日々色好日 #6 「露草色-tsuyukusairo-」

特集

日々色好日 #6 「露草色-tsuyukusairo-」

特集

夏に近づいてくると冷たいものが美味しくなりますよね。私は最近、無糖の炭酸水を12本入りの箱で買って常備しています。

そのままでも美味しいですが、冷やした炭酸水にレモン果汁を入れて飲むとより爽やかさを感じられてこの時期にぴったりです。

炭酸水はお酒を割るのにもいいし、シロップを買っておけば簡単に炭酸ジュースを作れるのでおすすめです。

ライムシロップやハーブコーディアル(ハーブのシロップ)、希釈用の紅茶シロップを使ったティーソーダなど色々な楽しみ方ができます。

冷たいものをとりすぎて体調を崩さないように気をつけつつ、暑い時期だからこそ美味しく感じるものをたくさん発見するのが今夏の目標です。

それでは、本日の伝統色を紹介します。

伝統色紹介:露草色-tsuyukusairo-

露草色は、夏に咲くツユクサの花の色のような明るい薄青色です。花や葉を擦り付けて布を染めたことから、ツユクサは『着き草』とも呼ばれていたそう。

光や水に弱く変色しやすいのが特徴で、簡単に脱色できる性質を利用し現在も友禅や紋染の下絵作業に使用されています。

また、すぐに消えてしまう色の特性から、ツユクサは「うつろう」「消える」などにかかる枕詞となりました。

作品紹介:『傘』Suck a Stew Dry

「生きていることを誰かに許されたい」

雨の日にこの曲を聴くと、そう思い続けていた昔のことを思い出します。

『傘』は2016年に活動を休止したバンドSuck a Stew Dry(現在はバンド名をTHURSDAY'S YOUTHに改名し活動中)のアルバム『ラブレスレター』に収録されている楽曲です。

ずっと昔に音楽好きな友人が突然すすめてくれたもので、彼が何を思ってこの曲をすすめてくれたのかはわかりませんが、当時の私にはぴったりと寄り添ってくれる音楽でした。

実家を出てからその友人とは疎遠になってしまいましたが、この曲を聴くたびに友人のことを思い出します。

記憶と音楽は思ったよりも強く結びついているようです。

曲の最後の「明日はきっと傘がいる」という歌詞は特別なことを言っているわけではないですが、聴く人によって様々な情景が浮かぶような、とても豊かで美しい歌詞だと感じます。

人気記事Ranking
  • 月間

  • 週間

  • すべて

menu

したい・ほしいを探す

したい・ほしいを叶える