大切な人へ花をプレゼント!一生の思い出にするための"鉄則"まとめ

学び

大切な人へ花をプレゼント!一生の思い出にするための"鉄則"まとめ

学び

プレゼントに何を贈ろうか、喜んでもらえるものは何だろうかと悩んでしまうことも多いでしょう。

相手の好みに合わせるのはもちろんのこと、服や靴はサイズも気にしなければなりませんし、食べ物は好き嫌いも心配です。

小物やアクセサリーは定番ですが、もしかしたら似たものをすでに持っているかも、などと考えたらますます悩んでしまうところです。

あるいは用意したプレゼントだけでは少し物足りない気がして、何か足したい時もあるでしょう。

そんな時は、花を贈ってみてはいかがでしょうか?

花といっても種類が多く、「花言葉」という特有の注意事項もあるので、どう選べばよいかわからないという人も多いかもしれませんが、気を付けるべきポイントをしっかり押さえれば、プレゼントにぴったりのアイテムです。

花自体に強いブランド性や好き嫌いがあることは少ないので受け取る側も素直に喜べるものですし、何よりプレゼントを渡す場が華やかになり素敵な思い出になります

この記事では花をプレゼントするときの選び方や注意点をご紹介します。

最初にして最重要ポイント「どの花を贈る?」

花と一口に言っても、バラにカーネーションにチューリップと様々な種類がありますし、また同じ種類でも、色や形も多様な上、切り花か鉢植えかなどのバリエーションがあり迷ってしまいますよね。

迷った時はプレゼントする相手や渡すシチュエーションを考え、それに合わせるように工夫すると選びやすいでしょう。

では、プレゼントとして贈る花の選び方についてポイントをご紹介します。

相手に合わせて最適な花選びをしよう

相手の好きな色や趣味などがはっきりしている場合はそれらを取り入れた花を選ぶのがベストですが、はっきりわからない場合は相手の性別年齢自分と相手との関係性などを考えると選びやすくなるでしょう。

相手に合わせた人気の花を挙げますので参考にしてみてください。

女性にプレゼントするなら

記念日などに恋人へ贈る場合は、赤やピンクの花を選べば愛情や情熱的な気持ちが伝わりますし、友達同士のプレゼントなら、黄色やオレンジのものだと明るく楽しい気持ちになれるでしょう。

華やかで見栄えがする花や可愛らしい花が喜ばれる傾向があり、バラやガーベラ、カーネーションが人気です。

  • バラ

美しく華やかなバラは単独で使っても他の花と合わせて花束などにしても楽しめるのでプレゼントには定番の花と言えるでしょう。
花言葉は「愛」「美」なので恋人・女性へのプレゼントにぴったりですし、本数によっても1本は「ひとめぼれ」3本は「愛しています」というふうに意味を持つので、シチュエーションに合わせて選びましょう。

【値段の相場】1本あたり:200〜400円

  • ガーベラ

カラフルで可愛らしいイメージのガーベラは、一重咲き・八重咲きといった咲き方や、花の大きさなど種類が多く、渡したいシチュエーションに合わせて色々な組み合わせ方ができるのも魅力です。

花言葉は「希望」、中でも黄色のものは「究極の美」の意味を持つので、誕生日プレゼントなどに取り入れると喜んでもらえるでしょう。

【値段の相場】1本あたり:100〜200円

  • カーネーション

母の日に定番のカーネーション、赤いものは「母への愛」という花言葉をもち、お母さんへのプレゼントにはぴったりです。

色や形の種類も多く、咲き方も一茎に一輪の花を咲かせるものと枝分かれして複数の花が咲くものなどがあります。

【値段の相場】1本あたり:100〜200円(時期によってはさらに高くなることも)

これらをメインにして、脇役に小さく可愛らしい花が咲くカスミソウやレースフラワーを加えると、やわらかいイメージになって喜ばれるのではないでしょうか。

男性にプレゼントするなら

落ち着きがある青や紫が定番ですが、華美になりすぎない程度に明るくしたい場合は黄色いものを入れたり、グリーン(葉物)を多く含むものもスタイリッシュと喜ばれるようです。

花の種類はデルフィニウムやトルコキキョウ、ヒマワリなどが人気です。

  • デルフィニウム

青い花は意外と少ないので、年間を通して出回っているデルフィニウムは青い花束を作りたいときの必須アイテムとも言えるでしょう。

青の他に紫、白などの色があり、咲き方もスプレー咲きと一本立ちの種類があるので、組み合わせ方で花束やアレンジメントの雰囲気を変えて楽しめます。

さわやかな印象に合った「清明」の花言葉が付けられています。

【値段の相場】1本あたり:200〜300円

  • トルコキキョウ

店によって「リシアンサス」や「ユーストマ」と表記されていることもあります。
フリルのような花びらを持つ優雅な姿から花束の主役にもなりますし、日常から冠婚葬祭まで幅広く使われる花です。

色についても、青や紫のうちでも淡い色から濃い色までバリエーションが豊富ですし、花には珍しく緑色のものもあるので、華やかさは欲しいけれど色は落ち着いた雰囲気で仕上げたいという時には大活躍でしょう。

【値段の相場】1本あたり:400〜500円

  • ヒマワリ

「憧れ」「敬慕」の花言葉をもち、時期的にもぴったりなので、父の日にはバラに次いで人気があります。

夏の花のイメージですが実は通年出回っています。

切り花用のものは改良されて花首が垂れにくいものや花粉が出ないようになっているので、明るく元気な雰囲気にしたい時はぜひ取り入れてみましょう。

【値段の相場】1本あたり:100〜200円

年上や目上の人にプレゼントするなら

上司をはじめ日頃お世話になっている年上の人や目上の人に贈るなら、上品なものや落ち着いたものがおすすめです。

送別会や退職祝いとして上司に贈る場合には、気品のあるユリや、柔らかい雰囲気を持つ春の花スイートピーが人気。

ユリは「威厳」、スイートピーは「門出」という花言葉を持ち、シチュエーションにもぴったりです。

還暦をはじめとする長寿のお祝いには、胡蝶蘭や華やかなアレンジメントフラワーが定番です。

年配の人に贈るときの注意として、白一色の花束や菊は、不祝儀や御供花のイメージを持つ人が多い傾向があるので、避けたほうが無難でしょう。

また、性別や年齢に関わらずお見舞いに花を贈るときは注意が必要です。

衛生面などから花の持ち込みは禁止という病院もありますし、持ち込める場合も「根付く」ことが「寝付く」を連想させる鉢物や、色あせていく様子から縁起が悪いとされるアジサイなど、避けるべき花もあるので事前に確認しましょう。

花言葉は必ず調べよう

花はそれぞれ「花言葉」を持ちます。

プレゼントするシーンにぴったりなものを選べれば喜びが倍増する反面、ネガティブな意味を持つものもあるため、一歩間違えると相手を悲しませてしまう事も

一つの花が複数の意味を持っていたり、同じ種類の花でも色によって異なる花言葉を持っている場合もあります。

例えば、前述のようにバラ全体の花言葉は「愛」「美」ですが、中でも赤いバラは「愛情」「情熱」の花言葉を持ち、告白やプロポーズなどのプレゼントには最適です。

それに対し黄色いバラは「嫉妬」「薄らぐ愛」など、恋愛においてはネガティブな花言葉を持っていたりするため、恋人や配偶者にプレゼントする場合は注意が必要です。

しかし、黄色いバラは「友情」「献身」といったポジティブな花言葉もあわせもっています。

黄色は明るく元気なイメージがある色ですので、プロポーズなど特別なシチュエーションでなければ喜ばれるでしょう。

花言葉にこだわりすぎると花の選択肢を狭めてしまうので、シチュエーションに合った花言葉を持つ花をメインにしたり、渡すときに「こんな花言葉をもっているからこの花を選んだよ」と伝えるといった形で上手に利用すると不本意なトラブルは避けられますね。

渡したあとのことも考えよう

切り花や鉢植えは水換えや水やりが必要ですし、種類によっては扱いにくいものもあります。

せっかく素敵なものを選んでも、受け取った人に手間を感じさせてしまったり、すぐ枯れしてしまったと残念な思いをさせては申し訳ないものです。

手入れなどで特に注意することがあれば渡すときに伝えたり、メモなどを添えて渡すとよいでしょう。

また、普段花を飾ったりしない人には花瓶をセットで贈ったり、そのまま飾れるアレンジメントフラワーなら飾り方に困りません。

水換えなどの世話が苦手そうな人にはプリザーブドフラワーやボトルフラワーを選ぶという手もあります。

贈る花が決まったら、早速準備しよう!

花を選ぶ際に気を付けたいポイントをご紹介しました。

贈る花が決まったら、早速プレゼントに向けて準備を進めましょう。

花はどこで買える?

花屋は駅やショッピングモールなど様々な場所にありますし、どこで買っても同じように思いがちですが、立地環境で売れ筋も変わるため、品揃えや得意分野は店によって違うものです。

自分の希望に合ったものを用意してもらえるか、早めに確認しておくと安心です。

花束などの雰囲気やラッピングも店によって様々なので、何軒か訪れてみて店頭に並んでいる商品を比較して店を決めるのもよいでしょう。

また、直接相手の自宅に送る場合などはオンラインショップも便利です。

実物を見れない点で不安に感じるかもしれませんが、最近は実際に贈られた花の写真を、メールで知らせてくれるショップもあるので安心です。

目的や予算別におすすめのものを検索出来たり、可愛いメッセージカードをつけられたりと店によって色々なサービスがあるので、プレゼントしたいイメージにぴったりの花がある店を探しましょう。

おすすめの店舗・オンラインショップをいくつかご紹介します。

青山フラワーマーケット
https://www.aoyamaflowermarket.com/

大都市を中心に店舗を展開、オンラインショップも運営

花キューピット
https://www.i879.com/

オンラインショップからの注文で、全国4,300店の加盟店からお届け

いつまでに手配するべき?

購入する日が決まったら、早めに予約をしておきましょう

予約をせず当日に花束などを作ってもらうことも出来ますが、種類や予算などの要望を伝えて作ってもらいお会計をして、となると最短でも15分、混んでいるともっと時間がかかってしまいます。

また、鮮度が落ちやすい花は在庫を多く用意できないので、買いたい花が売り切れてしまっていたり、売れ筋ではないものだと普段は入荷がないということも考えられます。

店頭に完成した花束やアレンジメントも売っていますが、希望に合ったものがあるかわかりません。

やはり事前に予約して購入日時に合わせて作ってもらうのがよいでしょう。

購入予定の1週間ほど前に予約すれば、要望にぴったり合った花を準備してもらえる事が多いようです。

種類などにこだわらない場合でも3日前には予約しておくことをおすすめします。

適切なサイズ感か必ずチェックしよう

大きい花束やアレンジメントは見栄えがして感動しますが、荷物になって相手を困らせてしまう可能性があります。

特に、渡した後に持ち歩く時間が長い場合や、帰りに電車やバスを利用する人に贈るときなどは、袋にしまえたり手軽に持てるサイズのものを選びましょう。

相手の自宅などに送る場合も、飾るスペースがあるかどうかを考えて贈るなどの気遣いが必要です。

渡すまでの手入れも必要

生花はとてもデリケートなので、手入れや保管方法を間違うとすぐに傷んでしまいます。

買ってすぐ渡すのがベストですが、渡すまで時間がある場合は、なるべく涼しい場所に保管しておきましょう。

ただし、冷房の風は花の水分を奪ってしまうので、直接当たらないようしてください。

また、花びらは傷みやすいので、濡らさないように気を付けましょう。

いよいよプレゼント!思い出に残る粋な渡し方とは?

どのタイミングで渡す?

花を渡しながらお祝いや感謝の言葉を伝えたり、告白やプロポーズをするのであれば、どのタイミングで渡すかは重要です。

レストランやホテルで渡したい場合は、渡すタイミングまで預かってくれる所もありますので相談してみてもよいですね。

レストランやホテルと提携している花屋がある場合は、利用すると準備がスムーズにできるかもしれません。

送別会などでは、主役の人の挨拶の後など進行に合わせてプレゼントすることが多いかと思います。

渡した後に食事の席などで邪魔になりそうなら、主催者側で一度預かるなどの配慮も必要です。

その場合は帰りの際に再度渡すのを忘れないように気を付けましょう。

どうやって渡す?

花束を手渡しする場合は、紙袋などに入っている場合は袋から出し、花を上に向け、相手が持ちやすいように渡しましょう。

少し傾けて渡し、相手が利き手で花を支え、反対の手で茎を持つ形になるようにするのがおすすめ。

サプライズでプレゼントしたい場合は、隠しておいたものをタイミングをみてテーブルや枕元にこっそり置いておくといった演出をすれば、相手が見つけたときに盛り上がりそうです。

自宅への配達をする場合は凝ったサプライズは難しいですが、配送日を指定して記念日などに届くようにすると良いでしょう。

プレゼントに向けて「finbee(フィンビー)」でコツコツ貯金をしてみては?

いざ花をプレゼントしようと調べてみると、意外と高価でお財布に厳しい、なんて思ってしまう人も少なくないでしょう。

そんなときは「finbee(フィンビー)」で貯金してお金を準備してみてはいかがでしょうか。

finbee(フィンビー)」は銀行口座と連携させて、定めた貯金ルールをクリアするとお金が貯金用口座に移動する自動貯金アプリです。

「恋人の誕生日までに3万円貯めたい」というように、目的ごとに目標額と期日を決められるので、ゴールに向かって着実に貯金できます。

「毎日100円」といったつみたて貯金や、「お弁当をつくったら500円」というように条件を自由に設定できるマイルール貯金など、普段の生活の中で自動的に貯まるような仕組みになっているので続けやすいのもポイントです。

大切な人のためだと思えば努力も惜しまず出来ますし、花代やプレゼント代なら数千円~数万円という比較的小さい額なので、貯金をはじめるきっかけとしても丁度よいでしょう。

ぜひ「finbee(フィンビー)」で貯金して、大切な人に素敵な花をプレゼントしてみましょう。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える