20代が貯金すべき金額とは?世代別の平均額・おすすめ貯金方法も紹介

学び

20代が貯金すべき金額とは?世代別の平均額・おすすめ貯金方法も紹介

学び

20代の皆さん、いま、どのくらい貯金できていますか?

20代は、友人の結婚ラッシュでの思わぬ出費や、自身の結婚、出産、育児などのライフイベントでの出費が重なり、思うように貯金ができない時期もあるでしょう。

この記事では貯金額の平均や、将来のためにおすすめの貯金方法をご紹介します。

今後のライフイベントを見据えて貯金をしていきたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

世代別の平均貯金額はいくら?

老後までに2,000万円必要と言われている昨今ですが、そもそも一般的にいくらぐらい貯金をしているものなのでしょうか。

金融広報中央委員会が2019年に発表した「家計の金融行動に関する世論調査 [二人以上世帯調査] 」をもとに、世代別貯金額の平均値・中央値について見ていきましょう。

ちなみに、貯蓄額は人により大きな差があり、平均値はどうしても一部の方によって引き上がってしまう傾向にあります。

平均値よりも中央値のほうが各世代の状況を反映しているといわれているため、このあとのご紹介でも特に中央値をチェックしてみてくださいね。

【20代】貯金額の平均値・中央値

20代の貯金額の平均値は165万円、中央値は71万円です。

社会人になり、一人暮らしをする人や、友人の結婚、自身の結婚に出産などのライフイベントが多くあるのが20代の特徴です。

仕事を始めたばかりで収入も低く、大きな出費が多い世代でしょう。

学生から社会人になったことにより、自由に使えるお金が増え、大きな買い物や旅行などついお金を使いがちな時期でもあるかもしれません。

20代から始める貯金方法については、後ほど詳しくご紹介します。

【30代】貯金額の平均値・中央値

30代の貯金額の平均は529万円、中央値は240万円です。

30代になるとマイホームを購入する人も増えてきます。

その頭金や、マイホーム購入にあたっての家具や家電等を新しく買い揃えるなど、大きな出費が増える傾向にあります。

また、結婚して子どもが生まれたことによる出費が増える人もいるでしょう。

一方で20代の頃よりも、得られる収入は増えているかと思います。

マイホームを購入した場合は修繕費を積み立てたり、固定資産税やローンの借入れ利子等も計算して、計画的に貯金することが大切となる時期です。

【40代】貯金額の平均値・中央値

40代の貯金額の平均は694万円、中央値は365万円です。

40代になると子どもが中学、高校へと進学し、塾代などで教育費が一番かかる年齢へと差し掛かります。

ただ子どもが大きくなり手を離れたタイミングで、働き方を見直したりして収入アップが見込める年齢でもあります。

また貯金も子どもの大学までの教育費はもちろんですが、その先の子どもの結婚資金、お互いの両親の介護費用、自分達の老後費用など、今後のことを見越して貯金をしていくことが大切になってきます。

【50代〜】貯金額の平均値・中央値

50代の貯金額の平均は1,194万円、中央値は600万円です。

50代は定年までにお金を貯められる最後の期間です。

一方、子ども達が手を離れて金銭的に余裕が出て、自由に使えるお金が徐々に増える時期でもあります。

持ち家でローンを完済していたとしても老後に必要な資金は夫婦2人で平均3,000万円だと言われています。

老後に身体が不自由になったり、子どもが独立したりでリフォームをする場合や、自分たちの介護費用、年金の不足分などを想定した額で娯楽費用は別途かかります。

さらに、60代以降になると自身の子どもや甥姪の結婚式、親の葬儀代などの冠婚葬祭で出費がかさむこともあります。

また初孫の誕生や、その後のお宮参り、七五三、入学祝いと孫のライフイベントに合わせた出費も続くでしょう。

退職金で大金を得たことによって無謀な投資をする等のないよう、財布の紐をしめ、意識的に貯金をすることが大切です。

世帯構成別によっても貯金額は異なる

上記では2人世帯の世代別貯金の平均値・中央値をご紹介しました。

もちろん単身世帯や、子どもの人数、自分や配偶者の両親が同居しているか否かでも貯金額は大きく異なります。

貯金額は単身世帯よりも2人以上の世帯の方が高い傾向にあります。

2人以上の世帯では学資保険や積み立てのできる生命保険、投資信託や株式などを利用して貯蓄をしているという傾向があります。

単身、2人以上の世帯どちらにおいても今後の自身や家族に起こるライフイベントを想定して、先を見据えた貯金が必要不可欠です。

【20代の場合】将来のためにいくら貯金すればいいの?

世代別に見た貯金額の平均と、今後のライフイベントに備えて先を見据えた貯金が必要であることをご紹介しました。

では一体、いくらぐらい将来のためにお金を貯めれば良いのでしょうか。

今後のライフイベントをもとに算出してみよう

まず今後のライフイベントをもとに算出してみましょう。

結婚資金

結婚の予定がある方は結婚資金が必要です。

リクルートマーケティングパートナーズが発表した「ゼクシィ結婚トレンド調査 2019」によると、結婚式を挙式・披露宴両方行った場合にかかる費用は、平均354万9000円、結婚指輪にかかる費用は平均24万2000円です。

この他に婚約指輪や新婚旅行代が含まれるとかなりの額になります。

住宅購入費

住宅金融支援機構の「2018年度フラット35利用者調査報告」によれば、住宅の購入価格は注文住宅が平均3,395万円、建売住宅が平均3,442万円、新築マンションが平均4,437万円となっています。

全国平均のため、東京や大阪などの都市部ではこれよりもさらに高額になります。

教育資金

文部科学省が2009年に発表した「家計負担の現状と教育投資の水準」によれば、子どもを幼稚園から大学まで通わせるのに必要な教育資金は平均818万5,572円と言われています。

このは自宅から国公立大学に通った場合の金額で、下宿が必要な場合や私学に通った場合は子ども1人につき1,000万円以上の費用が必要になります。

20代の今、貯金ゼロは危険?

社会人になったことから自由に使えるお金が増えた一方で、20代のうちは給与も低く、なかなか貯蓄が難しいという人も多いでしょう。

20代では家庭を持っていない人も多く、身体も健康で病気の心配もないことから将来のことを真剣に考えてコツコツ貯金をするというのは難しいかもしれません。

しかし、30代以降になると家族のために使うお金が増え、思うように貯金をすることが難しくなります。

20代はお金の貯め時です。

まだ人生も長く、貯金額が平均を下回っていても焦る必要はありません。

ただ将来を見据え、しっかりと貯金をすることによって、将来的に立派なマイホームやマイカーを購入することができたり、子どもの進学に役立てたり、お金に苦労しない豊かな老後生活へと繋がるのです。

20代のいまから行うべき貯金方法とは?

では、20代のいまからどのような方法でお金を貯めていくとよいのでしょうか。

まずは目標設計が重要

まず第一に、目標を設計しましょう。

その際、まずはライフイベントに関するおおよその目標設定が重要です。

「〇〇歳で結婚をする、〇〇歳で一人目、〇〇歳で二人目、〇〇歳でマイホームを建てる」といった形で、目安を設定するとよいでしょう。

見通しを立てることで、いつまでにどのくらいのお金が必要かを算出しやすくなり、目標に向かって前向きにお金を貯めることができます。

ちなみに、目標金額を設定する際は、旅行やご褒美などに使う貯金と、ライフイベントのための貯金は別にしておくと安心です。

そのようにすることで、うっかり貯金を目先の娯楽に使ってしまうということを防ぐことができます。

家計の無駄を見直す

第二に、家計の無駄を見直しましょう。

例えば固定費の見直しで、大手の携帯会社から格安スマホに変更したり、電気やガスの会社を見直したりするのもおすすめです。

クレジットカードやキャッシュレス決済のお得なキャンペーンを利用して、ポイントを有効活用するのも良いでしょう。

固定費の見直しの次は、日々の細かな出費についてもチェックしていきましょう。

例えば、自動販売機やコンビニの利用頻度が高い場合、1回の利用が1,000円未満でも、頻繁に利用すると結構な出費になります。

お弁当や水筒を持参するなど、細かな出費を抑え、家計の無駄を見直しましょう。

定期預金や自動積立で「先取り」する

第三に、定期預金や自動積立で先取り貯金をしましょう。

お金が口座に残っていると、つい余裕を持ってしまい、外食を頻繁にしたり、旅行をしたり、高いブランドものを買ったりということにつながります。

先取り貯金を行い、すぐに使えないところにお金を移すことで、うっかりお金を使ってしまうことを防ぐことができます。

積立投資信託なども要検討

積立投資信託などの活用もおすすめです。

積立投資信託では、毎月決まった額を投資に回し、プロそのお金を運用、運用損益が還元されるという仕組みになっています。

国内外の株式や債券などの様々な金融商品に投資を行うことができます。分散して投資することでリスクを分散でき、比較的安全に行うことのできる投資のやり方です。

ただしデメリットとして、積立投資信託には元本割れの可能性があります。

預けたお金が減ってしまう可能性もあるので、ある程度の貯蓄ができて余裕ができた後に少額の投資信託から始めるのがおすすめです。

難しい貯金はニガテ!そんな方を助ける貯金アプリ「finbee(フィンビー)」

上記で20代におすすめの貯金方法をご紹介しました。

ただ、積立投資信託は難しく、定期預金の契約をするのも煩わしいという人もいるでしょう。

そのような方におすすめの貯金アプリがfinbee(フィンビー)です。

finbee(フィンビー)には、楽しく無理なくお金を貯めることのできるユニークな仕組みがあるのでいくつかご紹介します。

クエスト貯金

ゲーム感覚で楽しく貯金できる機能です。

365日毎日違うお題が配信され、それをクリアすることによって300円を貯金をすることができます。

歩数貯金

5,000歩達成したら500円など〇〇歩歩いたら〇〇円貯金をするというルールを決めて、お金を貯めることができます。

貯金もできて、運動もできるのでダイエットをしながら楽しくお金を貯めたい人におすすめです。

マイルール貯金

お弁当を持参したら500円、水筒を持参したら100円など、浮いた分のお金を貯金する等、マイルールでお金を貯めることができます。

他には1日禁煙できたら100円、1週間に1冊本を読めたら500円など、自分に合ったマイルールの設定が可能です。

空き枠貯金

デビットカード明細の一月分の利用合計金額に対して、余った金額を貯金するルールです。

例えば空き枠貯金の設定金額が100,000円で、利用が73,000円だった場合、差額の27,000円を貯めることができます。

おつり貯金

おつり計算の単位を1,000円、500円、100円と細かく設定でき、クレジットカードで支払った際に、おつりを貯めるルールです。

例えばおつり計算の単位を1,000円とした場合に、640円の買い物を行うと360円のおつりを貯めることができます。

クレジットカードを連携した場合は2~3日以内に、デビットカードを連携した場合は翌日におつりを集計して貯金してくれるので、日々のお買い物でコツコツとお金を貯められます。

チェックイン貯金

会社に着いたら、ジムに行ったら、子どもを公園に連れて行ったらなど、〇〇に着いたら〇〇円貯金をするというルールです。

よく行くお気に入りの場所を登録することで、いつの間にかお金を貯めることができます。

つみたて貯金

金額と頻度を自由に設定して貯金ができるルールです。

金額は100円~設定可能で、頻度は毎日、毎週、毎月から選ぶことができます。

自分に無理のない範囲でお金を貯めることができます。

finbee(フィンビー)のユニークな貯金方法を7点紹介しました。

finbee(フィンビー)では最初に貯金のための目標を決め、次に貯金のルールを上記のようなものから設定します。

仲間同士で一緒にお金を貯めることもできるので、ご夫婦やカップルで「教育資金」や「結婚資金」を貯めることもおすすめです。

誰がどれだけ貯金をしたのか確認できるので、お互いに励まし合いながら楽しくお金を貯めることができます。

利用開始に面倒な手続きは一切不要です。

お金を貯めようと思ったタイミングで、自身が今使っている口座を連携すればすぐに開始することができます。

いつもの生活の中で、自動的にいつの間にかお金を貯めることができるので、ついお金を使ってしまう人におすすめのアプリです。

気軽に貯金を始めたい

まとめ

20代はお金の貯め時ですが、お金を自由に使える時期でもあります。

楽しみながら無理なく、将来のライフイベントに備えたお金を準備できたら良いですよね。

生きていくにはお金が必要なもの。

無理なく、楽しく、ストレスなくお金を貯めることができるfinbee(フィンビー)を活用して、将来に備えた準備をしてみてくださいね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える