夢と目標の違いとは?やりたいことを叶えるために知っておきたいポイント

学び

夢と目標の違いとは?やりたいことを叶えるために知っておきたいポイント

学び

夢や目標をもつことは人生にやりがいができ、困難に打ち勝つことができ、また生きるうえでの方向性が決まるでしょう。

今夢がある人も、これから考えていこうと思っている人も、それを叶えるためにはステップが必要です。どのような手順を踏めば夢に近づくことができるのか、この記事ではご紹介していきます。

「夢」と「目標」について

そもそも「夢」と「目標」とはどのようなものなのでしょうか。改めてその意味、そしてその違いについて考えていきましょう。

夢と目標の違い

夢と目標の2つは混同しがちですが、そもそもの意味が異なります。

辞書で調べてみると、夢は「将来実現させたいと思っている事柄」であったり、「現実から離れた空想や楽しい考え」という意味です。イメージとしては少しおぼろげで、「こうなったらいいな」と考えるとわかりやすいでしょう。

目標を辞書で調べてみると、「そこに行き着くように、また、そこから外れないように目印とするもの」や「行動を進めるにあたって、実現・達成を目指す水準」とあります。どこを目指すのか明確であるため、次に自分がうつすべき行動がわかりやすい、というのが特徴です。

夢を目標に落とし込むメリット

おぼろげな夢を達成するためにはどうしたらよいのでしょうか。それは、夢へのステップを1つずつ目標に落とし込むことです。

そうすると漠然としていて、達成のために何を行動したらよいかわからなかったのものが、1つずつ目標を達成することで1歩ずつ、夢へと近づくことにつながります。

夢を目標に落とし込むステップ

夢を目標に落とし込むためには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか。

自分の叶えたい夢を考える

まず自分の叶えたい夢について考えてみましょう。そして、その夢は本当に叶えたいものなのか改めて考えてみることが大切です。

せっかく夢があったとしても、本人にやる気がなければ意味がありません。逆に、やる気があるのであれば、壮大なものであったとしてもかまわないのです。夢を叶えるためであれば、どのようなことでもわくわくします。だからこそ、精神的な疲れは感じにくいはずです。逆に、精神的な疲れを感じてしまうのであれば、今一度それを本当に叶えたいと思っているのか自分自身に問う必要があるでしょう。

また、なぜその夢を叶えたいのかと考えてみることも大切です。夢を叶えることは簡単なことではなく、時間がかかるでしょう。時には心が折れそうになることもあるかもしれません。そのようなときに「なぜ」という原点を思い出すことで、初心にかえることができ、自らを奮い立たせることができるでしょう。

夢を叶えるために必要なことを洗い出す

2つ目のステップは、夢を叶えるために必要なことを洗い出すことです。例えば、「マイカーを購入したい」のであれば「〇万円貯める」、「将来こんな仕事がしたい」のであれば「〇〇の資格を取得する」といった具合です。必要なことが明確になったら、それを手帳や携帯のメモなどで記録しておくのもよいでしょう。もしくは、紙に書いて目のつくところに貼っておくのもおすすめです。

必要なことをいつでも気にとめておくことで意識や行動が変わり、夢へと1歩ずつ近づくきっかけとなるでしょう。

小さな目標に落とし込む

3つ目のステップは、その目標をたてるときに小さな目標に落とし込むことです。例えば、車を買うためには節約が一番ですが、そのためには何をすればよいのかを考えます。「毎日お弁当を作る」「外食は月に1回まで」など、実現可能な小さな目標をたてましょう。

振り返りを行う

4つ目のステップは、常に振り返りを行うことです。まずは、目標を達成できたのか、できなかったかを確認しましょう。

そして、達成できなかった場合は、できなかった原因の確認が必要です。上記でご紹介したお弁当の例でいえば、毎日が難しければ週3日にする、冷凍食品を活用する、おにぎりだけ持参するなど難易度を落とすのもよいでしょう。朝寝坊してしまって作るのが難しい場合は、夜に寝る時間を調整したり、夜にあらかじめ用意してしまうというのも手です。

振り返りを行うことで、できなかった原因が明確になり、軌道修正をすることが可能になります。どんなに小さな目標でも必ず振り返りを行い、適宜改善していくことで、1歩ずつ達成することにつながるでしょう。

夢を目標に落とし込むときのポイント

つぎに夢を目標に落とし込むときのポイントをご紹介します。

目標の期限を決める

1つ目のポイントは、目標の期限を決めることです。時間は有限であり、漠然とした目標ではいつまでも達成できません。着実に近づくためにも目標の期限を決めましょう。

例えば、車を買いたい場合に〇万円貯めるのであれば、「何日までに貯める」という期限を明確にします。すると、毎月これぐらい貯金して、ボーナスではこれぐらい、そしてその金額を捻出するためにどのように節約すればよいのかなど、具体的な行動が明確になります。

そして、今日何をするべきかが明確になることで目標へと近づき、その目標のクリアが夢への1歩となるのです。

目標は数字で決める

2つ目のポイントは、目標は数字で決めることです。

例えば資格をとるために参考書に取り組もうと思った際に、「参考書をがんばる」というのと「〇月〇日までに参考書を〇〇ページ終わらせる」と、具体的に数字を決めるのとでは大きな違いがあります。

目標を定めることの最も重要な狙いは、具体的に今何をすべきか明確にすることです。そのためにも目標は必ず数字で決めましょう。達成できる人には必ずその目標に数字が入っているのが特徴です。

目標を定める際に大切な数字には、下記の3つがあります。

  • 日付
  • お金
  • 目標となる数字

この3つの数字が自分の目標には入っているか、改めて確認してみましょう。

達成可能な範囲で設定する

3つ目のポイントは、達成可能な範囲で目標を設定することです。無理な目標を設定しても目標を達成することはできません。

目標の難易度が高すぎる場合、モチベーションが下がってしまう原因にもなるため、達成できないことが続く場合には、その目標の難易度についても改めて考え、再設定するのもありでしょう。スモールステップでもよいので、1歩ずつ進めるように振り返りを行い、目標の設定をしていくのが大切です。

夢を実現するための考え方

ここまで夢を実現するために目標に落とし込む、という具体的な方法をご紹介しました。

ただし、夢を実現するためには、自分のモチベーションをあげながら目標達成を積み重ね、愚直に努力し続けることが要となるでしょう。そこで、夢を実現するための考え方についてご紹介します。

現実を受け入れる

夢を持つことはすばらしいことです。しかし、現実との区別がつかなくなり、日常生活に支障をきたすようでは困ります。現実を正しく受け入れることは大切なことです。

人は平等ではなく、お金持ちの家に生まれる人もいれば、貧しい家に生まれる人もいます。生まれつき歌がうまい人、絵がうまい人、足が速い人など、人それぞれ得意不得意もあるでしょう。そのような現実をまずは受け入れることが大切です。

そして、その現実を受け入れたうえで、自分の得意なことをのばせるような目標や、自分の環境を鑑みたうえで、自分にできる最善策を考えることが夢への一番の近道といえるでしょう。

楽しむ気持ちを忘れない

夢の達成は一朝一夕ではいかず、ときにきつい状況になることもあるでしょう。例えば、芸能人の過去のエピソードなどがイメージしやすいのではないでしょうか。芸能人になりたいという夢を抱いたものの、若いころは全く売れずにアルバイトで貧乏生活をしていた、というような話しです。

しかし、そのような苦労をした話も、夢を達成したあとには楽しかった思い出になります。挑戦することの楽しさは達成してからでは味わえず、今だからこそ味わえる楽しさといえるでしょう。

きつい状況を楽しめる人のほうが精神が安定し、それが夢を実現するための努力を継続して行うことにつながります。そして、結果として夢を達成できる可能性が高まるのです。

他人と比べない

何より大切なことが他人と比べないということです。同じ夢を持っている人同士、切磋琢磨するのは悪いことではありません。少し先に進んでいる仲間を尊敬するのはとても良いことです。しかし、相手をねたんだり、「自分なんか」と自分をさげすんだりすることは無意味であり、時間の無駄です。

そのような状況になったらまず、その人にあって自分にないものは何なのかを探してください。そして、それは自分の努力でカバーできるものであるのかを考えてみましょう。それが努力でカバーできないのであれば、その人になくて、自分にあるものをもう一度考えてみてください。

人にはそれぞれ得意不得意があり、同じ人間は1人としていません。だからこそ、達成する夢の形に違いがあって当然です。自分のベストをつくすことが何より大切なことです。夢を実現する人は他人とは比べず、過去の自分と比べています。

こうして常に自分の成長に重点をおき、自分をアップデートしていくことが大切です。

夢の実現をサポート「finbee(フィンビー)」

夢を実現するためにはお金が必要になることも多いでしょう。学校に通ったり、機材を買ったり、あるいは時間を捻出するために仕事を辞めたり、ということもあるかもしれません。

そのような場合でもお金をきちんと貯めていれば安心です。そのためにも目標額と期日を決めて、日頃から計画的に貯金をすることが重要なのではないでしょうか。最後に、目標額と期日を決めて楽しみながら貯金ができる、おすすめのアプリfinbee(フィンビー)をご紹介します。

finbee(フィンビー)は、日常生活を送りながらいつの間にか貯金ができるアプリです。貯金をするときに以下のような悩みがある人も多いでしょう。

  • 貯金をしたことを忘れてしまう
  • 月のお金が余ったら貯金をしようと思っても余らない
  • 貯金をするためにがまんをすることがストレスになる
  • 毎月決まった額を貯金できない
  • 飲み会を断れない

finbee(フィンビー)であれば、節約のために我慢をする必要はありません

まずはじめに、finbee(フィンビー)で目標を設定します。例えば、夢を実現するための目標であれば下記のようなものがあるでしょう。

  • 資格の学校に行くために〇〇円貯める
  • マイホームを購入するときの頭金にするために〇〇円貯める
  • 卒業旅行に行くのに〇〇円貯める

finbee(フィンビー)では夫婦やカップル、友人と一緒に目標を設定して貯金をしていくことも可能です。そのため、上記の例でいえばマイホームならご夫婦で一緒に貯金をしたり、卒業旅行であれば友人と一緒に貯金をするのもよいでしょう。お互いの貯金額をアプリ内で確認することができるため、励ましあいながら貯金をすることができます。

また、finbee(フィンビー)の1番の特徴として、日常生活を送りながらいつの間にか貯金ができる下記のような仕組みがあります。

チェックイン貯金
「会社に行ったら100円」「スーパーに買い物に行ったら100円」など、自分のよく行く任意の場所を設定することで貯金をしていく仕組み

クエスト貯金
毎日替わるお題をクリアしたら貯金されていく仕組み

マイル―ル貯金
「お弁当を持参したら500円」「カフェを我慢できたら500円」「ジムに行って運動したら300円」など、自分が設定したマイル―ルを達成できたら貯金されていく仕組み

歩数貯金
「5,000歩クリアで500円」「10,000歩クリアしたら1,000円」など、歩いた歩数に応じて貯金されていく仕組み

また、finbee(フィンビー)にはキープ機能という機能があります。これは、ECサイト内の欲しいものリストを一括管理できる機能です。資格のための本や、夢を実現させるための機材など、このリストに入れておくことで、よりモチベーションを保って貯金をすることができるでしょう。

その他の機能としてfinbee(フィンビー)では貯金額に応じて0.1%のポイントが付きます。貯まったポイントはアマゾンギフト券と交換できるので、自分で貯金するよりもお得に貯金できるのもポイントです。

夢のために貯金を始める

まとめ

夢を抱き、達成するために小さな目標をたてて愚直に努力することはすばらしいことです。ただし、夢を実現するためには、お金がとても重要です。何かを成し遂げたいと思ったときに、まとまった額の貯金があれば安心して挑むことができます。

日頃からfinbee(フィンビー)のような便利なアプリを活用してコツコツ貯めることで、ストレスなく貯金をすることができますよ。ぜひこの記事を参考に、夢を実現してくださいね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える