グランピング気分で映画鑑賞?泊まれるシアター「Theater Zzz」を貸し切ってみた!

趣味

グランピング気分で映画鑑賞?泊まれるシアター「Theater Zzz」を貸し切ってみた!

趣味

2019年8月に両国にオープンした、泊まれるシアター『Theater Zzz』をご存知でしょうか?旅と映画、そこにお茶が融合した新しい体験を味わえる空間です。

カフェに、シアターに、テント。いろんな楽しみ方ができそうで、想像を巡らせるだけでワクワクしてしまいます……!

今回はそんなニュースポット『Theater Zzz』で、貸切女子会しちゃいました!贅沢〜!実際に利用してみて感じた魅力をたっぷりの写真とともにお届けします。

日常から離れられる場所『Theater Zzz』

泊まれるシアター『Theater Zzz』は、サードウェーブコーヒーの清澄白河と「東京のブルックリン」こと蔵前に挟まれた、両国に位置しています。イースト東京エリアにゆかりのあるオーナーが「両国から新しいカルチャーを」とスタートさせたそう。

その謳い文句のとおり映画を観ながら眠ることはもちろん、試写会やワークショップなどのイベントを開催したり、貸切利用でライブ映像上映会を実施したりとマルチな使い方ができる施設です。

『Theater Zzz』のコンセプトは「日常から離れること」。旅の目的地や中継地点として体感する非日常や、映画で味わう数時間の別世界、お茶が醸すくつろぎを提供しています。

昼間はカフェとして、夜はバーとしてドリンクや軽食を楽しむのもおすすめ。センスの光るオリジナルメニューが並びます。カフェ利用でもオープンから17時まではシアターに入ることができ、そのとき上映されている映画まで観られちゃいます。

フリーWi-Fi・フリー電源完備なので、コワーキングスペースとして使うのもいいですね!

おしゃれな上に設備もバッチリのシアター

シアターの語源が「野外劇場」であることからインスピレーションを受けた内装

ここが『Theater Zzz』自慢のシアター!
芝生風の絨毯が足に気持ちいい~。天井を装飾しているドライフラワーもおしゃれです。音響には7.1chサラウンドを採用している充実っぷり。映画館気分はばっちりです。

ホステル利用の場合はシアターが男女共用ドミトリーに変身。1人用のテントが16個設営でき、最大18名宿泊できます。階段は鍵付きのロッカーになっていて貴重品の収納も安心。宿泊者には嬉しいですね。

テントは繋げて2人~3人用として使うこともできちゃいます。

パイピングと形がかわいいパジャマはオリジナルデザインのもの。タオルと一緒にお泊りセットとしてレンタルできます。

宿泊者向けのアメニティ。歯ブラシやヘアブラシ、耳栓などが並びます

宿泊者向けの無料のアメニティも充実。もちろんシャワールームもあります。
(※貸切時は有料)

暗くしたとき用に貸してもらえるブック型のライトは、じんわり明るくて雰囲気たっぷり。

貸切利用で自由気ままな映画鑑賞

さて、お待ちかねの映画鑑賞タイム。自由に使えるテントを、天井からくるくるっと床におろして設営したら準備万端!グランピング気分を味わいながら映画を観られちゃいます。

テントはひとり集中して鑑賞するスペースとしてはもちろん、友だちと一緒に寝転がってごろごろしながら観るスペースとしても活躍します。シリアスなシーンへの友だちのツッコミに、思わず爆笑してしまうのも女子会ならでは。貸切利用の場合は飲食物の持ち込みもOKだから、定番のポップコーンを用意したり、パーティー気分でピザとワインを広げたり……と楽しみ方は無限大!

それに、上映する映画も自由に決められちゃいます。DVDやBlu-rayはもちろん、NetflixやAmazonプライムの作品もアカウントがあれば鑑賞可能。好きなアイドルやバンドのライブDVDを持ってきて盛り上がるお客さまもいるそう。

ラインナップを知らせるイラストはアニメーターの方が描き下ろしてくださったそう

まだ観ぬ映画との出会いを求めて、スタッフセレクトのラインナップから選ぶのもおすすめ。チョイスしているのは映画口コミアプリ『Filmarks』の元社員さんというから、映画ツウも満足の作品たちが並んでいます。

11月7日現在のセレクトは下記のとおり。国外からのお客さまを意識した海外作品や、受賞作品、古くからの名作、サブスク未配信作品……と「『Theater Zzz』に来たから出会えた」と思ってもらえることを意識しているのだそう。

 

  • Blank13 (2017)
  • ビューティフルデイ (2017)
  • 哭声/コクソン (2016)
  • 彼女がその名を知らない鳥たち (2017)
  • グランドホテル (1932)
  • フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 (2017)
  • 湯を沸かすほどの熱い愛 (2016)
  • ロスト・ワールド(1925)
  • 人間機械(2017)
  • 戦艦ポチョムキン(1925)

 

今回はスタッフセレクトの中から、大ヒット中の映画『JOKER』で主役を演じるホアキンがこれまた主演している『ビューティフルデイ (2017)』に決定。「ホアキンは『JOKER』のために、ものすごく身体絞ったんだね~」なんておしゃべりしながら鑑賞しても怒られません。

スクリーンは、145インチ。大画面の迫力がありました!

映画館らしくシアターを暗くして映画に集中するもよし。すぐ近くにスタッフルームがあるので、電気の調整をお願いしたり機器の使い方を教えてもらったりしやすいのもいいですね。

お茶の世界へ誘うカフェスペース『CHASURU』

調度品の細部にまで「Zzz」を仕込んでいるのだとか。

「泊まれる映画館」の側面がフィーチャーされている『Theater Zzz』ですが、実はカフェやバーにも並々ならぬこだわりが。木のぬくもりとブルーが印象的なカフェスペース『CHASURU』で、お茶の持つ深みを体験できます。

営業時間は、カフェ利用だと12:00~17:00、バー利用だと19:00~23:00です。宿泊した場合は08:30からカフェメニューのオーダーができるのだとか。太陽の光がたっぷり入るスペースで朝活するのもいいかも。

メニューはティーエッセイストで日本茶アーティストの茂木 雅世さんが開発・監修している、ここでしか味わえないオリジナルのもの。

フラスコ入りのかわいい抹茶タピオカミルクは「利休の白昼夢」という名前。日常からちょっと離れるときのお供にふさわしいネーミングです。

「数寄茶」は、新しいお茶の楽しみ方を教えてくれます。なんと、お茶だけではなく花や果物、甘みも選んでカスタムティーをつくることができるのです。お、おしゃれ……!

相性のいい組み合わせをサジェストしてくれるチャート表と淹れ方のハウトゥーイラストが貼ってあり、お茶初心者にも優しい設計です。

相談しながらチョイスしたのは「紅茶とバラ、レモン、リンゴ」の組み合わせ。まずはストレートでいただき、2煎目にはお花を足して、3煎目には果物や甘味を加えてお茶を淹れます。バラの香りがふわりと漂い、うっとりとした気持ちに。

紅茶や果物は季節ごとに変わるそう。お気に入りを見つけに、何度も足を運びたくなりますね。

自分なりの楽しみ方を探してみて

仲良しな友達と映画を観ながら寝落ちしたり、カフェ利用でお茶を楽しんだり。『Theater Zzz』の楽しみ方は無限大!貸切利用でマリオカート大会をしたお客さまもいらっしゃると聞いたら、真似したくなっちゃいました。

「せっかく行くなら周辺も散策したい!」という方には、レストランや、オリジナルTシャツのショップなど街歩きに役立つ情報を教えてくれるそう。清澄白河と蔵前にばかり視線が集中し、スポットライトを浴びていなかった両国の火付け役となりそうな『Theater Zzz』。一度足を運んでみては?

 

Theater Zzz
〒130-0011 東京都墨田区石原1丁目18−7
URL:https://theaterzzz.com/

(写真:小林恵里

Theater Zzzの利用にかかる費用

テント貸切(1つ)¥3,500~
シアター貸切¥45,000~
日中シアター貸切(1h)¥5,000~¥15,000
人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える