一人暮らしで節約する秘訣は「家計簿」にあり!長続きのコツとは

学び

一人暮らしで節約する秘訣は「家計簿」にあり!長続きのコツとは

学び

一人暮らしを始めると大きく変化することのひとつが「お金の管理」です。

家族と一緒に生活していたときには、多少お金を使いすぎてもすぐに生活に困るようなことはなかったかもしれませんが、一人暮らしとなればそうはいきません。

一人暮らしの生活を維持することはもちろん、やりたいことの実現のために必要なお金、あるいは病気やケガなど不測の事態に備えるお金も計画的に貯めていく必要があります。

こういったお金の管理、計画的な貯金、節約を考えるうえで必須アイテムといえるのが「家計簿」です。

今回の記事では、一人暮らしの節約を成功させる家計簿の効果を探り、多くの人が途中で挫折してしまう原因についても掘り下げて分析していきます。

長続きさせるコツについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

一人暮らしの生活費の目安は?

まずは、一人暮らしの生活費の目安を知っておきましょう。

ただし、単に一人暮らしといっても、年代や性別、地域、職業などの条件によって、その内容には差が出てきます。

ここでは参考までに、総務省統計局による「家計調査」のデータから「働いている~34歳一人暮らし」の1カ月の生活費の内訳(男女平均を独自に算出)を見てみましょう。

食料 44,500円
住居 47,300円
光熱・水道   9,000円
家具・家事用品   4,700円
衣服   8,500円
保健医療   4,900円
交通・通信 25,400円
教養娯楽 28,000円
その他の消費支出 25,200円

【消費支出合計   197,500円】

※調査年月:2019年12月、下二桁は四捨五入

こちらは全国を対象としていますので、地域によっては特に「住居」の欄が大きく異なる場合もあると思います。また、〜34歳までのデータとなりますので、例えば20代の新社会人の方にとっては、この内容では収入とのバランスが取れなくなってしまうかもしれません。

あくまでもこちらは支出の基準値として捉え、「自分の一人暮らしの家計は平均と比較すると食費が高すぎる、でも娯楽費は抑えられている」など比較に役立ててみてください。

なお、これは消費支出の内訳となりますので、このほかに税金の支払い、賃貸であれば契約更新料、親戚や知人・友人の冠婚葬祭など、さまざまな出費も発生してきます。

予測できるものもあれば、ときには想定外の臨時出費もあるでしょう。そのため、生活費のほかにも臨時出費に備える貯金を毎月の収入で賄えるように家計を管理する必要があります。

一人暮らしのときこそ家計簿をつけよう

家計を自分で管理しなければならない一人暮らしのときこそ、収支を確認できる家計簿をつけるべきであるといえますね。

では、家計簿をつけることには具体的にどのような効果があるのでしょうか。

家計簿をつける効果とは?

得られる効果としては大きく分けて2つが挙げられます。

【効果その1:現状を把握できる】

家計簿をつけていないと、「そんなに無駄遣いしていないはずなのに、いつも月末にお金が足りなくなって貯金できない」「欲しいものがあるけど、買っても大丈夫か判断できない」などの困りごとが出てきます。

家計簿には、使ったお金を記録するだけではなく、毎月の予算を立てる役割もあります。

月初めの段階で、毎月必ず出て行く「固定費」、今月のうちにしておくべき貯金額、それ以外で自由に使える「変動費」がいくらになるのかを客観的に把握しておくことができます。

特に、一人暮らしでは自分で好きなようにお金を使える一方、家族の目がないために気付かないうちに浪費しがちです。

家計簿をつけることによって、常に「残高」を意識し、「今使っていいのはいくらまでなのか」が明確になりますので、一人暮らしでも無計画な浪費を防ぐことができるのです。

【効果その2:問題点を発見し、節約を意識できるようになる】

しばらく家計簿をつけていると、自分のお金の使い方の傾向が見えてきます。

「一人暮らしだけど自炊して食費は抑えられているけど、趣味の出費が大きくなりがち」「一人暮らしでも立地の良い場所に住んでいるため、収入のわりに住居費が高く、家計を圧迫している」などの気付きが生まれるでしょう。

もちろん、「ここにはお金をかけたい」と自分なりに重要視していて納得できる出費ならいいのですが、ただなんとなく出て行ってしまっているお金もあるかもしれません。

家計簿をつけることによって、自分のお金の使い方のクセや問題点に気付くことができれば、家族の目がない一人暮らしの生活でも自然に節約を意識できるようになるでしょう。

家計簿をサボってしまう理由と対策

このように、家計の現状を客観的に把握できる家計簿ですが、つけはじめても続かなかった経験を持つ方もいるでしょう。

サボってしまう理由はどこにあって、どのような対策が有効なのでしょうか。

とにかく書くのが面倒になる

多忙な一人暮らしの生活のなかで、毎日こまめに家計簿をつけるというのは案外難しく、記帳すべきレシートをつい溜め込んでしまったりするものです。

逆に、きちんと細かくつけることは良いことですが、あまりに几帳面につけすぎるのも面倒になって続かない原因になります。

さらに、実際の現金と金額が合わずに計算し直すようなことが続くと、とにかく書くのが面倒になってしまうのです。

これらが原因の場合、対策としては、さまざまな種類がある家計簿の中から自分に合っていて簡単に取り組めるものを選ぶことが大切です。

また、費目によっては大まかに把握できればいいと割り切って作業をできるだけシンプルにすることも効果的な対策です。

目的を見失ってしまう

家計簿をつける目的は、一人暮らしの家計を正しく把握し改善していくことです。

ところが、多くの人が陥りがちなのが、家計簿をつけることが目的になってしまったり、しっかり書いていても節約の目標がいっこうに達成できずにいるうちに本来の目的を見失ってしまったりするという失敗です。

効果が出せないまま「意味がない」と感じてやめてしまってはもったいないですね。

取り組み始めた頃には、一人暮らしの家計を改善したいという目的があったはずです。

「一人暮らしで浪費しがちなので、何に使ってしまうのか原因を知りたい」「計画的に貯金をして海外旅行に行きたい」など具体的な目標をモチベーションにして、なんのために家計簿をつけているのか見失わないようにしましょう。

家計簿をつけるときの長続きの秘訣

家計簿を活用して目標を達成するためには、とにかく長続きさせることが大切です。

そのための秘訣をいくつかご紹介しましょう。

【費目は大まかでいい】

費目を細かく分類すると、いちいち「この支出はどの費目に入るのか?」と迷ってしまい続かない原因になります。

一人暮らしであれば、家計簿を活用するのは自分だけですので、金額を明確に把握しておきたい3つ程度の費目にしぼると簡単に取り組めます。

「趣味にいくら使っているのか知りたいから、日用品費(食費や生活用品)と趣味費とその他」「交際費の内訳だけは詳細に記録して分析したい」など、自分なりも費目を設定しましょう。

【1円単位でつける必要はない】

1円単位でつけなくても、月間トータルで差異が出たとして1,000円に満たないはずです。

企業の会計処理のようにきっちり管理することが目的ではなく、一人暮らしの生活の支出傾向を把握して家計を改善することが目的ですので、細かく数字を合わせる作業は必要ありません。

【習慣化する】

できる限り支出したその日のうちにつけることを習慣化して、作業をためこまないことです。

例えば、まずは「家に帰ったら財布からレシートを出す」ことから始めて、「寝る前までのこの隙間時間に家計簿につける」ところまで習慣化して一人暮らしの生活に組み込んでしまえば、面倒に感じにくくなるでしょう。

あるいは、家計簿アプリなどを活用して、使ったらその都度すぐにつけるように習慣づけることができれば忙しい一人暮らしでも無理なく続けられます。

【月毎、年毎に必ず見直す】

月末に見直して、結果をもとに来月の目標を立ててみましょう。

年末には、その年の臨時出費なども含めて収支を算出し、目標に対してどれくらい貯金ができたか振り返ってみましょう。

「こんなに貯金できた」「先月、昨年と比較してここが節約に成功した」という目に見える達成感が成功体験となり、一人暮らしでも家計簿を習慣化できる大きなモチベーションとなっていくでしょう。

家計簿は自分に合った方法でつけよう

家計簿は、無理なく続けるために自分に合った方法を見つけることがポイントです。

最近ではデジタル端末を活用して手軽に家計簿をつけられるサービスが多数提供されています。

従来からある家計簿をカスタマイズして楽しむアイデアもSNSなどで紹介されていますので参考にしてみてもよいでしょう。

<家計管理の例>

  • 購入したいものリスト、やりたいことリストを手書きで作成して貯金目標額を設定して、細かい家計管理はアプリを活用する
  • アプリで入力したデータをPCに取り込み、自分なりに分析してみる
  • 口座管理機能や貯金アプリを活用して固定支出と貯金をアプリで管理しながら、日々の生活費は現金でざっくり管理する

このように、1つのツールややり方にこだわらずに、最も自分にフィットする方法を模索していくといいでしょう。

アプリの活用

スマホで使えるアプリ形式の家計簿なら、隙間時間で手軽につけられるので便利です。

入力したデータを基に集計や分析ができるものもあり、一人暮らしの生活の支出をグラフなどで視覚的に分かりやすく表示してくれます。

家計簿アプリの機能はさまざまですが、主に以下の3つのタイプに分類されます。

レシートから自動的に取り込むタイプ

レシートをスマホのカメラで撮影すると、その画像から購入データを自動的に取り込んでくれるタイプです。

1件ごとに品名から費目を判断して金額を入力するといった手間がないので、簡単に続けられそうですね。

レシートがない現金支出は手入力になりますが、とにかく手間をかけずに家計簿をつけたい人に向いているといえます。

――おすすめ家計簿アプリ『マネーフォワード ME』

マネーフォワード ME」は、レシートを撮影するだけで簡単に家計簿をつけることができるアプリです。

グラフで収支の把握ができるので、自分がどのくらいの資産を持っていているのか一目で確認することができます。

銀行やクレジットカードと連携し、入出金を自動で管理してくれる便利な機能も搭載されている人気のアプリです。

クレジットカードや口座と連携するタイプ

クレジットカードや口座の情報をアプリに登録して連携させることで、クレジットカードの利用履歴や口座の引落履歴、残高といった情報をアプリで一元管理できるようになるタイプです。

一人暮らしをしていると、各種サービスや公共料金の支払いを口座引き落としにしたり、クレジットカードを利用したりすることもあるでしょう。

そうすると、銀行の残高は今いくらあるのか、引落日までにいくら入金しておけばいいのかといった確認や計算が面倒になりがちです。

そういった管理作業を一元化することで、効率化を図りたい人におすすめです。

――おすすめ家計簿アプリ『家計簿Zaim』

家計簿Zaim」は、銀行・クレジットカード・ショッピングサイトと連携し、自動的に入出金を管理できるアプリです。

お金の管理だけでなく、給付金やスーパーの特売情報など、暮らしに便利なお得情報も提供しています。

アプリに直接入力するタイプ

アプリに支出や収入を直接入力していくタイプは、まめに手入力することに抵抗がないという人におすすめです。

「シンプルな機能のものを使いたい」「一人暮らしをする以前から手書きの家計簿帳で管理してきた」という方は違和感なく使いこなせるでしょう。

また、「一人暮らしの実情に合わせて自分で設定した費目で管理したい」「必要な費目だけ入力して傾向を分析したい」といったように利用目的を特化させて活用することもできます。

――おすすめ家計簿アプリ『シンプル家計簿』

シンプル家計簿」は、誰でも、ふとした時に使えるようなシンプルさが特徴の家計簿アプリです。

カメラで撮影するのが面倒で挫折してしまう人のために、レシート読み込み昨日は搭載されていません。

「必要最低限の項目を簡単に入力できればいい」という人におすすめのアプリです。

手書きの家計簿に記入

手で記入する家計簿帳も根強い人気があります。

手で記入し自分で計算するという作業は大変に思えますが、「現時点で使えるお金を記憶しやすい」「お金を使ったという実感が得られて節約意識につながる」といったメリットもあるようです。

単に家計管理を義務的な仕事と捉えれば、手で記入するタイプは非効率にも思えますが、積極的に家計管理や節約を趣味として楽しむ人から支持されているのです。

具体例としては、婦人之友社「羽仁もと子案 家計簿」のようなロングセラーから、SNSをきっかけに注目を集め書籍化・商品化に至った「づんの家計簿」などがあります。

アプリとは記帳方法が全く異なりますが、基本的な流れとして「月初に予算を記入してから、使ったお金を記録していき、使えるお金を常に明確化する」という点で共通しています。

まとめ

時間もお金も自由に使える一人暮らしは、気ままで楽しいものです。ただ、家計管理に苦手意識を持ったまま、いつもお金の不安と隣り合わせでは、せっかくの一人暮らし生活を楽しめなくなってしまいます。

自分で家計をコントロールできる一人暮らしは、家計簿を使いこなすスキルを身につけるのに絶好のチャンスといえます。

家計管理を面倒なものと考えず、自分の目標や夢をかなえるための味方にできるよう、家計簿を活用してみましょう。

「家計簿つけてみたけど、やっぱり苦手…」という人は、自動貯金アプリfinbee(フィンビー)がおすすめです!

finbee(フィンビー)は、自分で決めたタイミングで自動的に積み立て貯金ができたり、会社に着いたら500円貯金というチェックイン貯金ができたりするので、意識的に節約をしなくても自然とお金を貯めることができます。

マイルールを設定して一人でコツコツ貯金するもよし、シェア貯金でカップルや友達と目的を決めて貯金額を共有するもよし、さまざまな目的に応じて貯金方法を設定をすることが可能なので、ぜひ試してみてください。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える