賢く節約して貯金する方法とは?実践のコツ&役立つサービスを紹介

学び

賢く節約して貯金する方法とは?実践のコツ&役立つサービスを紹介

学び

なかなか景気の回復が見込めない昨今。

消費税増税や春から日用品の値上げなど、節約に関心を持たれる方も多いのではないでしょうか。

また、最近ではコロナウイルスの影響で急な食費や光熱費の上昇、はたまた、お仕事がキャンセルになり収入に影響が出ている方も少なくないはずです。

そんな時、皆さんは自然と節約や貯金を意識し始めるのではないでしょうか。

今回は、節約と聞くと苦手意識がある方でも、貯金のコツを掴んでいただき、効率的にお金を貯めていただく方法をご紹介いたします。

【はじめに】節約をスタートする前に

いざ節約を始めようと思った時にどのようにすると貯めやすくなるのでしょうか?
いくつかのポイントをご紹介します。

何のためにいくら貯める?目標を設定しよう

「節約して貯金しよう!」という意気込みはあっても具体的な目標がなくては、節約することに挫折してしまいます。
そもそも、「節約しなきゃ!貯金しないと!」というお金についての不安があると、常にお金のことが気になりますよね。

「貯金をしないといけない」「節約しよう」、そんな気持ちはあるけれど、どうしたらいいのか分からないという方も多いはず。

まずは「何のために」「いくら貯める」という目標を決めましょう。

現在の資産や扶養している家族の有無など、お一人お一人の状況によっていくらの貯金が必要なのかは変わってきます。
お子様がいる場合は「◯◯年後までに◯◯円の教育資金を貯めたい」といった長期の目標でも良いですし、「◯年後に海外旅行に行きたいから◯◯円貯金する」といった近い将来の目標でも構いません。

現状の家計状況を再確認しよう

「何のためにいくら貯金する?」という自分にとっての目標を具体的に考えるには、収支の状況を把握することが大切です。

現在の暮らしを振り返り、ご自身で正しく確認してみましょう。
そのために、まずは家計簿を1ヶ月つけてみることがおすすめです。
レシートを取っておいて、家計簿ノートをつけたり、家計簿アプリを利用したりすると、現状把握ができ、振り返り易いです。

また、支払いをクレジットカードや電子マネーを利用しているという方は、カードや電子マネーの明細を確認してみると良いでしょう。

毎月の収入ー貯金額=使えるお金

ここまでで、毎月の収支と目標金額が設定できたら、次に行うのは「使えるお金」の確認です。

「使えるお金?」と思いましたか?
そうです、効果的に貯金をしていくには、いわゆる「先取り貯金」がおすすめです。
というのも、月によって洋服を買う月もあれば美容院に行く月もあるように、出費額は変動します。

必要なだけ使い、残った金額を貯金していくのでは、毎月バラツキが出てしまい、なかなか目標の貯金額を達成することが難しくなってしまいます。
そこで、使う前に貯金額を確保することで、確実に貯金を達成することが出来るようになります。

【節約開始】まずは固定費を節約できないか確かめよう

毎月使える金額がわかったら、いよいよ節約開始です!

まずは固定費の見直しから始めましょう。
というのも、固定費の見直しには契約の変更など手間がかかることも多いのですが、一度見直しを行うだけで節約効果が長く続くため、節約に大きく影響します。

月にたった2,000円の違いだとしても、年間で考えれば24,000円、10年だと24万…と考えるとやる気がでませんか?
より具体的に項目別でみてみましょう。

水道光熱費の節約

2016年から一般家庭向け、小規模事業者向けの電力自由化が始まりました。
2017年には都市ガス、そして2018年からは水道の民営化がはじまっています。

なんとなく「電気会社の自由化」という言葉を耳にした方も多いかもしれませんが、大都市を中心に広がりを見せるものの、最も普及している電力の切り替えですら20%程度(2018年)となっています。
(出典:経済産業省電力・ガス取引監査等委員会資料より)

お住まいの地域によって、そもそも利用できる会社が限られることもあるかと思いますが、誰もが必ず毎日使うものになりますので、水道や電気を供給する会社の見直しをして、水道光熱費を節約しましょう。

住居費の節約

節約のための固定費見直し、続いては住居費です。
賃貸の場合は、契約更新のタイミングで大家さんに交渉するのがおすすめです。

ただし、家賃交渉には、周辺の類似の物件よりも家賃が高い、目の前に高い建物ができたことで日照条件が悪くなったなど、明確な理由を提示するとよりスムーズに交渉が可能です。

また、現在の家賃が手取りの30%以上を占めており、なかなか貯金ができずにいる場合、そもそも収入のうち家賃が占める割合が高すぎる可能性もありますので、引っ越しも視野に入れておきましょう。

住宅ローンを組んでいる場合には、繰り上げ返済するか、借り換えを検討することもおすすめです。住宅ローンの借り換えは、「残りの支払額が1,000万円以上で、返済期間が10年以上あり、借り換え後の金利差が1%以上」である場合、節約効果が期待できます。

諸経費や手数料でも数十万かかることや、審査・契約などの準備に手間がかかるといったデメリットも生じるため、かけるお金と時間に見合う価値があるか、しっかり見極めることが大切です。

通信費の節約(スマホ、インターネットなど)

意外にも家庭の支出で大きな割合を占めている部分が通信費です。

最近では、一人一台スマホを持つことが当たり前となり、携帯の利用料金も高くなりがちです。そのため、普段何気なく支払っている利用料金も、改めて見直す必要があります。

現在、大手キャリアを利用中の方であれば、格安SIMの利用に切り替えるだけで、通信費の節約効果があります。MMD研究所の調査結果をみても、大手3キャリア(au、NTTドコモ、ソフトバンク)の平均月額が8,451円なのに対し、格安SIMは平均月額2,753円と大きな節約が可能です。
(出典:MMD研究所https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1783.html

保険の節約

次は保険料の見直しです。

一般的に保険料の目安は手取りの3〜5%と言われていますので、その金額よりも多い場合は、保険の契約内容を確認してみましょう。

見直しの際は、保障内容をよく理解して、重複して契約しているものがないかを確認し、生命保険や火災保険など、トラブルが起きた際に損失が莫大になりうる保険を優先します。

ある程度貯蓄がある場合には、掛け捨ての医療保険は優先順位を下げて掛け金を抑えます。
また、同じ医療保険でもインターネットから申し込みをするネット保険に乗り換えるだけで、保険料を節約できる場合もあります。

定期的に買っているもの

その他にも、定期的に購入しているものがあれば、その費用を節約できないか考えてみましょう。

例えば、使い捨てのコンタクトレンズや毎日飲む薬、サプリメント。使い捨てのコンタクトレンズを利用している方なら、1dayではなく2weekや1monthのものに変えてみることも効果的です。

薬であればジェネリック薬に切り替えたり、摂取するサプリメントを厳選したりと、それは本当に必要なものか、今一度見直しましょう。ただし、上記のような物は生活にも支障をきたしかねないので、無理はしないようにしましょう。

車を持っているなら維持費等も要チェック

車を持っている方は、自動車保険や駐車場代金の見直しをします。

その他に、ガソリン代の節約としておすすめなのは、利用するガソリンスタンドを決め、その会社の会員カードを作ることです。
ポイントや割引券など、通常価格よりも安く給油ができるお得な情報があるはずです。また、先ほど紹介した電気の供給会社によっては、ガソリン代が優待されることもありますので、電気代と合わせて検討してみましょう。

さらには、今どのくらい車に乗っているのかを振り返り、カーシェアリングやレンタカーの利用額と比較してみるのも一つの手段です。
車を手放しても不自由なく生活できるなら、車の維持費分の大きな節約に繋がるかもしれません。

変動費を節約する方法

固定費の見直しができたら、次は変動費の節約です。

食費

食費の節約はまとめ買いをしたり、週の献立を決めて必要なものだけを買ったりするだけで、大きな効果があります。また、ついやりがちなコンビニに寄って買ってしまうご褒美のスイーツやコーヒーを控えます。

コーヒーは自宅で飲むようにする、毎日のランチに水筒を持っていく、ご褒美は本当に必要な時を見極める、それだけでも大きな違いが出ます。

服飾費

服飾費を節約するには、持っている洋服をしっかり把握することからはじめます。

似た洋服を買わない、しっかりと試着してから購入するようにする、もしくはリサイクルショップやフリマアプリ、洋服のサブスクリプションサービスを利用するのも節約につながります。

また、安い服を無作為にたくさん買い、ワンシーズンしか着ないという買い方はやめ、厳選したお気に入りの洋服を何シーズンも繰り返し着る方が、トータルコストで考えると節約になることもあります。

趣味・娯楽

趣味・娯楽費を節約するというと、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。

例えば、本が好きだとして、本屋で本を買いカフェで読書をするのは至福の時ですよね。

それを節約するとしたら、本は買わずに図書館を利用し、自宅でちょっと贅沢なコーヒーをドリップするだけで、カフェで読書するのと同じような気分を味わうことができます。また、毎月たくさんの本を購入している場合、読書のサプスクリプションサービスを利用した方が安い場合がありますので比較してみましょう。

とはいえ、好きなことや好きな時間が減ることが、ストレスになりかねませんので、こちらも無理せず計画的に行いましょう。

削り過ぎ・我慢のし過ぎに注意

このように、節約をするためには固定費・変動費ともに様々な見直しが必要となりますが、我慢ばかりになると心の豊かさを失ってしまいます。

食費は節約しすぎると栄養が不足してしまい、それにより体調を崩してしまっては元も子もありませんので、苦痛にならず、楽しめる範囲での節約を心がけましょう。

自動で貯金できるサービスを活用しよう

最後に、自動で貯金できるサービスをいくつかご紹介します。

定期預金・積立預金など

「自動で貯金」と聞くとまず「定期預金」「積立預金」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

定期預金とは、預け入れから一定期間お金を引き出せない預金のことで、一般的には普通預金よりも金利が高く設定されています。最短では1ヶ月から、長いものですと5年や10年と、期間の定めが設けられております。

定期預金は一定期間強制的に預ける仕組みのため、預金を取り崩しにくいというメリットがあります。また、積立預金は自動的にお金が口座に積み立てられていく仕組みで、毎月、自分で決めた金額が自動的に積み立てられ、口座に貯蓄されます。

積立預金は自動的に毎月必ず貯金できるという点もメリットの一つで、普通預金よりも高い金利に設定されているため、効率的に運用することもできます。

finbee

最後に、自動で貯金できるアプリ「finbee」をご紹介します。

finbeeとは銀行口座と連携させた日本で初めての貯金アプリです。

アプリを銀行口座と連携させ、口座内に「finbee専用口座」を作ることができ、その中に自分で設定した金額を自動的に貯めることができます。

貯金金額は自分で決めることができ、クレジットカードの端数金額のおつりを貯めることもできますし、自分が歩いた歩数分の金額を毎日貯めるなど、普段の生活を送りながら無理なく楽しくお金を貯金することもできます。

以下、貯金金額の設定の一例を挙げてみました。

  • 定期的な「つみたて貯金」
    毎月◯◯円貯めるなど定期的に貯めることができます
  • カードでのお買い物が多い方は「おつり貯金」
    指定した金額で払った際に発生するおつり分を貯金できます
  • 健康的に貯金できる「歩数貯金」
    一定の歩数に対し、達成・未達成を設定して貯金できます
  • 場所ごとに指定できる「チェックイン貯金」
    よく行く場所など特定のスポットを設定し、そこに行く度に決められた金額を貯金します
  • カードの「空き枠貯金」
    自分で設定した金額と実際に使った金額の差額を貯金します
  • 目標を設定して「マイルール貯金」
    「腹筋を毎日10回したら100円の貯金」など、何かを達成した場合、もしくは、禁煙中に喫煙してしまったら罰金1000円など、やりたくないけれどついやってしまうこと(やりたくないこと)の歯止めに貯金を利用できます

まとめ

節約して貯金したいけれど、なかなかできないという方も、上記のように固定費、変動費を一つずつ見直すことで貯金できるように改善できます。

また、効果的に貯金するためには、「finbee」のように気軽に無理なく続けられる仕組みを取り入れることで無理なく貯金ができます。

ぜひ、楽しんで貯金に挑戦してみてくださいね。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える