上手な時間の使い方でお金が貯まる?時間を有効活用するための8つのヒント

学び

上手な時間の使い方でお金が貯まる?時間を有効活用するための8つのヒント

学び

皆さん、年末年始はどのように過ごされましたか?

今回の年末年始は普段と違って自由に旅行や帰省もしにくく、自宅でゆっくり過ごされた方も多いのではないでしょうか。

また、昨年一年は新型コロナの影響でテレワークや在宅勤務が増え、自宅で過ごす時間が増えた方や、自分の時間が増えたという方もいるのではないかと思います。

年末年始にひと休みできたところで、今回のコラムでは時間の使い方について考えてみましょう。

上手な時間の使い方できていますか?

 

皆さんは今、ご自身で上手な時間の使い方ができていると思いますか。

年始はどうしても正月気分が抜けず、仕事のペースを取り戻しにくかったり、家にいてもだらだらと過ごしてしまったりと、時間の使い方が難しい時期です。

新年早々なかなか良いスタートを切れないという方もいるかもしれません。

しかし、時間は誰にでも平等で、一日24時間と決まっています

この限られた時間の使い方を生かすのも無駄にするのも自分次第なのです。

始まったばかりの2021年、上手な時間の使い方ができているかを考えてみてください。

「時は金なり」という言葉がありますが、実は時間とお金には切っても切れない関係があります。

貯金が得意な人やお金に好かれる人は「〇〇年までに〇〇円貯蓄したい」というように、具体的な目標設定を行ってお金の使い方や貯め方を管理しています。

目標を設定すると、そのために5年後にいくら、10年後にいくら貯めるといった中期的な目標も立てやすくなります。

中期的な目標が決まると、毎日のお金の使い方にルールを決めることができるのでお金を貯めやすいのです。

皆さんもぜひ、上手な時間の使い方を意識して、良い一年となるよう行動していきましょう。

上手な時間の使い方ヒント8つ

上手な時間の使い方をしたいと思っていても、なかなか実行するのは難しいですよね。

「毎日の仕事が忙しくて夜は遅いし、休みの日は疲労回復で一日潰れてしまう」という方や、「休日は趣味で充実していて、気づいたらもう月曜」という方もいるでしょう。

はたまた、「起きたらもうお昼だった……」なんて方もいるかもしれません。

そんな方々に、今すぐできる上手な時間の使い方のヒントを8つご紹介します。

時間を先取りする

仕事でもプライベートでも、ちょっと面倒な案件は後回しにしてしまうという方はいませんか。

時間の使い方を工夫するには、そういった「ちょっと面倒な物事」こそ早めにやっておくのが吉です。

何かの資格の勉強だったり、最近サボっていた運動だったり、やり残した掃除だったり。

いつかやろうと思いつつなかなか手がつけられていないことは、先に日時や期限を決めて取り組むのが秘訣です。

具体的には、「明日は〇〇ページまで勉強する」や「明日は20分筋トレする」など、日々のスケジュールに組み込んでしまうといいでしょう。

また、先に資格試験に申し込んだり、スポーツ大会にエントリーしたりと、自分を追い込んでみてもいいかもしれません。

スキマ時間を有効活用する

通勤時間や人との待ち合わせ時間、皆さんはどうやって過ごしていますか。

電車の中を見渡すとスマホに夢中になっている人も多いと思いますが、こうしたスキマ時間の使い方で大きな差がつきます。

受験生時代、スキマ時間を見つけては単語帳を眺めた経験はありませんか。

気分転換にゲームをしたりネットニュースをチェックするのも良いですが、「この駅から会社の最寄り駅までは勉強する」「帰りの電車はスマホの代わりに読書する」というようにマイルールを設けてみるのはいかがでしょう。

ほんの5分のスキマ時間でも、一日数回を毎日続ければ相当な時間数になります。

ちょっとした時間の使い方に対する意識で変わるのです。

ついつい見てしまうスマホを一旦しまって、何か有益なことに費やす習慣をつけてみましょう。

物事に優先順位をつける

仕事のできる人は、自分がやらなければならないことに優先順位をつけ、優先度が高いものからこなしていきます。

やらなければならないことから順に行うことで、重要な仕事をやり残すこともなくなり、ミスも減り、時間の使い方の見直しができます。

逆に、ただ闇雲に目の前の仕事をこなしていくだけでは、何が大事なのかわからなくなったり、同じ作業を繰り返してしまったり、結果期日に間に合わなくなったりということもありえます。

まずはやらなければならないことを書き出し、優先順位を付けるという時間の使い方をしてみましょう。

何かやりたいことや夢がある場合も同様です。

自分の目標に対してやるべきことを書き並べて優先順位をつけ、一つ一つこなすことで目標に着実に近づいていきます。

たとえば、「〇〇年までに〇〇円貯金する」という目標を立てたら、「ランチ代を節約する」「会社で成績を上げて給料アップ」など目標達成のためにやるべきことを並べ、時間の使い方を考えながら優先度順にこなしていきましょう。

しっかりスケジュールを立てる

物事に優先順位をつけたら、それに従いスケジュールを立てることも時間の使い方をよりよくするコツです。

ただし、自分のキャパシティを超えた無謀なスケジュールでは途中で挫折しかねません。

現在の状況や自分の能力を考慮し、無理なくこなしていけるスケジュールを立てて計画的に行動しましょう。

理想的な計画が立てられたとしても、その通りに遂行できなければ意味がありません。大前提として、立てたスケジュールからの遅刻は絶対にしないように意識することが大切です。

お金の貯まる人というのは、滅多に遅刻しません。時間の使い方がお金の使い方に直結しているからです。

例えば、電車に乗り遅れてタクシーを使ってしまうことはありませんか。

朝バタバタして家を出たらその日は雨で、コンビニで傘を買ってしまうことはありませんか。

そうした無駄な出費を減らすためにも、また相手からの信頼を損なわないためにも、遅刻には十分気をつけましょう。

万が一遅れてしまう場合は、遅刻するとわかった時点で相手に連絡したり、スケジュールを修正したりするなど、臨機応変に対応することが大切です。

貯金でも同様で、予想外の出費があった月は計画を見直し、しっかり軌道修正することが大事です。

スケジュール通りにできなかったからと投げ出さず、やりたいことや目標達成のために立て直しを図りましょう。

決断はスピーディーに

時間の使い方が上手な人は、決断がはやいものです。

カフェに行って甘いもののメニューを見ながら、どれにしようと考える時間も楽しいですよね。しかし、仕事などスピード感が求められる場面では決断力が大事です。

考えたり待っている間に、時機を逃してしまう可能性もあります。

例えば、あるプロジェクトに応募しようか迷っているうちに他の人に決まってしまうことがあるかもしれません。

「考えてから」ではなく、考えながら行動できれば、決断までの時間短縮につながります。

ただし、焦りは禁物です。

早く決めなければと焦って判断を誤ってしまうこともあるので、時間の使い方は考えつつ、その点は注意してくださいね。

マルチタスクを行う

マルチタスクとは、複数の作業を同時に行うことをいいます。

テレビを見ながらストレッチをする、書類を印刷している間に別の作業をする、移動中に英語のニュースを聞くなど、同時にできることはたくさんあります。

マルチタスクを行うことで、時間の使い方を効率化しながら物事を進めることができます。

ただし、中には非効率になってしまうマルチタスクもあります。

たとえば、映画を観ながら勉強、英会話を聞きながら読書、といった双方に集中できない場合は、かえって逆効果なので避けましょう。

時短を惜しまない

最近は、家事代行サービスやスマート家電、ロボット掃除機、時短調理家電など、時短につながるサービスやモノも増えてきました。

まさに、「お金で時間を買う」時代です。

家事代行サービスで普段できない掃除をプロにお願いしたり、外出先から操作できる洗濯機で帰宅時には洗濯を終わらせておいたりすることができます。

食材を入れてスイッチを押せば調理してくれる家電を使用するのも、わざわざリモコンを探さなくていいように声で操作できる家電を使用する、というのも賢い時間の使い方です。

家事の時間を家族との時間や勉強など、他のことに使うことができます。

時短となると、なんとなく手抜きのイメージがあったり罪悪感を感じてしまう人もいるかと思いますが、空いた時間で習い事を始めたり、勉強する時間を作ったり、今までできなかったことに挑戦するきっかけにもなります。

最先端の技術やサービスを使って時間の使い方を見直し、新しいことにトライしてみてはいかがでしょうか。

SNSはダラダラ開かない

特に用事がなくてもついつい時間を忘れて見てしまうのがSNSの怖いところです。

SNSに何時間もかけるのは目にも悪く、頭や首、肩も疲れてしまいます。

「30分見たら掃除をする」「メッセージに返信したら閉じる」というようにマイルールを決めて見るようにしましょう。

スマホもSNSも便利ではありますが、時間の使い方には注意が必要です。

また、寝る前のスマホ操作は睡眠にも悪影響です。

就寝前の30分間は通知をオフにしたり、睡眠モードを活用したりと、スマホ時間の使い方を見直し、寝る前の時間はなるべく触らないようにしましょう。

お金を貯めるのが得意な人は、ダラダラとSNSを眺めるということはしないそうです。

それをすることが今の自分に本当に必要か、他にしなければならないことは何か、時間の使い方を都度考えてみると良いでしょう。

時間の使い方を見直してみましょう

今まで見てきたように、時間とお金には密接な関係があり、それぞれの使い方のコツにも共通点があります。

時間を有効に使うことは、貯金のチャンスでもあるのです。

時間もお金もただただ使うのではなく、スケジュールを立てて計画的に使うようにしましょう。

時間の使い方と合わせてお金の使い方も見直してみると良いですよ。

しかし、やりたいことや欲しいものがあって、時間もお金も計画的に使うことが大事とわかっていても、自分一人ではなかなか難しい……。

そんな方におすすめなのがfinbee(フィンビー)です。

finbee(フィンビー)はやりたいこと・ほしいものに向かって楽しく、カンタンにお金を貯めていくことができる自動貯金アプリです。

「新しいバッグのために3万円」、「海外旅行に行くために30万円」など、目的ごとに目標額と期日を決めたら、あとは毎日の生活で自然と貯金することができます。

また、毎日自動で「つみたて貯金」など、貯金のルールもいろいろ選択できるので、ライフスタイルにあったお金の貯め方を選ぶこともできます。

自分に甘くなってしまって貯金できないという方には、夫婦や友達と一緒に貯金できるモードもあります。

「次の旅行に向けて」「結婚式のために」など、同じ目的に向かって一緒に貯金ができますよ。

気軽に貯金をはじめたい

まとめ

新年、何も目標を立てずに日々を過ごすことほどもったいないことはありません。

大事なのは時間の使い方です。

ぜひこの機会にアプリを活用し、やりたいこと・ほしいもののためにお金や時間の使い方を変えていきましょう。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える