日々色好日 #43 「本紫-honmurasaki-」

特集

日々色好日 #43 「本紫-honmurasaki-」

特集

雨の日は憂鬱になりがちなので傘選びにはこだわっています。

とはいえ高価なものである必要はなく気に入ったデザインのものを買うだけ。

たったそれだけでも、適当なビニール傘をさすよりは気持ちが明るくなるので、雨の日が憂鬱な人におすすめです。

それでは、本日の伝統色を紹介します。

伝統色紹介:本紫-honmurasaki-

本紫は鮮やかな紫色のこと。紫根染(しこんぞめ)という古くから存在する紫色の染色法で染められています。

江戸時代に贅沢を禁じる「奢侈禁止令(しゃしきんしれい)」令が出て、紫根染による高価な紫色の使用が禁じられた時がありました。

すると江戸の人々の間では蘇芳や茜で染められた「似紫(にせむらさき)」が大流行。

そのときの「似紫」に対し、本物の紫根染であるという意味で区別したのが「本紫」という色名になった理由だそうです。

作品紹介:『Blueberry Gum』uyuni

Blueberry Gum』は、ピンク色のロングヘアが印象的な若手ラッパー・uyuniによる楽曲。子供のころの大切な思い出を決して忘れていないのに、大人になっていくことでその思い出から少しずつ遠ざかっていくような寂しさを感じます。

この楽曲を聴いていると、お気に入りだった犬のぬいぐるみや紫色の可愛い傘たち。ずっと昔に大事にしていたものを少しだけ思い出してしまいます。

大切だったのに今はそうではないという、罪悪感と懐かしさと切なさが一気に押し寄せてくる感覚。

そういった思い出はとうの昔に消えてしまったと思っていたのですが、忘れていただけできちんと大切に自分の奥底にしまわれていたようです。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える