日々色好日 #44 「薄桜-usuzakura-」

特集

日々色好日 #44 「薄桜-usuzakura-」

特集

気温が上がって花が咲き、何もかもが鮮やかになる美しい季節。

冬も大好きですが、少しずつ暖かくなって春の気配がしてくるとなんだかウキウキした気分になります。

先日、思い切って春物のあざやかな色のスカートを購入しました。今までの自分だったら決して選ばないような色。

浮かれすぎかな?と一瞬思いましたが、たまには浮かれるのもいいかもしれません。

それでは、本日の伝統色を紹介します。

伝統色紹介:薄桜-usuzakura-

薄桜は桜の花のような、ほんのりとした紅色を含んだ白のこと。

最も薄い紅染の色である「桜色」の中でも特に薄い色のものを指します。

薄桜の他にも「灰桜(はいざくら)」や「桜鼠(さくらねず)」など「桜」の名がつく伝統色は多くあり、日本人にとって桜という花が特別な存在であることを感じ取ることができます。

作品紹介:『YUBIKIRI』ヒトリエ

YUBIKIRI』は20212月リリースのヒトリエのアルバム『REAMP』に収録されている楽曲です。

フロントマンであるwowakaが突然この世を去ったのは数年前の春のこと。今回、新体制になってからの楽曲を聴くのには少しだけ戸惑いがありました。どんな気持ちで聴けばいいのだろうか、と。

YUBIKIRI』はいなくなってしまった人を過剰に想う曲でも、残された人の悲しみがあふれる曲でもありませんでした。

過去から現在、少し先の未来までが淡々と続いていくような曲。

同じようで同じではない日々の中でかたくとじた花のつぼみがひらくように、何度だって春がくるように、ヒトリエの音楽が再び鳴りはじめたのが聴こえてきます。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える