趣味を仕事にするのは良いこと?メリット・デメリットや心構えを解説

学び

趣味を仕事にするのは良いこと?メリット・デメリットや心構えを解説

学び

「趣味を仕事にできたら、毎日楽しいだろうな。」 

そう思う人は少なくないのではないでしょうか。確かに、自分の好きな趣味で安定した収入を得ることができたら、充実した毎日を過ごせそうです。

反面、趣味を仕事にすることは難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。実は、しっかりと手順を踏んで進めていけば実現の可能性はグッと上がります。ただし、情報収集を充分に行い、メリットとデメリットを把握することや、仕事を開始するための入念な下準備が重要です。

ここでは、趣味を仕事にするためのメリットやデメリットに加え、必要な心構えについてお伝えします。

趣味を仕事にすることはできるのか?

「趣味を仕事にしたい!」と思っている人は沢山います。しかし、なかなかその一歩を踏み出せない方も多いのが現状です。その理由は、「趣味を仕事にすることはできるのか?」という不安があるからではないでしょうか。

趣味を仕事にすることはできます。ただし、どんな趣味でも仕事にできるとは限りません。趣味を仕事にできるかどうかを見極めるポイントは、どんな趣味がどのくらい好きなのかという点です。

例えば、読書が好きな人を例に挙げてみましょう。

  • 特定の作家の作品のみを深く読み込むことが好き
  • 特定のジャンルでさまざまな作家の作品を広く読むのが好き
  • ジャンルを問わず本を読むこと自体が好き

「読書が趣味」の中にもさまざまな「好き」があります。

書籍関係の仕事といえば、本屋の経営や出版社への就職などが上げられますが、趣味を仕事にするのであれば自分好みの本ばかりを読むわけにはいきません。「読む」という行為以外の業務も当然のことながらありますので、理想の業務内容でなかった場合、仕事が辛くなることもあり得ます。

反対に、「好きなことができるからこそ『読む』以外の業務も頑張れる」とやりがいをもって仕事に取り組める人もいるでしょう。

趣味を仕事にすることは可能ですが、趣味以外の業務にも取り組めるほどその趣味が好きかどうかがポイントです。

趣味を仕事にするメリットとは?

次に、趣味を仕事にするメリットについて考えてみましょう。

やりがいを感じやすい

趣味を仕事にするメリットの1つとして「やりがい」を感じやすい点があげられます。

やりがいとは、物事に対する充足感や手ごたえ、張り合いなどのことです。仕事にあてる時間は1日の3分の1以上を占めますので、それだけ長い時間趣味に関われるだけで、充足感で満たされる人もいるのではないでしょうか。

また、熱心に仕事に取り組むことで手ごたえを得ることもありますので、趣味を仕事にするとやりがいを感じやすいでしょう。

スキルアップしやすい

趣味に没頭すればするほど趣味を極めたいと思うものなので、趣味を仕事にすることはスキルアップにつながりやすいと言えます。好きなことだからこそ、意欲的に業務に取り組み、資格取得を目指した結果、自然とスキルアップする可能性は充分にあるでしょう。

また、ちょっとしたトラブルや困難に見舞われた際も、諦めることなく行動できるのではないでしょうか。

趣味を仕事にすると、モチベーションが高い状態で仕事に取り組むことができるので、趣味自体のスキルアップだけではなく、トラブルの解決方法などビジネスマンとしてのスキルアップも期待できます。

クオリティの高い仕事ができる

趣味で得た知識と仕事で身につけた知見は、仕事のクオリティに大きく影響します。調べたり考えたりすることが必要な作業も趣味だからこそ苦にならず、むしろ楽しむことができるのではないでしょうか。

こだわりを持って手掛けた仕事は自分にとっても満足度が高く、顧客やクライアントからも評価される可能性が高いものです。趣味を仕事にすると、楽しみながらクオリティの高い仕事ができるでしょう。

自信がつく

趣味を仕事にすることで、仕事に対して自信が持てるようになります。好きな趣味だからこそ積極的に仕事に取り組むことができ、その結果、同僚や上司から仕事への姿勢を評価され、成果をあげることもあるでしょう。そして、仕事での評価や成果は自信につながります。

仕事に対して自信をつけることで、仕事のパフォーマンス向上が期待出来、さらに評価や成果をあげやすいという好循環も期待できます。

長時間の仕事も苦痛に感じにくい

好きな趣味に没頭していると、いつの間にか時間が経っていることはありませんか。親しい友人との食事会は時間の経過を早く感じますし、寝る前に読み始めた漫画がやめられず、夜更かししてしまったということもあるでしょう。

楽しい時間はあっという間に過ぎていくものです。長時間の仕事も「楽しい時間」が増えることで時間の経過が気にならなくなり、苦痛を感じる瞬間が少なくなるでしょう。

要注意!趣味を仕事にするデメリット

趣味を仕事にすることはメリットばかりではありません。デメリットについても考えてみましょう。

趣味に飽きてしまう可能性がある

趣味を仕事にすることで、趣味に飽きてしまう可能性があります。飽きてしまう原因の1つに、自身の成長が実感できない点があげられます。

始めたばかりの趣味はできないことの方が多く、些細なことでもできるようになるだけで達成感を味わうことができます。しかし、趣味を仕事にすると、プライベートの時間に行う趣味に比べてスキルアップの頻度が高いので、最初は楽しく取り組めますが、だんだんと日々の成長が感じにくくなるかもしれません。

成長するために挑戦し続けることが、趣味に飽きないためのポイントでしょう。

理想と現実にジレンマを感じる

好きなことだからこそ、完璧な仕事を目指したいと思うものです。しかし、仕事である以上、予算や納期が決まっていますので、必ずしも自分が理想とする完成度を目指せるとは限りません。

趣味であれば、自分が思うようにこだわりをもつことができますし、時間や費用も自由に決められます。仕事では趣味に比べると自由度が低くなりやすいので、理想と現実にジレンマを感じることがあるでしょう。

仕事とプライベートが混同してしまう

趣味を仕事にすることで、仕事とプライベートが混同してしまう恐れがあります。休日に趣味を楽しんでいるつもりでも「仕事をしている感覚」になってしまい、義務感や責任感を持ちながら趣味をすることも考えられます。仕事の感覚を持ちながら休日に趣味を楽しむことのデメリットは、充分にリフレッシュできない恐れがあることです。

休日のリフレッシュによって日頃の疲れやストレスが解消されて、働く意欲やパフォーマンスが高まります。しかし、趣味を仕事にすることは仕事とプライベートが混同しやすく、仕事のパフォーマンスにも影響する可能性があるので注意が必要です。

趣味を仕事にするときの心構え

ここでは趣味を仕事にするときの心構えについて見ていきましょう。

携わる仕事が全部好きなこととは限らない

会社員として働く場合も、フリーランスとして働く場合も、携わる仕事が全部好きなこととは限りません。事務業務や営業活動など、得意ではない業務をしなければならないことも十分にありえますので、趣味を仕事にする前にどんな業務があるのか情報収集することが大切です。

また、自分の好きなことだけを自分の思い通りに進めることが難しい点も、趣味を仕事にする時の注意点です。自分の考えと会社の考えが異なることもありますし、フリーランスとして活動した場合も、自分の価値観と世間の価値観が異なり、ニーズに合わないことは十分にあり得ます。

仕事である以上、自己満足ではなく顧客やクライアントの考えや価値観を優先しなければなりません。顧客やクライアントのニーズに寄り添った商品やサービスなどを提供することで、業績の維持・向上が望めますので、好きなことだけを自由にできるわけではないことは念頭に置いておく必要があります。

「好き」の理由を明確にする

趣味が「好き」な理由を明確にすることは、商品やサービスのどういった点が役に立つのかを明確にすることにつながります。商品やサービスの魅力は、この「好きレベル」が高いほど相手に伝わりやすくなります。

プライベートで友人に自分の趣味の魅力を伝えるために、たくさんの言葉を使っていろいろな角度からその魅力を伝えた経験はありませんか。仕事でも同じことが言えます。

「好き」の熱量が高いと言葉を駆使して魅力を伝えようと努力するため、より一層相手の心に響きやすくなります。「好き」の理由を明確にすることは、趣味を仕事にするためのヒントや具体的なセールスポイントが見えてくるだけでなく、相手の心を動かす原動力になり得ますので、自分の中の「好き」を明確にすることはとても重要なことでしょう。

趣味に関するスキルを見つめ直そう

好きだけど「得意じゃない」「うまくはできない」というレベルの趣味であると、仕事にすることが難しいかもしれません。「得意じゃない」「うまくはできない」仕事は、続けること自体が難しくなりやすく、例え趣味だとしても仕事を辞めたくなってしまうことは充分に考えられます。

一方、ある程度のスキルを持っていた方が仕事のパフォーマンスも高まりやすいですし、結果も出しやすいでしょう。趣味を仕事にするからには、ある程度のスキルを身につけておくことも、続けるために大切な心構えといえます。

どんな職業があるかチェックする

趣味を仕事にすることを考えるのであれば、どんな職業があるのかをチェックすることも大切です。自分の趣味のスキルを活かした仕事はどんなものがあるのか情報収集しましょう。

関連企業のオフィシャルサイトを見るだけではなく、ブログやSNSでリサーチすることも1つの方法なので、企業やフリーランスの仕事内容をチェックして、趣味を収入に変えるためのさまざまな方法を勉強しましょう。やり方1つで家族や友人から反対されることなく、趣味を仕事にすることができるかもしれません。

例えば、趣味を仕事にする方法の1つに、副業として始める方法があります。「今の仕事を辞めて趣味を仕事にする!」というと反対されることもあるでしょう。

しかし、今の仕事を辞めずに副業として始めるのであれば、趣味の延長のように捉えられるので反対されることは少ないはずです。趣味を仕事にすることに反対される可能性があるのであれば、まずは趣味を副業にしている人の情報を集め、成功している人を真似することで実現する可能性は高まります。

趣味を仕事にするためには、どんな職業があるのかをチェックし、家族や友人に反対されずに始められる方法を模索することも大切なことです。

趣味を極めるあなたにおすすめ!貯金アプリ「finbee(フィンビー)」

「趣味を仕事に」と考えているのであれば、趣味をある程度のレベルまで極めておくことも大切です。例えば、資格取得を目標に書籍などで勉強することで、趣味についてより深く理解することは、趣味を仕事にするためにも重要なことです。

しかし、そのためにはまとまった資金が必要になることもあるでしょう。趣味を極めるために行動することは大切なことですが、そのための資金を準備することも大切なことです。

そこでおすすめしたい貯金アプリがfinbee(フィンビー)です。finbee(フィンビー)は、やりたいことや欲しいものに向かって楽しく簡単にお金を貯められる自動貯金アプリで、貯金が苦手で趣味を極められないと悩んでいる方にこそ利用してもらいたいアプリです。

給料が入ると気持ちが大きくなって使いすぎてしまい、気が付いたら趣味を極めるための資金がなくなっている、という人もいるのではないでしょうか。そのような方はいつもの生活の中で自動的に貯金できるシステムを作り、いつの間にか貯金ができているfinbee(フィンビー)を試してみてください。

finbee(フィンビー)は「お弁当を作ったら300円貯金」「ウォーキング1000歩で500円貯金」などのルールを決めるだけで簡単に貯金ができます。さらに、貯金額に対して0.1%のポイントが付与され、Amazonギフト券に交換できる嬉しい特典もあります。

趣味を仕事にするために資金が必要な方にはおすすめのアプリです。

気軽に貯金を始めたい

まとめ

趣味を仕事にすることでモチベーションを維持できる点や、結果を出しやすい点はメリットといえるでしょう。ただし、趣味を仕事にするデメリットもあるため、心構えや下準備が大切です。

まずは趣味を仕事にできるのかを見極めるために自分のスキルを確認し、スキル不足と感じるのであれば、スキルを磨く努力やスキルアップのための資金を準備することが必要でしょう。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える