500円玉貯金の魅力と注意点とは?挫折せずに継続するコツを紹介!

学び

500円玉貯金の魅力と注意点とは?挫折せずに継続するコツを紹介!

学び

皆さんは「500円玉貯金」をご存知でしょうか?

専用の貯金箱があるなど、貯金の方法としては有名なものなので、チャレンジしたことがあるという方も多いかもしれません。

「500円玉貯金」は、貯金箱に500円玉を入れるだけ、というシンプルな貯金方法で、気軽に始められるだけでなく、節約が苦手でもチャレンジしやすいということで人気があるようです。

しかし、中には挫折してしまったという方も少なからずいるようです。

今回は、500円玉貯金の魅力や、途中で挫折しないように継続させるコツなどをご紹介します。

500円玉貯金とは?

500円玉だけを貯金箱に貯めていく500円玉貯金。

お財布の中にある500円玉だけを貯めていく方法なので、特別なことは一切必要ありません。

気軽に始められる一方で、気が付いたら数万円ほどのお金が貯まっているということもあり、数ある貯金方法の中でも比較的メジャーなものです。

まずは、500円玉貯金の具体的なメリットについて詳しく見ていきましょう。

500円玉貯金の魅力

500円玉貯金の魅力のひとつは、目に見えてお金が貯まっていくことを感じられる点です。

銀行口座の預金では通帳に預金残高が数字で表示されるだけで、貯金箱にお金を投入する感触や、重さなどでお金が増えていくことを実感することができません。

それに比べると500円玉貯金では量や重さなどでお金が増えていくことを実感することができるためモチベーションも下がりにくく、比較的長く続けることができます。

また、500円玉貯金は、貯金箱の中身が全て500円玉なので、いくら貯まったかなどの計算がしやすいこともメリットといえます。

さらに、貯金箱さえあればいつでも始められるので、わざわざ銀行やATMへ行って口座に入金するなどの手間もかからず、手軽に始めることができるのもおすすめのポイントです。

500円玉貯金でいくら貯まる?

コツコツ少額を貯めていくイメージの500円玉貯金ですが、実際にはどのくらいの金額を貯めることができるのでしょうか。

例えば、1日に1枚ずつ貯金した場合、1ヶ月(30日間)で1万5,000円、1年間で約18万円を貯めることができます。

もしもさらに継続して5年間続けることができれば、なんと90万円以上も貯めることができます。
とはいえ1日1枚ずつは少し難しいと感じる方も多いと思います。

そこで、週に2回ずつのペースにした場合はいくら貯まるのかも計算してみましょう。
週に2回ずつの場合、1ヶ月で約4,000円、1年間で約5万円を貯めることができます。

毎日貯金するよりも負担が減り、無理なく続けられるのではないでしょうか。
この場合も、5年間続けることができれば、約24万円を貯めることができます。

500円玉貯金の注意点

手軽に始められる500円玉貯金ですが、注意点が2つあります。

まず1つ目の注意点は、貯金箱に500円玉が貯まれば貯まるほど、物理的に重くなるということです。

500円玉の重さは、旧硬貨で約7.2g、新硬貨で約7g程度あります。

10万円達成するために必要な500円玉は約200枚ですので、すべて旧硬貨で貯めた場合1.44kg、すべて新硬貨で貯めた場合でも1.4kgと結構な重さになります。

貯まった後、銀行などの預金へ入金する場合に持ち運ばなければならないことを考えると、やや扱いづらくなる可能性があります。

さらに、銀行へ入金する際は事前に枚数の確認を求められますので、その点も注意が必要です。

2つ目の注意点は、日常的にクレジットカードなどのキャッシュレス決済を多用する方は、500円玉貯金には不向きであるということです。

クレジットカードなどのキャッシュレス決済を多用している場合、財布に500円玉が入っている状態がなかなか生まれないため、500円玉貯金ができません。

この場合は、クレジットカードのポイントを貯める方法や、そもそも買い物での節約を行って貯金するなど、別の方法を検討することをおすすめします。

500円玉貯金をはじめるには

ここまで、500円玉貯金についてのメリットや注意点をご紹介してきました。
手軽そうだし早速始めてみようかな、と考えている方もいらっしゃるかと思います。

そこで続いては、500円玉貯金を始めるにあたって、どのようなことに備えれば長く続けられるのか、継続のためのポイントをご紹介します。

貯金の目的やゴール金額を決めよう

貯金をする際に重要なことは、ゴールを決めることです。
終わりのない目標ではモチベーションが保てないため、長続きしませんよね。

目標金額を決め、貯めたお金の使い道まで考えてみましょう。

「旅行のために」「欲しいブランドバッグのために」「親にマッサージチェアを買ってあげたい」など、なるべく具体的な使い道を設定することで、目標達成のためのモチベーション創出につながるでしょう。

貯金箱を準備しよう

目標金額が決まったら、その金額分の硬貨が入る貯金箱を用意しましょう。

途中でお金を取り出しにくい仕組みのものや、貯められる金額が10万円分や30万円分とあらかじめ金額が設定されているものがおすすめです。

また、最近では貯金箱内の合計金額を表示してくれる貯金箱もあるので、自分の好みに合ったものを探してみましょう。

500円玉貯金を継続させるコツ

冒頭でも述べましたが、500円玉貯金は手軽に始められる方法ですが、貯金し続けるのは意外と大変です。

500円玉貯金を開始したものの、想像よりも負担が大きく、途中で諦めてしまったという方も多いのではないでしょうか。

500円玉貯金を継続させるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
4つほどごコツをご紹介します。

毎日の習慣にする

継続のコツ、1つ目は貯金を毎日の生活の一部にする、ルーティン化することです。

人間誰しも、目新しいものに興味を示し、とりあえず始めてみることは多くありますが、予想より大変だったり上手くいかなかったりするとだんだんと興味をなくし、いつしか面倒になり、途中で継続することをやめてしまう場合もあります。

そこで、帰宅後にシャワーを浴びる、就寝前に歯を磨くといった、私たちが必ず送る日常生活の一部に「500円玉貯金」を追加することで、面倒だと感じることなく習慣として続けられるようになるのではないでしょうか。

例えば、シャワーを浴びる前にお財布から500円玉を出して入れる、家計簿やレシートの整理をされている方はその時に入れる、などといった方法です。

このように何かのついでや、ちょっとした合間に貯金習慣を取り入れるようにすることが、無理なく続けられるコツといえるでしょう。

500円玉が手元に残るように生活する

継続のコツ、2つ目は、普段から千円札を少し多めに持ち歩き、500円玉でお釣りをもらうように心がけることです。

500円玉貯金をするためには、500円玉を手元に残す必要があります。

「財布を軽くしたい」「小銭がじゃらじゃらするのが煩わしい」と考えて、なるべく小銭を減らすような支払いをする方もいます。普段はこのほうが身軽で良い面もありますが、500円玉貯金をするならば避けたい習慣です。

コンビニでの少額の買い物や、自動販売機などであえて1,000円札を出し、おつりをもらうことで500円玉が手元に残るようにすると良いでしょう。

仲間を作る

継続のコツ、3つ目は仲間を作ることです。

一人では続けられるか不安な方は、友達と一緒に500円玉貯金を始めてみてはいかがでしょうか。
各々が貯めたお金で、一緒に旅行をしたり豪華なディナーに行くという目標を立てるのも良いですね。

一人で黙々と頑張るのももちろん良いですが、友達と一緒に挑戦をすることでモチベーションが維持しやすくなり、目標達成後の楽しみが明確であればあるほど頑張ろう!という意欲が湧いてきます。

励まし合うだけでなく、お互いに貯まった額を共有しながら競争することで、相手よりも多く貯めたい!とやる気やモチベーションが高まる場合もあるでしょう。

相手が途中で投げ出さなければ、自分も辞めにくくなるため、過去に一人で挑戦して挫折した経験がある方も、もう1度この方法で試してみてはいかがでしょうか。

もし、友達と一緒に始めるのはハードルが高い、一緒に貯金をしてくれる人がいないという場合は、周りに「◯◯のために◯◯円貯める!」などと宣言することも良い方法です。

また、インスタグラムやtwitterなどのSNSで発信するのもおすすめです。

「#500円玉貯金」、「#ちりつも貯金」などで検索すると同じようにがんばってお金を貯めている人の経過を見ることができますし、その方々とSNS上でつながることで、手軽に仲間を作ることができます。

途中で使うのは禁止に

継続のコツ、4つ目は貯めたお金を途中で使うのを禁止にすることです。

これはついついやってしまうことではないでしょうか。

500円玉貯金はお金が貯まることを目で見て実感できるので、貯金できていることを感じられる反面、目の前に多くの硬貨があることで、少しくらいなら使ってもいいのでは、と気が緩んでしまうという注意点があります。

「貯めたお金を使う」を繰り返してしまうと、お金を貯める期間が長くなり挫折してしまう可能性が高くなります。「少しくらいなら」という考えそのものが命取りになるのです。

せっかく貯めた貯金に手を出して、これまでの努力を台無しにしてしまわないためにも、貯金途中で使うことを禁止にしたり、貯金によって生活が厳しくならないよう貯金額をうまくコントロールしたりと、継続のために工夫することが必要です。

アプリを使った貯金もおすすめ

これまで500円玉貯金を紹介してきましたが、500円玉のことを考慮して毎日買い物をすることが面倒に感じる方へ、アプリでお金を貯めることができる「finbeeをご紹介します。

finbeeは、自分のライフスタイルに合わせた貯金のルールを作成し、実際にそのルールに基づいて貯金ができるサービスです。

例えば、毎日・毎週・毎月といずれかのタイミングで好きな金額を自動的に貯めることのできる「つみたて貯金」や、「ウォーキングで5,000歩を達成したら500円貯金」といった設定歩数に応じて貯金ができる「歩数貯金」。

クレジットカードでの支払いで、事前に設定した金額で支払った場合のお釣りに相当する金額を自動で貯めることができる「カードでおつり貯金」など様々な方法が選べます。

これなら、クレジットカードで日常を過ごしている人でも、無理に現金生活をすることなく貯金が可能です。また、おつりを貯めるようにすることで生活を圧迫することもないので、無理なく続けらるでしょう。

ちなみに、自分で習慣化するのが苦手な方や、友達と一緒に始めたい方は、アプリ上でお互いの貯金額や達成度が一目でわかる「シェア貯金」もおすすめです。

この機能を使えば、結婚式の資金を恋人と一緒に、といった使い方もできます。

この他にも、会社に着いたら「チェックイン貯金」など、いつもの習慣がそのまま貯金につながるルールなど、さまざまな貯金ルールを自由に設定できるため、お金を貯めるために自分で意識して習慣化する負担が軽減され、意識せずとも貯金が継続できる点も大きな魅力です。

こんなに自由にいろいろな貯金方法が選べるfinbeeですが、導入は非常に簡単です。

1.アプリをダウンロード
アプリの利用は無料で、会員登録はたったの10秒で完了です。

2.銀行口座と連携
連携する金融機関を選択し、アプリに銀行口座を連携します。

3.目的とルールを設定
何のためにどんなルールでいくら貯めるのかを設定し貯金を開始します。

4.貯金口座に自動で移動
設定したルールをクリアする度に、連携口座から貯金用口座へ指定金額が移動します。

5.目標金額達成!
finbeeでお金が貯まったら、目標にしていたやりたいことなどを実現させましょう。

難しい仕組みや面倒な設定がいらず、手軽に始められるのがfinbeeです。

これまで幾度となく貯金に挑戦してきたけれど、途中で挫折してしまった方、貯金は苦手だけど目標のために始めてみたい方にとてもおすすめのアプリです。

これから貯金をスタートする方は、現金で貯める方法とfinbeeを比較して、自分に合った方法で始めてみると良いでしょう。

「未来に備える」預貯金とは別に、「夢を叶える」ため、現金でもアプリでも無理なく楽しく貯められる方法で挑戦してみてはいかがでしょうか。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える