしょう。

ソファにベッド機能を備えたソファベッドを利用しても良いですし、1人暮らしであれば、ベッドを置く位置を工夫してソファとして活用しても良いでしょう。工夫次第で、狭い部屋に配置する家具を減らすことができます。

また、家電も見直してみてください。例えば、炊飯器がなくても工夫をすれば、土鍋や圧力鍋でお米は炊けますし、パンを焼けるのはオーブントースターだけではありません。工夫をすれば、ガスコンロに付いている魚焼きグリルやフライパンで代用できます。ミニマリストの物を減らすアイデアや工夫を少し参考にしてみると良いでしょう。

狭い部屋におすすめのインテリア&グッズ

狭い部屋を広くみせる工夫は理解できたでしょうか。次に、取り入れるだけで簡単に部屋を変えられる、狭い部屋におすすめのインテリア&グッズをご紹介します。

ベッド下を収納として活用!「引き出し付ベッド」

狭い部屋の中で一番スペースを占める家具は何かと聞かれたら、多くの人が「ベッド」と答えるのではないでしょうか。

布団なら、クローゼットや押し入れにしまえば部屋がスッキリ片付くのですが、「毎日布団をしまうのが面倒」「ずっとベッドで生活してきたから布団には抵抗がある」というような方は、ベッド生活からは離れられないですよね。

では、ベッド下を収納として活用してみてはいかがでしょうか。

ベッドのマットレスの下を収納として活用できるように工夫された「引き出し付ベッド」が販売されています。部屋で最大のスペースを占めているベッドですので、収納力は侮れません。衣類や書籍などを楽々収納することができます。さらに、引き出しの多くにはキャスターが付いていて楽に引き出せるように工夫されているので、日常使いの収納として活用可能です。

例えば、この「引き出し付ベッド」はフレームが白いので、狭い部屋に置いても圧迫感を抑えられます。

ごちゃごちゃは隠す!「扉付きチェスト」

オープンシェルフ型の収納を使っている方は「扉付きチェスト」に変えて、ごちゃごちゃした物を隠すのもおすすめです。

物がごちゃごちゃしていると狭い部屋をより狭くみせてしまいます。逆に、テーブルや棚の上、棚の扉など平面が多いとスッキリした印象になりますので、狭い部屋も広くみせることが可能です。そのため、物を扉付きのキャビネットに収納して、スッキリした見た目になるよう工夫しましょう。

特にこちらの「扉付き収納棚」は、扉が白と木目のグラデーションで部屋のおしゃれ感もアップするのでおすすめです。

また、デッドスペースになりがちなテレビの上を有効活用できるコーナーシェルフの「テレビ台」を利用する手もあります。

1つで2役!「収納付きデスク」

勤務先がテレワークを採用したという方は、仕事に集中できるように部屋にデスクを設置しようと検討しているのではないでしょうか。

そのような場合には、デスクとしても収納としても活用できる「収納付きデスク」をおすすめします。1つで2役の機能を備えているので、家具を複数置くことなく収納を増やせるため、狭い部屋に最適です。

また、こちらの「収納付きデスク」のように、デスクの上部だけではなく、足元にも収納を設ける工夫がされた大収納のデスクもあります。特に女性なら、デスクとドレッサーが兼ねられるので、より快適に生活できるでしょう。

このように、収納がたくさん付いたデスクであれば、コスメの収納にも困りませんね。

窓周りをスッキリ!「ロールスクリーン」

窓にはカーテンを取り付けるという方も多いかもしれませんが、狭い部屋には「ロールスクリーン」がおすすめです。ロールスクリーンを使えば窓周りをスッキリとした印象にすることができます。

ロールスクリーンは、カーテンと異なりヒダがないシンプルな見た目なので、狭い部屋をスッキリみせてくれるのです。明るいカラーを選べば、より部屋が広くみえます。もちろん窓だけではなく、浴室やキッチン、オープンシェルフなどの目隠しなどに使ってみるのも良いでしょう。

遮光性や防水性などの機能性に優れたロールスクリーンもありますよ。

クローゼットの収納力UP!「省スペースハンガー」

「クローゼットやラックが洋服でパンパンだけれど、新たに収納を作って狭い部屋がさらに狭くなるのは避けたい」、と考えている方には「省スペースハンガー」が役に立ちます。

省スペースハンガーは、クローゼットのパイプに直接ハンガーを掛けるよりも、より多くの衣類を吊すことができるのものです。収納スペースの大きさを変えずに収納力を上げられる、素晴らしいアイテムといえるでしょう。

さらに、衣類を吊して収納すれば畳みジワなどが生じないので、いつでもシワのないきれいな状態で着ることができます。クローゼットのスペースに合わせて、縦にも横にも自在に使える、丈夫なステンレスの「省スペースハンガー」も試してみてください。

狭い部屋におすすめの家電

家具は大きなスペースを占めますが、家電も用途ごとにそろえていくと、広い設置スペースが必要です。ここからは、狭い部屋にうってつけのおすすめ家電を紹介します。

お部屋のおしゃれ度もアップ!「スリムランプ」

狭い部屋を広くみせる工夫の1つとして、間接照明を紹介しました。しかし、間接照明を置くためのスペースが必要になるので、設置をためらう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらの「スリムランプ」なら狭い部屋でも場所をとらず、おしゃれな部屋を演出してくれますよ。

 テレビをなくしてスッキリ「プロジェクター」

テレビの多くは黒いフレームが採用されていて、さらに黒い画面なので、部屋の中でも存在感がありますね。しかし、狭い部屋を広くみせる工夫の1つは、明るい色を用いることでした。テレビを見る以上は、この黒い家電を狭い部屋に置いておかなければいけないのでしょうか。

そのような悩みを解決するのが「プロジェクター」です。プロジェクターなら、壁に映像を映し出すことができるので、大きな黒い画面ともサヨナラ、スッキリとしたお部屋に変えることができます。

壁だけではなく、天井に映し出すことができる「プロジェクター」もあります。これならば、壁に大きなスペースを取れなくても、天井で映像を見ることが可能です。寝転がりながら映像を楽しめるので、暮らしがワンランクアップしますね。

いつか広い部屋に住みたい!お金を貯める工夫は?

さまざまな工夫で、狭い部屋を広くみせることに成功したとしても、将来的にはもっと広い部屋に住みたいと考えている方が多いと思います。そのためには、敷金や礼金、もしくは購入資金が必要なので、しっかりお金を貯めなくてはなりません。

貯金をしていくには、節約するなどの生活の工夫や意志の力が必要です。それはとても難しいことのように感じます。しかし、今はアプリを使って計画的かつ簡単に貯金をすることが可能な時代です。

そのうえ、計画的なだけではなく、楽しく貯金ができるように工夫されているアプリがあります。その名も、自動貯金アプリfinbee(フィンビー)です。

finbee(フィンビー)は、「ウォーキングを1,000歩したら500円貯金する」というようなルールを設定したり、「5万円貯めてみんなで旅行しよう」などと仲間と一緒に励まし合いながら貯金をしたりと、楽しみながら貯金ができます。

「広い部屋に住むための敷金70,000円と礼金70,000円を貯める」など、目標設定を工夫すれば、広い部屋に住むまでの過程も楽しめることでしょう。

楽しく貯金する

まとめ

狭い部屋を広くみせるための工夫、たくさんありましたね。貯金をして広い部屋に住んだ場合でも、この工夫をしてみれば、広さをより感じながら暮らすことができるでしょう。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える