やりたいことをやるために必要なこととは?変化を恐れず踏み出そう

学び

やりたいことをやるために必要なこととは?変化を恐れず踏み出そう

学び

皆さんはやりたいと思ったことをやっていますか?

やりたいけど勇気がわかない、また様々な理由がありできていないという人も多いのではないでしょうか。

しかしいつ何が起きるか分からず、自分だけの1回きりの人生です。

それなのにやりたいことをやらずに終わるのはもったいないと感じる人もいるかもしれません。

この記事ではやりたいことをやるためにはどのようにしたら良いのか?

その方法についてご紹介していきます。

やりたいと思っていることがなかなかできない!その理由とは?

ではやりたいと思っていることがあるのに、なぜ人はやりたいことをやることができないのでしょうか。

その理由について3つご紹介していきます。

失敗を怖がる

誰しも失敗は怖いものです。

ただ失敗を怖がるあまり行動をしなければ、やりたいことを始める時の最大のブレーキになってしまいます。

始める前から自分には特別な才能や技術がないから無理だと決めてかかってしまう人もいるでしょう。

ただ努力が実を結ぶということもあります。

何かを初めて失敗をしてしまったとしても、それは成長のための1歩です。

まずは無駄なプライドを捨てることが大切です。

失敗を怖がらずに1歩踏み出すことで、今まで見えなかった世界や可能性を自分に感じることができることもあるでしょう。

〇〇がないからできない

お金がないから、時間がないから、若さがないから等、〇〇がないからやりたいことをできないと考える人もいるでしょう。

ただ、それはやりたいことをやらないことの言い訳にすぎません。

例えば何か会社をやりたいけどお金がない場合にはクラウドファンディング等で寄付を募るという方法もあるでしょう。

時間であれば誰もが1日は24時間で1年は365日と平等です。

また若さがないからと言っても、60歳で新しい会社を始める人もいれば、80歳でYouTuberになる人もいます。

また準備不足だから、準備中のためできないと思う人もいるでしょう。

しかし、何事も準備を完璧にできるということはありません。

1歩踏み出せば準備段階では見えてこない課題が見えてくることもあるでしょう。

そのようなところはやりながら軌道修正すれば良いのです。

このように〇〇がなくてできないというのは言い訳にすぎず、やりたいことをやれなくしているのは実は自分自身の考えにあるということに気付くことが大切でしょう。

実はやりたいと思っていない

やりたいと思っていることが、「やるべき」「やらなければ」と考えていないか考えることも大切です。

例えばキャリアアップのための何か資格を取りたいという場合があるとします。

自身の成長につながるため、やってみたいと自分自身で思うのであれば本当のやりたいことをやってみたいと思う気持ちでしょう。

しかし、周囲からの圧や、みんなが取っているからという理由であれば、これは「やらなければ」という気持ちが動機になっています。

今一度やりたいことをやる時には、自分自身がやりたいと思っているのか、周りからの圧の「やらなければ」なのかを考えてみましょう。

やりたいことができている人は何が違う?

ではやりたいことをやっている人は何が違うのでしょうか。

やりたいことをやっている人の特徴をいくつかご紹介します。

常識や世間体を気にしない

人から見た時にやりたいことをやっている人は、もしかしたら常識からずれていると思われることもあるでしょう。

しかしやりたいことをやっている人は自分の道が見えているため、そのような第三者からの評価を気にしていません。

第三者からの評価を気にしているとやりたいことをやりたい時の弊害になります。

また今までの常識を前提に考えてしまうと、過去の常識で物事を考えてしまうでしょう。

常識や世間体を気にせず、ゴール達成のために今何をすべきかを考え、そのために何が必要でどれぐらいの時間がかかるのかを考えることができるとやりたいことをやれる自分に1歩近づけるでしょう。

フットワークが軽い

やりたいことをやれる人はチャンスを逃さずにゲットします。

自分の直感を信じて行動できる人が多いのです。

そのため仕事が早い人も多く、それが周りの信頼を勝ち取り、信用につながっていきます。

行動が早い人は話も早く、そのような人には続々と良い話が舞い込みます。

フットワークが軽くなければこのようなチャンスを逃してしまうでしょう。

大きな夢や目標があるからこそ、ちょっとした失敗は気にすることなく前に進む強さがあるのです。

やりたいことを仕事にしている

やりたいことを仕事の1つにしてみたらどうかと考えてみるのも手です。

例えば今の自分の趣味を仕事にしてみたらどうかと考えてみるのも良いでしょう。

仕事をするということは利益を得る必要があるということです。

その上で、今自分に足らない能力や技術は何か、どうすればそれはクリアできるかと考える癖ができます。

つまりやりたいことをやっている人はそのように常に考える癖があり、始めの1歩を抵抗感なくまずは1歩踏み出すことのできる人です。

おもしろそうだなと思ったら、時には自分の考えを信じて素直に行動してみることが、やりたいことをやれるヒントかもしれません。

自分の限界を決めない

やりたいことをがやる人は自分の限界を決めない人が多いです。

仕事のやり方や、取り組む姿勢、ペース配分にスピード感などチャンスがめぐってきたら若干の無理をしてもがむしゃらに突き進む人もいます。

その他にはやりたいことをやっている人は無駄な時間を使いません。

付き合いだけのための食事会など進みたいゴールに向かわないような時間を取らない人も多くいます。

やりたいことをやる時間を捻出し、己の道に突き進むことがやりたいことをやるためには必要なのではないでしょうか。

やりたいことをやるために変えるべきコト

ではやりたいことをやるためにどのようなことを変えていったら良いのでしょうか。

失敗を恐れる考えを捨てよう

まず、失敗を恐れる考えを捨てるようにしましょう。

失敗をすることを恐れて、1歩を踏み出せないようではやりたいことをやれません。

他人の目を気にしたり、常識にとらわれていたりしても同じことが言えるでしょう。

やりたいことをやるためにはそれに向けた過程で起こったことは失敗したことも成功したことも全て今後の自分の土台となり、財産となります。

やらないリスク・デメリットを考えよう

つぎにやらないリスクやデメリットについて考えてみましょう。

人生はいつ何が起きるか分かりません。

自分自身が病気になるかもしれないし、親に介護が必要になるかもしれないし、子どもに付きっきりにならなければならない事情ができるかもしれません。

自分の人生は1度しかなく、そのチャンスを逃すともう一生できなくなることもあります。

また物事には何事もポジティブな面とネガティブな面があります。

ネガティブな感情は見方を考えれば学びのチャンスでもあるのです。

ネガティブに考えている気持ちを自分自身で受け入れ、その気持ちはどこからくるのか、理由は何なのか掘り下げて考えてみましょう。

原因が分かるとそのネガティブな気持ちを消すことが出来たり、ポジティブな捉え方ができたりするようになります。

少しずつ挑戦して現状を変えてみよう

やりたいことが見つかったらまずは少しずつ挑戦してみましょう。

何事もやってみなければ始まらず、学ぶこともできません。

やっていく中で自分に何が足らず、何が必要でという課題も見えてくるものです。

やってみたら実は自分には合ってないかもと思うかもしれません。

それもそれで、後の自分にとっての財産となります。

人生の経験の中で無駄なことは何一つありません。

まずは少しずつ挑戦して現状を変えてみて、新たな1歩を踏み出してみましょう。

やりたいことのためにfinbee(フィンビー)で貯金しよう!

やりたいことを始めるためには今やっていることを手放す必要があるかもしれません。

例えば今の仕事をやめて趣味を仕事にと思った場合は一時的に収入が不安定になることもあるでしょう。

お金がない中でやりたいことをやるというのはとても勇気のいることです。

いざチャンスがめぐってきた時にやりたいことをやるためにはそれまでに日々コツコツとお金を貯めていくことが大切でしょう。

しかし貯金をしたくてもつい趣味にお金を費やしてしまったり、日々の暮らしの中でいつの間にか使ってしまったりという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのがfinbee(フィンビー)という貯金アプリを使って毎日コツコツと貯金をすると良いでしょう。

finebee(フィンビー)は利用料無料で、新たに銀行口座を用意する必要もなく楽しく貯金ができる手助けをしてくれるアプリになっています。

利用方法も至って簡単で、アプリをダウンロードしてお金を引き落とす口座と貯金をしていく口座を連携したら設定完了です。

あとは自分が無理をせず、楽しく貯金ができるルールを設定しましょう。

finbee(フィンビー)のユニークな貯金のルールは以下のようなものがあります。

クエスト貯金

ゲーム感覚で楽しく貯金ができるルールです。

「誰かに感謝されるようなことをしよう」

「ワンコインでできるちょっとした贅沢をしよう」

など、日々の暮らしが楽しくなるようなものが365日毎日お題として出されます。

そのお題をクリアしたかを「はい」か「いいえ」で答え、「はい」と答えた場合のみ300円を自動で貯金できる仕組みになっているのです。

マイル―ル貯金

自分に合ったマイルールを自分で設定して、貯金をするルールです。

例えば下記のようなものがあります。

「たばこを1日我慢できたら100円」

「本を1冊読んだら500円」

「お弁当を持参したら500円」

finbee(フィンビー)から振り返るための通知がくるため、その通知で「達成できた」を押した場合のみ、自分で設定した金額が自動で貯金される仕組みになっています。

チェックイン貯金

駅や会社、ジムに公園など自分がよく立ち寄る場所を登録しておくと、そこに行く度に貯金ができる仕組みです。

駅に行ったら300円、会社に行ったら500円など、携帯の位置情報と連動して自動で貯金ができるようになっています。

歩数貯金

5,000歩を歩いたら500円、10,000歩を歩いたら1,000円など歩いた歩数に応じて貯金ができるルールです。

貯金をしながら健康にもなれ、ダイエットもできる仕組みになっています。

つみたて貯金

毎日、毎週、毎月など任意の頻度で決められた額を自動で貯金するルールです。

金額も100円から設定することができます。

家で小銭貯金をしても手元にあることからつい使ってしまうという場合があるでしょう。

finbee(フィンビー)ではそのような心配もなく、小銭貯金をすることができるので家での小銭貯金に挫折してしまった人は試してみるのがおすすめです。

またfinbee(フィンビー)では貯金のルール以外にも楽しく貯金できるユニークな仕組みがいくつもあります。

例えばそのうちの1つがポイント制度です。

finbee(フィンビー)では貯金をするとその貯金額に応じて0.1%のポイントが溜まります。

ただ貯金をするだけでなく、そのようなちょっとしたご褒美があることで、モチベーションを保って楽しくストレスなく貯金をできるのがfinbee(フィンビー)の魅力です。

その他の使い方としてはfinbee(フィンビー)では仲間と一緒に目標を決めて貯金をすることができます。

例えばご夫婦で世界1周旅行、バンド仲間と大きなライブハウスを貸切っての単独ライブ、仲間と一緒に起業する場合など、何か目標を決めて一緒に貯金をすることが可能です。

お互いの貯金額を可視化できるため、励まし合いながら楽しく貯金をすることができるでしょう。

気軽に貯金を始めたい

まとめ

やりたいことをやるということには時には勇気も必要です。

しかしやらずに後悔するよりはやって後悔した方が良いという言葉もあります。

1歩進んでも、立ち止まったり、後戻りしたりもできるのです。

まずはその1歩を踏み込んで、新しい世界の扉を開いてみましょう。

やりたいことをやる人生はきっと新たな刺激や、ワクワクをあなたに与えてくれるはずです。

そしてやりたいことをやるにはお金が必要でしょう。

いざチャンスをつかんだ時にお金がないからできなかったということのないように、お金を蓄えておきましょう。

finbee(フィンビー)などのアプリを利用すればストレスなく、日々の生活の中で目標に向けた貯蓄が可能です。

ぜひお金を貯めて、やりたいことをとことんやってみてくださいね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える