時代はキャッシュレス貯金!賢く貯める&活用方法を徹底解説!

学び

時代はキャッシュレス貯金!賢く貯める&活用方法を徹底解説!

学び

時代の流れとともに支払いという概念も変化し、キャッシュレスというワードをよく聞くようになりました。

「お金の管理を楽にしたい」「お金の流れを把握して、貯金できるようになりたい」という思いがきっかけで、お金の見える化ができるように支払いすべてをキャッシュレスにすることを検討している人は多いのではないでしょうか?

しかし、キャッシュレスはクレジットカードや電子マネーの支払いがメインになるため、使い過ぎに注意しなければならないという欠点があります。

お金の管理が苦手な人は、なおさら注意が必要です。

そこで本記事では、キャッシュレス派の人がどのようにお金の管理をしているかを学び、節約できた分のお金もキャッシュレスで貯める「キャッシュレス貯金」の方法をご紹介します。

キャッシュレス派は貯金上手な人が多い

 

2019年10月にあおぞら銀行が行った「キャッシュレス時代の貯金に関する調査」では、「思い通りに貯金出来ているか」という質問に3人に1人が「そう思う」「ややそう思う」と回答。

そのうち、ショッピングの時に現金で支払う派より、キャッシュレス派の方が約1.5倍程より強く思い通りに貯金出来ていると感じていることがわかりました。

キャッシュレス派は現金派より平均貯蓄増加額が高い

2017年にJCBが行った「新年度の目標と貯蓄目標(全国の20歳から69の男女1,000名を対象としたアンケート)」でも、キャッシュレス派の方が現金派より貯金を増やせる傾向があると明らかにされました。

 

キャッシュレス派

現金派

平均貯蓄増加額(2017年度)

51万8,000円

30万5,000円

平均貯蓄増加額(2016年度)

47万円

35万5,000円

2016年に行った調査と比較すると、キャッシュレス派は平均貯蓄額が47.0万円→51.8万円と上がっているのに対し、現金派は35.5万円→30.5万円と平均貯蓄額が低くなっていることから、少しづつ差が大きくなっていることがわかります。

キャッシュレス派が貯金上手な理由とは?

キャッシュレス派の方が貯金に関する満足度が高いことがわかりましたが、なぜ、現金派と差を開くことになったのでしょうか。

そこには、現金ではどこに消えていったのかわからないお金が、キャッシュレス決済によって簡単に「見える化」することにあります。

しかし、ただキャッシュレス決済にすればお金の管理ができるというわけではありません。

キャッシュレス決済にしても、コンビニなどの少額の買い物はどんぶり勘定で、気づいたら現金だったころより使い込んでいる……なんてことがあっては、本末転倒です。

そのため、支出を把握するだけでなく、収入と支出の両方を管理することで、しっかりとお金の流れを把握し、無駄な出費を抑えるように心がけましょう。

では、キャッシュレス派が家計簿アプリと電子マネーを活用し、どのようにお金の管理をしているのか、具体的な方法をご紹介します。

家計簿アプリと連携して収入と支出を管理する方法

家計簿は、手書きやレシートをスマホに読み込む方法もありますが、お金の管理に自信がない人は、時間と手間がかかることはなるべく避け、自動的に管理してくれるアプリがおすすめです。

マネーフォワード ME』という家計簿アプリでは、銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイントカードと連携して、入出金を簡単に管理・見える化することが可能です。

また、グラフ機能が搭載されており、取得した収支情報を自動でカテゴリごとに分類し、何にお金をかけているのかが一目でわかります。

そのため、自分が無駄だと感じた出費を見直すきっかけになり、節約にも効果的です。

そのほかにも、自分に近い平均データをもとに、ぴったりのプランを提示してくれたりなど、家計管理における改善点がわかりやすいのも特徴です。

be-topiaでは節約にも役立つおすすめの家計簿アプリの紹介もしていますので、自分に合ったアプリを探す参考にしてみてください。

一人暮らしで節約する秘訣は「家計簿」にあり!長続きのコツとは

電子マネーで毎月使えるお金を管理する方法

電子マネーは、残高が一定額を下回った場合に自動で一定額をチャージするオートチャージ機能というものがあり、利便性はとても高いですが、一方で使いすぎてしまうという注意点もあります。

そこで、電子マネーの上手な使い方をご紹介します。

食費を小分けにしてチャージする

食費一か月分をまとめてチャージしてしまうと、最初の方は残高もまだ余裕があることから、「これくらいなら」と無駄な買い物をしてしまいます。

なので、電子マネーは「食費用」として、チャージは決められた日に小分けにして利用することをおすすめします。

チャージする曜日を決めたり、給料日から10日ごとにチャージしたりと、ある程度ルールを設けると使い過ぎ防止にも役立ちます。

電車移動が多い人は移動用と食費用で電子マネーを使い分ける

電車で移動することが多い人は、食費用の電子マネーとは別にオートチャージの電子マネーを用意しておくと便利です。

以下のように電子マネーを2つに分けて使用することで、無駄遣いを防止することができます。

  • 食費用は手動チャージ(PayPay、Eddyなど)
  • 交通費用はオートチャージ(Suicaなど)

交通費用の電子マネーをオートチャージにしておくと、残高不足で改札を通れないというアクシデントもなく、食費とは別の必要経費として計算できるので、チャージの際に煩雑な計算が不要です。

食費と交通費を同じ電子マネーでやりくりしてしまうと、予定外の交通費がかかった時に都度チャージが必要になり、決められた残高でやりくりするという計画が崩れて、せっかく節約しようと思っていた気持ちも遠のいてしまう可能性があります。

用途に合わせて電子マネーを活用することで、より計画的にお金の管理ができるようになるのも、キャッシュレス決済ならではの貯金術です。

現金よりキャッシュレスがお得ってホント?

キャッシュレス決済には、現金決済では得られないポイント還元や割引が多くあります。

それらを活用することで、普段より安く買い物を済ませたりすることが可能です。

ポイント還元を上手に利用しよう!

クレジットカードや電子マネーによって、通常のポイント還元率やいつもより多くポイントが還元されるキャンペーンの頻度は異なります。

そこで、いくつか便利な使い方をご紹介します。

クレジットカードと電子マネーを組み合わせて「ポイントの2重取り」

決済の組み合わせによっては、クレジットカードと電子マネーの両方でポイントが貰える「ポイントの2重取り」も可能です。

ポイントの2重取りは還元対象のカードが限定されていることが多いので、相性を把握して上手にポイントをもらいましょう。

自分の買い物に合った電子マネーを利用する

電子マネーは金額、曜日、ネット決済、などによっても還元率が高くなる場合があります。

なんとなく使っていた電子マネーが、生活スタイルによっては少し損をしているなんてことも……。

そこで、電子マネーの利用頻度に合わせて以下のような選び方がおすすめです。

  • ネット決済を頻繁に使う人であれば、ネット決済のポイント還元率が高いものを選ぶ
  • 毎月の利用金額が高ければ、スライド式のポイント還元率で選ぶ
  • 外食が多いなら飲食チェーン店をメインとしたキャンペーンの豊富さで選ぶ

出典:2020年の「おすすめクレジットカード」は? 専門家が選んだ最強カードを公開!>>

キャッシュレス決済で上手に貯金するための注意点

キャッシュレス決済では以下のことに注意をしましょう。

こまめに明細をチェックして使い過ぎに気を付ける

キャッシュレス派の方が平均貯蓄額が高いという結果がある一方で、精神科医のデビッド・クルーガー博士の『「お金」のシークレット』(三笠書房)によると、クレジットカードでの支払いは現金の時と比べ、平均支出が23%も増えるというデータが記載されています。

クレジットカードは手持ちの現金が無くても支払いができることから、収支のバランスが取りづらくなります。

そのため、収支の管理はこまめに行い、月の予算と相談して利用しましょう。

また、お金の管理が苦手な人は、クレジットカードよりも、デビットカードがおすすめです。

デビットカードは利用した分だけその都度口座から引き落とされるので、自分の資産を超える金額を利用することはできません。

デビットカードでの管理ができるようになってから、クレジットカードの決済でポイントを活用するなど徐々にステップを踏むと良いでしょう。

お得だからと複数のキャッシュレス決済を併用しない

電子マネーやクレジットカードにはそれぞれお得なクーポンやポイントが付きますが、複数のカードやアプリを利用することはお勧めしません。

例えば、買い物用に複数の電子マネーやクレジットカードを利用すると、ポイントが分散し、逆に損をする可能性があります。

1つのカードやアプリではさほど使用していないと感じていても、支払額をまとめると金額が大きくなってしまうかもしれません。

固定費の支払いはクレジットカード1枚にまとめ、電子マネーは交通機関と生活費の2つだけを利用するなど、利用するサービスを極力絞ることで、管理がしやすくなります。

時代はキャッシュレス貯金!自動貯金アプリfinbee(フィンビー)で貯めよう!

キャッシュレス決済が浸透してきて、銀行やATMに行く機会が減ってきていると思います。

せっかく手軽にお金を扱える時代になったのに、貯金だけはいつも振込するため銀行へ……なんてことありませんか?

そんな人には自動貯金アプリfinbee(フィンビー)で、キャッシュレス貯金がおすすめです!

finbeeでは銀行に行かなくても貯金することが可能!キャッシュレスなので、手元に現金を用意する必要がなく、「目の前の欲望に負けて貯金できなかった」と挫折回避にもつながります。

設定も簡単なので、アプリをダウンロード後すぐに利用可能です!

finbee(フィンビー)の使い方

  1. アプリダウンロード
  2. 銀行口座へ連携
  3. 貯金の目的とルールを設定
  4. 貯金ルールを達成すると連携口座から預金用口座へ自動で移動
  5. 目標金額の達成!

finbee(フィンビー)では目的に合わせて目標を自由に設定して貯金ができるので、モチベーションが続きやすいのも特徴です。

例えば、

  • 毎日、毎週、毎月、好きなタイミングで自動積立貯金
  • finbeeから届くお題をクリアすると貯まるクエスト貯金
  • ダイエットに効果的!設定した歩数に応じて貯まる歩数貯金
  • 「○○できたら貯金」マイルール貯金
  • 指定の場所についたら自動で貯まるチェックイン貯金
  • おつりに該当する金額を貯めるカードでおつり貯金

そして、達成した後は以前よりも成長した自分になれるのも魅力ですよね。

お金の管理が苦手な人でも、簡単に楽しく貯金できるようになっているので、ぜひ試してみてください!

まとめ

キャッシュレス決済は、電子マネーで使えるお金を制限したり、家計簿アプリで収支を一括管理したりすれば、上手にお金をコントロールすることが可能です。

キャッシュレス決済はお金を管理するだけでなく、ポイント還元やキャンペーンを上手に利用することで、お得にお買い物ができることもあります。ご褒美のスイーツを買ってみたりと、少し贅沢してみるのもキャッシュレス決済を続ける楽しみになるかもしれませんね。

しかし利用する際は、使い過ぎにならないようにしっかりと明細をのチェックを行い、複数のクレジットカードを使用しすぎて支払いが複雑にならないように十分に気を付けましょう。

そして、浮いたお金は、ぜひfinbee(フィンビー)でキャッシュレス貯金をしてみてはいかがでしょうか?

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える